ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです

予防会からのお知らせや、性感染症(STD)に関するコラムをお届けします。


ここから本文です

2020.11.16

STDを知る

特集

HIV感染症とAIDSについて

12月1日は、世界エイズデーです。

 

 エイズの蔓延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を目的に、WHOが1988年に制定したもので、毎年12月1日を中心に、世界各国でエイズに関する啓発活動が行われています。

 

 予防会のクリニックでは、11月16日から年末までの期間、HIV抗原抗体スクリーニング検査とHIV迅速検査を通常よりも、かなりの低料金で実施しています。少し心当たりがある方も、まだ一回もHIV検査を受けたことが無い方も、是非、この機会にHIV検査を受けることをお勧めします。

 

 エイズ(Acquired Immunodeficiency Syndrome:AIDS)は、1981年に最初の患者が発見され、特殊な免疫不全による非日常的な感染症や腫瘍を発症して死に至る病態・症候群として認識されました。
1983年に、その原因が、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)であることが判明した歴史の浅い疾患です。以降、HIVの増殖を抑制する薬剤の開発と、感染を防ぐためのワクチンの開発が精力的に行われています。

 

1.HIV感染症とAIDSの違い

HIV感染症は、血液・体液等を介して感染し、性感染症の重要な疾患のひとつです。HIV罹患2~6週間後に初感染の症状として50~90%の感染者に何らかの症状(発熱、リンパ節腫脹、咽頭炎、皮疹など)が認められます。

その後、数年~十数年の期間は無症候期と呼ばれ、顕著な症状は現れないと思われていました。しかし、研究の進歩とともに、無症候期は単なる無症候な状態ではなく、毎日100億個前後のHIVが産生され、CD4陽性Tリンパ球はHIV感染により平均2.2日で破壊される活動性のある時期と認識されるようになり、HIV関連神経認知障害(HAND)に代表される脳障害や心血管障害、腎障害、骨代謝障害など、感染者にとって障害が持続する時期として考えられています。
エイズ期は、感染者の免疫が破綻したことが顕在化する時期であり、エイズ指標疾患(表1)の罹患が認められた場合に、エイズと診断されます。

表1.エイズ指標疾患

HIV(AIDS指標)

 

2.HIV感染症の最近の動向について

近年、新規のHIV感染者・エイズ患者の報告数は減少傾向にあります。

令和元年の報告では、新規HIV感染者903人のうち、同性間性的接触によるものが651件(72%)、異性間性的接触によるものが136件(15%)、静注薬物によるものは2件、母子感染によるものは0件、年齢別では、20~40歳代が特に多い世代でした。
図1.日本におけるHIV感染者・エイズ患者報告数
(厚生労働省エイズ動向委員会:エイズ発生動向年報より作成)

HIV(年次推移)

 

3.HIV感染症の診断と検査

HIV感染症の原因ウィルスはHIV-1とHIV-2があります。日本では、ほとんどがHIV-1による感染によるものだと言われています。

HIV感染症の診断は、抗HIV抗体とHIV抗原の両者を検出する検査(第4世代検査)でスクリーニングを行い、この陽性者に対して、HIV RNA量の測定またはWB(ウェスタンブロット)法の2段階で検査を実施し診断します。

第4世代検査では疑陽性率が0.3%、簡易迅速抗原・抗体検査キットでの疑陽性率は1%程度あるので注意が必要です。

 

4.HIV感染症の進行病態について

病態期の進行度の把握はCD4陽性Tリンパ球(CD4)数、治療効果は血漿HIV RNA量で判定します。(CD4数の正常値:700~1300/mm³)

■初期HIV感染症:CD4数500/mm³以上、HIV RNA量100万copies/ml。
■中期HIV感染症:CD4数200~500/mm³
■後期HIV感染症(AIDS期):CD4数200/mm³未満

 

5.HIV感染症の病期について

HIV感染症は、初感染期、無症候期、エイズ期に分けられます。

■初感染期:
HIV感染後2~6週間に初発症状として、半数以上の感染者に何らかの症状が出ます。(発熱96%、リンパ節腫脹74%、咽頭炎70%、皮疹70%、筋肉痛/関節痛54%、頭痛32%、下痢32%、嘔気嘔吐27%)
■無症候期:
初感染期の症状が消失し、エイズ期に至るまでの数年から十数年の期間(個人差が大きい)。症状が出ないだけで、体内ではHIVが量産されCD4陽性Tリンパ球は破壊され続けています。
■エイズ期:
HIV感染者の免疫機構が破綻した時期。

 

図2.HIV感染症の病期とCD4陽性Tリンパ球数の推移(慶応義塾大学病院医療・健康情報サイトより引用:http://kompas.hosp.keio.ac.jp/sp/contents/000052.html)

HIV(CD4陽性Tリンパ球推移)

 

