ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです


ここから本文です

病気について 病気について

ABOUT DISEASE

どんな病気? どんな病気?

オーラルセックスによる感染が急増しています

性感染症(STD)は、性行為の経験がある方であればだれでも感染する可能性のある病気です。
オーラルセックスが一般的になった現在、咽頭(のど)への淋菌感染が増加しています。
咽頭への感染は、男女共に症状が軽度なため、気づかないうちにパートナーに感染させてしまうことがあります。

症状について 症状について

感染してから症状が出るまでの期間 : 1週間〜2週間

症状があっても軽度なため気がつかないことがほとんどです。
感染して症状が出た場合でものどがイガイガする程度で、検査をして初めて感染に気付く方が多いです。
感染に気付かないまま性行為を行うことで、パートナーを感染させてしまったり、
自分自身が重複感染してしまう可能性があります。
咽頭クラミジアと症状が似ており、検査をしてみないとどの病原体に感染しているかが分かりません。

症状は、無症状か出ても軽度で気付かないことがほとんどです。
風邪に似た症状、のどがイガイガ、のどに腫れや痛みが症状としてみられます。

似た症状がある他の病気
性器淋菌感染症
咽頭クラミジア

感染について 感染について

感染率

オーラルセックスによる女性の咽頭から男性の性器への感染が増加しています。

感染の可能性が高い
性行為

オーラルセックス

感染のリスクが高い人

  • パートナーが多い
  • 不特定の人との性行為
  • オーラルセックス
  • 避妊具使わない

感染ルート

咽頭、直腸、尿や陰部分泌物・膿の中に淋菌が存在し、粘膜どうしの接触や分泌物の接触がある性行為により感染します。

原因菌・菌がいる箇所

咽頭、直腸、尿や陰部分泌物・膿の中

感染部位

咽頭

予防

コンドームの着用により感染リスク軽減が可能です。

病気についてさらに知る 病気についてさらに知る

淋菌感染者の10~30%が咽頭感染

オーラルセックスが一般的になった現在、咽頭への淋菌感染が増加しています。
淋菌は、感染力が強い病原体です。粘膜どうしの接触により感染します。淋菌が住みやすい環境である膣内(粘膜)と咽頭(粘膜)の環境は似ており、どちらの粘膜にも感染します。ですから、男性の性器から女性の咽頭と性器の2箇所への重複感染の可能性があります。女性の咽頭が感染していても症状が出にくいために感染に気付かず、性行為により男性の性器が感染、そこから女性の性器に感染、などというケースも考えられます。

症状がわからない

咽頭に淋菌が感染しても、無症状か症状が出た場合でものどがイガイガする程度のため、検査をして初めて感染に気が付く方がほとんどです。感染に気付かず放置してしまい、知らず知らずのうちに自分自身がパートナーを感染させてしまうことがあります。

ここまでが本文です

ページの先頭へ