ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです


ここから本文です

病気について

ABOUT DISEASE

毛じらみ

HAIR LICE

主な症状
陰部に、褐色の虫がいる、灰色がかった楕円の卵の様なものがあります。
発疹はないがかゆみがあります。陰部以外に肛門周辺や胸毛など
毛がある場所にも寄生します。

毛じらみ / どんな病気?

現在は少なくなったが油断しないで

衛生環境が整った現在の日本では、感染者数が少なくなった性感染症(STD)です。

毛じらみ / 症状について

感染してから症状が出るまでの期間 : 1ヶ月~2ヶ月程

毛布などの寝具やタオルなどの間接感染もあり、接触が多い母から子への感染も多いです。
親密な関係にあるほど周りへ感染が拡大してしまいます。
主に、褐色の虫がいる、灰色がかった楕円の卵の様なものがある、発疹はないがかゆみがある、
下着に黒色点状のシミがつく(毛じらみの排出する血糞)という症状があります。
陰部以外に肛門周辺や胸毛など毛がある場所にも寄生します。
まれに髭・眉・まつ毛にも寄生することもあります。

5つの質問に答えるだけで、
症状からあなたのSTDをチェックできます
カンタンSTDチェックを始める

毛じらみ / 感染について

感染の可能性が高い
性行為

主に陰毛の直接接触

感染ルート

主に性行為による陰毛への直接接触による感染が大半を占めますが、
毛布などの寝具や、タオル等を介する間接的感染もあります。

原因菌・菌がいる箇所

陰毛など毛がある場所

感染部位

陰毛など毛がある場所

毛じらみ / 不安な方へ

この病気に関して気になる点や不安がある方は、クリニックでの受診をおすすめします。
予防会は検査・治療を専門としているクリニックです。
保険証不要で治療できるなど、十分な配慮をしておりますので、安心してご来院ください。
予防会のクリニックがない地域でも、信頼できる提携クリニックをご紹介できます。

毛じらみについて
さらに知る

毛がある場所ならどこでも

吸血性昆虫である毛じらみが陰部などの毛がある部位に寄生することによりかゆみ等の症状がでます。
陰部以外に肛門周辺や胸毛など毛がある場所にも寄生し、まれに髭・眉・まつ毛にも寄生することがあります。

自分で確認できる

毛じらみは、褐色の円形に近い丸みをおびた虫(吸血性の昆虫)です。
また灰色がかった楕円形の光沢のある卵を産み数を増やしていきます。大きさは約1~2mmくらいのですので
目視で確認できます。また、下着に毛じらみの排泄する血糞による黒点状の染みが付くことがあります。

タオルから感染

主に陰毛の直接接触による感染がほとんどですが、性行為に限りません。共有のタオルや寝具からの間接感染もあります。家族内では、親子間の感染が多く、特に接触の密な母子間の感染が多いです。
感染は性行為に限らず、家族内感染を起こすことありますので、家族全員を調べる必要があります。

ここまでが本文です

ページの先頭へ