6.HIV感染症の治療について

現在、日本では24種類の抗HIV薬が使用可能です。HIV感染症と診断されたら、できるだけ早く治療を開始する必要があります。エイズを発症し抗HIV療法をしない場合は2年以内にほぼ100%が死亡すると言われているからです。抗HIV療法は、複数の薬剤を組み合わせて治療を行うので、医療費が高額になります。その場合には、身体障がい者手帳(ヒト免疫不全ウィルスによる免疫機能障害)の取得手続きをすることで、医療費の自己負担を軽減する制度が利用でき、長期にわたる治療継続の経済的な助けとなります。

その後、治療法の進歩によって、強力な抗HIV薬を複数併用する治療でほぼ100%効果があり、一般の人とほぼ同等の生命予後を期待できるようになっている。しかし、現時点での治療は、HIV感染症を根治させるまでの効果は無く、生涯にわたって抗HIV薬の内服継続が必要になります。

 

7.治療目標について

治療の成功は、血漿HIV RNA量を検出限界以下にまで抑制することです。現在、日本では20copies/ml未満まで検出可能ですが、世界的には50copies/ml未満でも十分に同等の効果があると考えられています。通常は、治療開始24週以内に検出感度未満(高くても200copies/ml未満)を目標に治療します。「血漿HIV RNA量を検出限界以下にまで抑制する」かつ「CD4陽性Tリンパ球数が200/mm³以上」になれば、エイズ指標疾患はほとんど消失し、HIV感染者の生命予後も劇的に改善することになります。治療効果が不十分な場合の原因は、患者の内服率の低下がほとんどです。HIVは高度に変異することが知られており、中途半端な服用により薬剤耐性ウィルスの出現を許してしまいます。初回の抗HIV薬の服用を継続して、ウィルスの複製を徹底的に抑制することが重要です。

 

8.予後に関して

HIV感染の段階で抗HIV療法が開始されれば、一般の人と同程度までの延命が期待できます。エイズ期で治療を開始した場合には、10~20%の死亡率です。したがって、早期に検査で発見し、早期に抗HIV療法が開始できれば、患者自身の生命予後を改善するだけでなく、他人へのHIV伝播を減少することにもなるので、結果的に新規の感染者を減らすことにもつながります。

 

9.性感染症としてのHIV

HIV感染者との性行為によりHIVに感染する確率は、
■コンドーム非使用男性→女性0.1%(1000回に1回)
■コンドーム非使用女性→男性0.05%(2000回に1回)
■コンドーム非使用アナルセックス受け入れ側0.5%(200回に1回)
■コンドーム非使用アナルセックス挿入側0.067%(1500回に1回)
■男性同士フェラチオ(受け入れ側)0.01%(1万回に1回)
■男性同士フェラチオ(挿入側)0.005%(2万回に1回)
※コンドームを使用した性行為では、これよりも確実に低い確率になります。

ちなみに、職業的暴露では、
■針刺し事故0.3%(1000回に3回)
■粘膜暴露(血液が目に入る)0.09%(1万回に9回)です。

 
HIV感染とエイズに対する正しい知識を持ち、早期発見・早期治療を心がけることが大切です。

 

★ 前出Dr profile スマフォ


性感染症が不安な方へ

性感染症は、早期発見と正しい治療が大切です。
予防会の郵送検査キットなら、保険証不要・匿名で誰にも知られずに性感染症の検査を受けることができます。お時間がない方や病院に行くのは抵抗があるという方などは、ぜひ予防会の郵送検査キットをご活用ください。

 

【コラム⇒Twitter】Twitter (2)

 

