ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです

予防会からのお知らせや、性感染症(STD)に関するコラムをお届けします。


ここから本文です

2021.03.15

STDを知る

特集

男性は無症状のことが多いトリコモナス感染症

2019年7月にトリコモナス感染症についてのコラムを書きました。(https://yoboukai.co.jp/article/491)。
このコラムに載せたトリコモナスの動画が衝撃的だったのか、他のコラムに比べて閲覧数が多く、みなさんの関心を惹いたと思っています

今回のコラムは、今まで外注で実施していたトリコモナス遺伝子検査が、このたび自社でできるようになったことのお知らせと、前回のコラムの内容をアップデートしたものになっています。

トリコモナス遺伝子検査は、従来の顕微鏡検査よりも精度が高く、男性・女性ともにお勧めしたい検査です。予防会では、トリコモナス遺伝子検査単独、および、他の検査との組み合わせで通常よりお安く検査できるキャンペーンを4月まで実施しています。
是非、この機会に検査をしていただくことをお勧めします。

トリコモナス感染症は性行為以外でも生じる?

 トリコモナス感染症の主な感染経路は、性行為です。性行為以外では、トリコモナスに感染している母親から出生した赤ちゃんに感染した例がありますが、非常に稀です。日常生活では、家族に感染することはありません。性行為以外でも感染する可能性があるという不安をあおる記事をインターネット上で見かけますが、そのようなことはありませんのでご安心ください。トリコモナスは水中で一定期間生存することがわかっていますが、このことが誤った解釈の元になっていると推察します。トリコモナスが水中で生存できたとしても、水中から生きたトリコモナスが性器に感染する根拠については、今でも私は世界中の論文を探し続けていますが、見つけることができません。
感染者と同じお風呂やタオル、トイレなどを共有することで感染してしまうなどという、感染者にとっては非常に不安になる記事を、ある著名な医師が非科学的に書いており、いかがなものか?と思います。
前述したように、トリコモナスは出産時に赤ちゃんに発生する可能性がありますが、思春期前の子供でみられることは非常に稀です。したがって、乳児を除いた子供の膣分泌物でトリコモナスが特定された場合、性的接触が発生した可能性を考える必要があります。すなわち性的虐待の可能性を考えなければいけません。このことは、英語のテキストには常識的に記述されています。もし、日本において、子供の腟分泌物でトリコモナスが検出されたことがあるなどという論文や記述が実際にあるとしたら、大変恥ずべき事です。

 

トリコモナス感染症の潜伏期間は?

潜伏期間は不明です。しかし、ある研究では、患者の約50%で4〜28日の潜伏期間が示唆されています。 トリコモナスは細菌性腟炎の原因となる他の病原体と共存することができるので、トリコモナスになった場合には、それ以外の性感染症の原因菌についても調べておく必要があります。

 

トリコモナス感染症の有病率は?

「有病率」とは、ある時点での集団の中で疾患を有する人の割合を言います。似たような言葉に、「罹患率」というのがあります。「罹患率」は、ある特定の期間において新規に発生する症例の割合を言います。
トリコモナス感染症は、日本では保健所を通じて厚生労働省に報告する義務がないため、有病率を算出することは難しいです。しかし、アメリカのSTD Surveillance Networkに参加している15のSTDクリニックでの研究によると、膣トリコモナスの有病率は、症状のある女性では26%、無症状の女性で6.5%、HIV感染の女性で29%でした。

 

トリコモナス感染症の多い年齢層は?

女性のトリコモナス感染症の年齢分布は、他の性感染症の年齢分布とは異なり、婦人科の診察で得られた腟分泌物のPCRによる検査では、女性の感染のピークは21〜22歳と48〜51歳の二峰性に発生しています。男性の有病率は3.7%であり、年齢層別では40〜49歳の男性にピークが見られたと報告されています。また、トリコモナスに感染した女性の性的パートナーの男性70%にトリコモナスの感染が認められています。

 

トリコモナス感染症の症状は?

