ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです


ここから本文です

病気について 病気について

ABOUT DISEASE

性器伝染性軟属腫
(水イボ)

MOLLUSCUM CONTAGIOUSUM

主な症状
痛みやかゆみなどの自覚症状はなく、イボができて初めて感染に気付くことが
多いです。大きさは1~2mmくらい、中心にくぼみがある少し赤みがかった
イボができます。自然に治るが伝染性があります。

どんな病気? どんな病気?

触れた場所にイボが広がる

伝染性軟属腫は、小児(特に幼稚園児)に多い、ウイルス性の皮膚疾患です。
感染率は高く、タオルやバススポンジを介して感染する事も多くミズイボとして知られています。
成人では性行為が主な感染経路で性器周辺に感染することが多いことから性器伝染性軟属腫といわれています。
現在成人の感染は稀ですが感染力が強いため、感染してしまうと感染部位の周辺が触れ合う事で
イボが広がってしまうことがあります。

症状について 症状について

感染してから症状が出るまでの期間 : 2週間~6カ月程

痛みやかゆみ等の自覚症状はなく、イボができて初めて感染に気付くことが多いです。
症状としては、イボができる(褐色や黒色っぽいときもある)、痛みやかゆみがでることもあります。
大きさは1~2mmくらいの中心にくぼみがあるイボが徐々に増えます。
色は少し赤みがかったりピンク色していることが多いです。
つまむと乳白色の粥状の内容物が出ます。自然治癒する疾患ですが伝染性があります。
アトピー性皮膚炎やAIDS患者は自然治癒するまでに数ヶ月から数年かかります。

感染について 感染について

感染率

感染力は強く、病変部にウィルスが存在。病変部に触れると感染します。

感染ルート

病変部等にウイルスが存在するため、
それらの場所に接触することで感染します。
大人は、セックスをはじめとする性行為(オーラル・アナル)等により感染します。

原因菌・菌がいる箇所

病変部等

感染部位

  • 全身、様々な部位
  • 大人は、陰部が多い

不安な方へ 不安な方へ

この病気に関して気になる点や不安がある方は、クリニックでの受診をおすすめします。
予防会は検査・治療を専門としているクリニックです。
保険証不要で治療できるなど、十分な配慮をしておりますので、安心してご来院ください。
予防会のクリニックがない地域でも、信頼できる提携クリニックをご紹介できます。

病気についてさらに知る 病気についてさらに知る

イボができる

性器伝染性軟属腫は、ポックスウイルスというウイルスが原因です。
ミズイボとも呼ばれ、顔、体、手、足など様々な場所に1~2mm程度のイボが生じます。病変部等にウイルスが存在し、それらの場所に接触することで感染が拡大していきます。

感染力が強い

感染力は強く、病変部に触れたタオルや衣服、手で何かに触れるとそれを介して感染が広がっていきます。
また脇など間接部分に感染すると病変部が擦れ合うことでその周辺の接触部位にも感染します。

子供にも感染

大人の場合は、セックスをはじめとする性行為(オーラル・アナル)等で感染します。病変部に触れる可能性が高い陰部にできることが多いです。
また性器伝染性軟属腫は、特に子供に好発するウイルス性皮膚疾患です。感染力が強く、タオルや衣類からの感染もあるため、接触が密な親子間でも感染することもあります。

ここまでが本文です

ページの先頭へ