人気のコラム 人気のコラム

COLUMNS

新着情報 新着情報

NEWS

2020.09.11
新型コロナウイルスの影響による、郵送物などの遅延の可能性について
2020.06.15
コラム 低用量ピルの効能と副作用について知っておこう。
2020.05.16
新型コロナウイルス抗体検査開始のご案内
2020.05.15
コラム メンズヘルスについて (LOH症候群をご存知ですか?)
2020.05.01
オンライン診療開始のお知らせ
2020.04.06
春は健康診断の季節!
2020.03.15
コラム「性器ヘルペスについて~性器ヘルペスの治療は、最初が肝心・再発はコントロールできる~」
2020.01.15
コラム「近年治療が進歩した尖圭コンジローマ」
2020.01.06
年始のご挨拶
2019.12.23
年末年始休業のお知らせ
2019.12.16
コラム「ありふれたウィルス:ヒトパピローマウィルス(HPV)について知っておこう」
2019.12.02
血液の検査セットが新しくなりました
2019.11.15
コラム クラミジアってなんだ?? ~ウィルスのような細菌・クラミジアのワクチン開発~
2019.10.15
自分の健康は自分で管理する!自分の身体のことを良く知っておこう!
2019.09.27
消費税引き上げに伴う、サイト内の検査料金の改定ついて
2019.09.13
消費税率引き上げに伴う価格改定のお知らせ
2019.08.13
コラム 梅雨~夏にかけて、あそこがかゆい!!
2019.07.23
2020東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた交通対策実験によるお届けの影響について
2019.07.09
5年で急増、日本人を襲う「梅毒」の意外な実態
2019.06.16
コラム 梅毒は治る病気!そのためには早期診断・早期治療がポイント!
2019.06.14
2019,6,27(木) ~ 2019,7,2(火) の 大阪府、兵庫県 へのお届けについて
2019.06.07
性病に毎日100万人が感染 「感染率下がっていない」 WHO
2019.05.24
コラム掲載
2019.04.01
渋谷クリニック開院のお知らせ
2019.03.04
池袋サテライトクリニック開院のお知らせ
2019.02.20
池袋サテライトクリニックOPENのお知らせ
2018.12.27
年末年始のお知らせ
2018.11.14
18年の梅毒患者が5811人に この20年で最多
2018.10.11
梅毒2年連続5千人台…感染3週間で「しこり」
2018.07.30
若者の新規HIV感染者年間25万人、3分の2は女子:ユニセフが「HIV/エイズ報告書」
2018.06.29
梅毒感染、知らぬ間に 地方都市や若い女子にも広がる
2018.06.15
Web版 定期検査実施証明書デザイン変更のお知らせ
2018.05.31
沖縄の梅毒患者が過去最多 HIV感染者・エイズ患者数は過去3番目の多さ
2018.05.21
エイズ かつて死の病、今は早期発見で治療可能に
2018.05.15
【熊本県感染症情報】梅毒患者増加 県内3人確認
2018.05.07
梅毒患者、県内(埼玉県)は47人に…最多の昨年を超すペース 女性 は20代、男性は40代が多く 早めの受診を
2018.04.17
若い女性の梅毒患者が急増している理由…コンドーム着用でも安心禁物、誰でも感染 のリスク
2018.03.22
HIV感染者と患者「増加傾向変わらず」 福岡県で過去2番目の多さ [福岡県]
2018.03.22
HIV感染、昨年は1407人…すでにエイズ発症していた患者が415人〔読売新聞〕
2018.03.02
HIV感染者と患者が過去2番目の54人に 昨年の福岡市 [福岡県]
2018.01.23
検査結果確認画面リニューアル (スマートフォン・タブレット用)
2018.01.22
梅毒が全国的に流行、特に女性患者が急増
2018.01.18
平成29年の長野県の梅毒感染30人 33年ぶりの多さ 女性患者増
2018.01.05
梅毒5千人、初めて突破 患者最多は東京 若い女性らに感染拡大
2018.01.04
年始のご挨拶
2017.12.25
「梅毒」急増中の日本、世界は「淋病」制御不能時代を危惧
2017.12.25
今年も記録更新!梅毒の流行が止まらない!
2017.12.21
梅毒患者、全国で急増…主婦・OLにも感染拡大
2017.11.14
梅毒患者過去最多。「身に覚えがない」が最も危険
2017.11.01
梅毒患者 現行統計で年間過去最多の4568人
2017.11.01
梅毒感染、地方でも増加 岡山・熊本は昨年の3倍超
2017.09.22
九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多
2017.09.14
梅毒の患者数 約20年で最も多いペース
2017.09.11
性行為感染症(STD) 性行為以外でうつることも
2017.09.06
梅毒の勢い止まらず、年間5000人突破の恐れも
2017.08.31
「いきなりエイズ」なお3割=HIV感染・発症1448人-昨年厚労省
2017.08.28
過去の性病と侮るな 梅毒、20代女性患者が急増中 国内患者数6年間で7倍超
2017.08.14
広がる梅毒、母子感染も 昨年の報告数 42年ぶりに4000人突破
2017.07.24
ダイヤモンドオンラインの記事について②
2017.07.15
ダイヤモンドオンラインの記事について
2017.06.28
NHKにて梅毒の報道がありましたので抜粋して御案内します
2017.06.15
今年の梅毒患者が2000人超、過去最悪ペースで感染拡大 
2017.06.06
梅毒の届け出数、「多くの地域で増加」 感染研、昨年同時期と比較
2017.04.26
梅毒早くも1000例に
2017.04.21
急増する梅毒感染者、過去最速ペース 把握しておきたいHIV感染との関係
2017.04.13
HIVの郵送検査、10年で3倍超 顔合わせず可能
2017.04.07
梅毒感染者が急増!最速1000人超え 20代女性患者が目立つも「原因は不明」
2017.04.04
梅毒患者1000人超、過去最速で感染拡大
2017.03.31
HIV感染に気付いてない人 推計5800人
2017.01.17
新宿セントラルクリニックの報道について
2017.01.13
梅毒感染、42年ぶり4千人超 20代女性で急増
2017.01.13
梅毒患者4千人超、5年で5倍に…増加要因不明

ここまでが本文です