1)男性
男性の症状は、4人中3人が無症状であり、症状があっても一過性で、10日くらいで自然に軽快することが多いです。症状がある場合は、排尿時痛、排尿時の違和感、粘液膿性の尿道分泌物です。また、性交後の陰茎に軽度の掻痒や灼熱感がある場合もあります。また、前立腺炎、亀頭包皮炎、精巣上体炎、不妊症に発展することがあります。「症状が軽くなった=治った」のではなく、そのまま保菌状態となり、やがて慢性前立腺炎などに発展していくことがあります。

 

2)女性
女性の症状は、急性で重度の炎症から無症候性キャリアの状態まで様々です。急性炎症の症状は、灼熱感、そう痒感、排尿障害、頻尿、下腹部痛、性交痛で、おりものは、化膿性、悪臭のある分泌物です。しかし、感染が証明されている女性でも、このような典型的な症状を示すのはわずか11〜17パーセントと言われています。月経中は症状が悪化することがあります。性交後出血が発生する可能性があります。慢性的になると、症状は軽くなり、そう痒感や性交痛があるくらいで、膣分泌物も少量になります。感染した女性の70〜85%は無症候性に経過し、最終的に症状を発症していきます。無症候性の保菌状態は、長期間(少なくとも3か月)続く可能性があります。したがって、いつ、誰から感染したのかを確認できないことがよくあります。

 

トリコモナス感染症の診断方法は?

トリコモナス症の診断は、動いているトリコモナス原虫を顕微鏡で確認する検査や培養による検査、さらに遺伝子検査があります。
下の表1にそれぞれの検査方法についてまとめました。
トリコモナスの遺伝子検査は、以前は外部の検査会社に委託していましたので、結果の判明までに3~4日間を要していましたが、今月から自社内の検査室で検査ができるようになったので、平日であれば翌日に結果が判明します。
さらに、遺伝子検査は、顕微鏡の検査法に比べて、精度が10倍以上も高く(自社調べ)、男性や精度の高い検査をご希望の方にお勧めの検査になっています。

 トリコモナス検査一覧

表1.トリコモナス感染症の診断方法

 

トリコモナス感染症の治療法と注意点は?

 トリコモナス感染症の治療方法については、前回のコラムと同じです。
セックスパートナーは、自覚症状が無くても治療が必要になります。

●妊娠していない女性とセックスパートナーの治療
・フラジール内服錠(250㎎) 2錠 分2食後 10日間内服。

●難治性の場合
・フラジール内服錠(250㎎) 2錠 分2食後 10日間内服。

・フラジール腟錠(250㎎) 1錠 1日1回 10~14日間 腟内挿入。

●妊娠中(3か月以内)の場合・授乳中の場合
・フラジール腟錠(250㎎) 1錠 1日1回 10~14日間 腟内挿入。

上記の治療で90~95%が治ります。

●しつこく再発を繰り返す場合は、
・フラジール内服錠(250㎎)4錠 1日1回 3~5日間内服。

※注意点
・しつこく繰り返す場合は、ピンポン感染(自分が治療して治ったのに、治療していないパートナーとの性行為で再感染すること)が考えられます。パートナーと一緒に同時治療を行うことが勧められています。
・患者およびセックスパートナーは、内服を終了後、症状が無くなるまで性交を避ける必要があります。これは通常、内服終了後約1週間程度です。
・以前、フラジール内服錠の服用中は、原則的に飲酒禁止が勧められていました。それは、悪酔いの原因となるアセトアルデヒドを体内に蓄積させる作用があるとされていましたが、最近の研究では、飲酒とあまり関係が無い可能性が示唆されています。

 

治癒判定の時期と検査方法は?

治癒判定は、遺伝子検査で行うのが理想的です。時期は、治療完了後2週間~3か月以内に行います。

 

トリコモナス感染症の予防は?

