ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです


ここから本文です

病気について 病気について

ABOUT DISEASE

性器ヘルペス

GENITAL HERPES

主な症状
男性より症状が重いことが多く、強い痛みと発熱により
排尿困難・歩行困難になることもあります。
高熱、陰部に水疱や潰瘍ができて痛みやかゆみがでる、
強い排尿痛などの症状があります。アナルセックスにより、
肛門周囲や直腸粘膜にも症状が現れます。

どんな病気? どんな病気?

何度も何度も再発を繰り返す

性感染症(STD)は、性行為の経験がある方であればだれでも感染する可能性のある病気です。
性器ヘルペスは、皮膚や粘膜などにできた目に見えないほどの小さな傷から感染します。
そのため性的パートナーが多いほど感染リスクが高まります。
年齢別にみると性的活動が盛んな20代以降での発症が多くなっています。
特に女性は、性行為時の摩擦により膣内の粘膜に微細な傷ができやすいため、
男性よりも感染リスクが高く、感染者数も男性より多くなっています。

症状について 症状について

感染してから症状が出るまでの期間 : 2日~10日

男女ともに初感染は、耐えきれないほどの激痛なことが多いですが、
一方で感染に気づかないほど症状が軽度の場合もあります。
はじめて感染した場合は、症状(痛み)が強く、
排尿困難や歩行困難になるほどの強い痛みをともなうことがあります。
再発時には初感染時とほぼ同じ部位に浅い潰瘍ができるものの症状は軽く、
症状が消えるまでの期間も1週間以内と短いことが多いです。

女性の場合 女性の場合

女性の場合

男性より症状が重いことが多く、強い痛みと発熱により排尿困難・歩行困難になることがあります。

  • 足の付け根(鼠径部)のリンパ節の
    腫れ、圧痛がある
  • 高熱がでる
  • 陰部に水疱が多数でき、かゆい
  • 陰部に潰瘍ができ、痛みがある
  • 排尿時に強い痛みがある

治療を行わなくても2~3週で症状は消えますが、1度感染するとウィルスを完全に排除できないため、免疫力が低下した時などに再発を繰り返すことがあります。

男性の場合 男性の場合

男性の場合

アナルセックスでは、肛門周囲や直腸粘膜にも症状があらわれます。

  • 足の付け根(鼠径部)のリンパ節の
    腫れ、圧痛がある
  • 高熱がでる
  • 陰部に水疱が多数でき、かゆい
  • 陰部に潰瘍ができ、痛みがある
  • 少量の尿道分泌物もでる
  • 排尿時に強い痛みがある

治療を行わなくても2~3週で症状は消えますが、1度感染するとウィルスを完全に排除することはできません。

感染について 感染について

感染率

特定のパートナーとの性行為においての感染率は1年間で約10%といわれています。

感染の可能性が高い
性行為

  • キスなどの口と口の接触
  • セックス
  • 性器どうしや病変部への接触感染
  • オーラルセックス
  • 出産時の母から新生児への感染

感染ルート

性器の粘膜や分泌物、病変部等にウィルスが存在するため、それらの場所への接触で感染します。
※症状が出ていないときでも、性器の皮膚や粘膜にウイルスが存在する場合があります。

原因菌・菌がいる箇所

  • 病変部(症状がない時は神経節の中に潜んでいる)
  • 性器の粘膜や分泌物

感染部位

  • 性器
  • 性器周辺
  • 肛門
  • 肛門周辺
  • 口唇周辺

予防

単純ヘルペスウィルスの感染の有無を確認しておき、感染の可能性がある時に危険な行為(病変部への接触)を避けることで、パートナーへの感染を防げます。

不安な方へ 不安な方へ

この病気に関して気になる点や不安がある方は、クリニックでの受診をおすすめします。
予防会は検査・治療を専門としているクリニックです。
保険証不要で治療できるなど、十分な配慮をしておりますので、安心してご来院ください。
予防会のクリニックがない地域でも、信頼できる提携クリニックをご紹介できます。

病気についてさらに知る 病気についてさらに知る

排尿困難・歩行困難に

性器ヘルペスにはじめて感染すると性器に1~2mmのかゆみのある水疱が多数出現し、3~5日程で破れて結合し潰瘍ができます。潰瘍は、痛みをともない、症状が出始めてから1週間前後にもっとも重症化します。激痛により排尿困難や歩行困難になることがあります。また発熱することもあります。

自然治癒するが何度も再発

ヘルペスは治療を行わない場合でも2~3週で症状は消えます。ただ1度感染するとウィルスを完全に排除できないため免疫力が低下した時などに再発を繰り返すことがあります。再発時には神経を伝って粘膜や皮膚などに病変を作ります。男女共にはじめて感染した時よりは症状が軽いことが多く、また再発を抑える治療が可能になっています。比較的に見た目で分かりやすい疾患ですが、その他性感染症(STD)にも似た症状がありますので、自己判断は危険です。

性器と口のヘルペスは同じ?

原因ウィルスは、同じ単純ヘルペスですが口やその周辺に症状がでるものは口唇ヘルペスと呼ばれ、主に単純ヘルペス1型(HSV-1)が原因になります。性器や肛門に症状がでるものは性器ヘルペスとい呼ばれ、主に単純ヘルペス2型(HSV-2)が原因になります。ただ、口唇ヘルペスの原因ウィルス(単純ヘルペス1型:HSV-1)が性器に感染し、性器ヘルペスを発症することもありますので口唇ヘルペスを発症している場合は、オーラルセックスなどは避けましょう。

ここまでが本文です

ページの先頭へ