性交時にコンドームを一貫して使用し、性的パートナーの数を制限することで、膣トリコモナス感染のリスクを減らすことができます。

 

【関連コラム】
≫ 実は多い!トリコモナス感染症!

≫ キャンペーン情報

 

★ 前出Dr profile スマフォ

 

性感染症が不安な方へ

性感染症は、早期発見と正しい治療が大切です。
予防会の郵送検査キットなら、保険証不要・匿名で誰にも知られずに性感染症の検査を受けることができます。お時間がない方や病院に行くのは抵抗があるという方などは、ぜひ予防会の郵送検査キットをご活用ください。

【コラム⇒Twitter】Twitter (2)

 

 

 

 

人気のコラム 人気のコラム

COLUMNS

新着情報 新着情報

NEWS

2021.03.18
HIV検査数が半減、コロナ拡大でためらいも「感染者を把握できていない可能性」
2021.02.18
コラム ある美容施術のお陰で減っている?性感染症:ケジラミ症
2021.02.01
【新型コロナウイルス検査物搬送のための3重包装】
2021.01.15
コラム くり返す外陰腟カンジダ症の原因は、ある習慣が関係しているかもしれません
2021.01.04
年始のご挨拶
2020.12.15
コラム 性器と咽頭のマイコプラズマ・ウレアプラズマ保菌率調査結果について
2020.11.16
コラム HIV感染症とAIDSについて
2020.10.15
コラム 淋しい病気と書く淋病(淋菌感染症)について
2020.09.14
コラム AYA世代に多いがん:子宮頸がんとHPV検査
2020.09.11
新型コロナウイルスの影響による、郵送物などの遅延の可能性について
2020.06.15
コラム 低用量ピルの効能と副作用について知っておこう。
2020.05.16
新型コロナウイルス抗体検査開始のご案内
2020.05.15
コラム メンズヘルスについて (LOH症候群をご存知ですか?)
2020.05.01
オンライン診療開始のお知らせ
2020.04.06
春は健康診断の季節!
2020.03.15
コラム「性器ヘルペスについて~性器ヘルペスの治療は、最初が肝心・再発はコントロールできる~」
2020.01.15
コラム「近年治療が進歩した尖圭コンジローマ」
2020.01.06
年始のご挨拶
2019.12.23
年末年始休業のお知らせ
2019.12.16
コラム「ありふれたウィルス:ヒトパピローマウィルス(HPV)について知っておこう」
2019.12.02
血液の検査セットが新しくなりました
2019.11.15
コラム クラミジアってなんだ?? ~ウィルスのような細菌・クラミジアのワクチン開発~
2019.10.15
自分の健康は自分で管理する!自分の身体のことを良く知っておこう!
2019.09.27
消費税引き上げに伴う、サイト内の検査料金の改定ついて
2019.09.13
消費税率引き上げに伴う価格改定のお知らせ
2019.08.13
コラム 梅雨~夏にかけて、あそこがかゆい!!
2019.07.23
2020東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた交通対策実験によるお届けの影響について
2019.07.09
5年で急増、日本人を襲う「梅毒」の意外な実態
2019.06.16
コラム 梅毒は治る病気!そのためには早期診断・早期治療がポイント!
2019.06.14
2019,6,27(木) ~ 2019,7,2(火) の 大阪府、兵庫県 へのお届けについて
2019.06.07
性病に毎日100万人が感染 「感染率下がっていない」 WHO
2019.05.24
コラム掲載
2019.04.01
渋谷クリニック開院のお知らせ
2019.03.04
池袋サテライトクリニック開院のお知らせ
2019.02.20
池袋サテライトクリニックOPENのお知らせ
2018.12.27
年末年始のお知らせ
2018.11.14
18年の梅毒患者が5811人に この20年で最多
2018.10.11
梅毒2年連続5千人台…感染3週間で「しこり」
2018.07.30
若者の新規HIV感染者年間25万人、3分の2は女子:ユニセフが「HIV/エイズ報告書」
2018.06.29
梅毒感染、知らぬ間に 地方都市や若い女子にも広がる
2018.06.15
Web版 定期検査実施証明書デザイン変更のお知らせ
2018.05.31
沖縄の梅毒患者が過去最多 HIV感染者・エイズ患者数は過去3番目の多さ
2018.05.21
エイズ かつて死の病、今は早期発見で治療可能に
2018.05.15
【熊本県感染症情報】梅毒患者増加 県内3人確認
2018.05.07
梅毒患者、県内(埼玉県)は47人に…最多の昨年を超すペース 女性 は20代、男性は40代が多く 早めの受診を
2018.04.17
若い女性の梅毒患者が急増している理由…コンドーム着用でも安心禁物、誰でも感染 のリスク
2018.03.22
HIV感染者と患者「増加傾向変わらず」 福岡県で過去2番目の多さ [福岡県]
2018.03.22
HIV感染、昨年は1407人…すでにエイズ発症していた患者が415人〔読売新聞〕
2018.03.02
HIV感染者と患者が過去2番目の54人に 昨年の福岡市 [福岡県]
2018.01.23
検査結果確認画面リニューアル (スマートフォン・タブレット用)
2018.01.22
梅毒が全国的に流行、特に女性患者が急増
2018.01.18
平成29年の長野県の梅毒感染30人 33年ぶりの多さ 女性患者増
2018.01.05
梅毒5千人、初めて突破 患者最多は東京 若い女性らに感染拡大
2018.01.04
年始のご挨拶
2017.12.25
「梅毒」急増中の日本、世界は「淋病」制御不能時代を危惧
2017.12.25
今年も記録更新!梅毒の流行が止まらない!
2017.12.21
梅毒患者、全国で急増…主婦・OLにも感染拡大
2017.11.14
梅毒患者過去最多。「身に覚えがない」が最も危険
2017.11.01
梅毒患者 現行統計で年間過去最多の4568人
2017.11.01
梅毒感染、地方でも増加 岡山・熊本は昨年の3倍超
2017.09.22
九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多
2017.09.14
梅毒の患者数 約20年で最も多いペース
2017.09.11
性行為感染症(STD) 性行為以外でうつることも
2017.09.06
梅毒の勢い止まらず、年間5000人突破の恐れも
2017.08.31
「いきなりエイズ」なお3割=HIV感染・発症1448人-昨年厚労省
2017.08.28
過去の性病と侮るな 梅毒、20代女性患者が急増中 国内患者数6年間で7倍超
2017.08.14
広がる梅毒、母子感染も 昨年の報告数 42年ぶりに4000人突破
2017.07.24
ダイヤモンドオンラインの記事について②
2017.07.15
ダイヤモンドオンラインの記事について
2017.06.28
NHKにて梅毒の報道がありましたので抜粋して御案内します
2017.06.15
今年の梅毒患者が2000人超、過去最悪ペースで感染拡大 
2017.06.06
梅毒の届け出数、「多くの地域で増加」 感染研、昨年同時期と比較
2017.04.26
梅毒早くも1000例に
2017.04.21
急増する梅毒感染者、過去最速ペース 把握しておきたいHIV感染との関係
2017.04.13
HIVの郵送検査、10年で3倍超 顔合わせず可能
2017.04.07
梅毒感染者が急増!最速1000人超え 20代女性患者が目立つも「原因は不明」
2017.04.04
梅毒患者1000人超、過去最速で感染拡大
2017.03.31
HIV感染に気付いてない人 推計5800人
2017.01.17
新宿セントラルクリニックの報道について
2017.01.13
梅毒感染、42年ぶり4千人超 20代女性で急増
2017.01.13
梅毒患者4千人超、5年で5倍に…増加要因不明

ここまでが本文です