ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです


ここから本文です

病気について 病気について

ABOUT DISEASE

マイコプラズマ・ウレアプラズマ感染症

MYCOPLASMA UREAPLASMA INFECTIONS

主な症状
おりもの量の増加、外陰部のかゆみ、排尿時の痛みなどの症状が
でることもありますが軽度です。
ほとんどが無症状で気付かないことが多いです。
陰部のかゆみ、不快感、少量の分泌物、排尿時の痛みなどの症状が
でるものの、どれも軽いため気付かないことが多いです。

どんな病気? どんな病気?

クラミジアでも淋菌でもない尿道炎の原因菌

性感染症(STD)は、性行為の経験がある方であればだれでも感染する可能性のある病気です。
マイコプラズマ(マイコプラズマ・ジェニタリウム マイコプラズマ・ホミニス)・
ウレアプラズマ(ウレアプラズマ・ウレアリチカム・ウレアプラズマ・パルバム)は、
クラミジアや淋菌に次いで尿道炎(尿道炎・子宮頸管炎)の原因菌として近年注目を集めています。
尿道炎の20%程がマイコプラズマ・ウレアプラズマが原因だと言われており、
今まで原因が分からなかった尿道炎の原因菌が検査で分かるようになりました。
原因菌がわかれば早期に適切な治療を行うことができ、体への負担を最小限に抑えられます。

症状について 症状について

感染してから症状が出るまでの期間 : 1週間〜5週間

クラミジア感染に症状が似ているために 検査でしか判別ができません。

女性の場合 女性の場合

女性の場合

女性の場合は、ほとんどが無症状で気付かないことが多いです。

  • おりものの量が少し増えた
  • 外陰部に軽いかゆみがある
  • 排尿時に軽い痛みがある

放置すると症状の悪化・卵管炎・腹膜炎・子宮外妊娠・不妊症の原因になることもあります。

男性の場合 男性の場合

男性の場合

クラミジア感染症に近い症状が出るものの軽度なため、気が付かないことが多いです。

  • 陰部の軽いかゆみがある
  • 陰部の不快感がある
  • 少量の分泌物がでる
  • 排尿時に軽い痛みがある
  • 下着が分泌物で汚れる

放置すると症状の悪化・精巣上体炎・前立腺炎などの原因になることもあります。

似た症状がある他の病気
性器クラミジア
性器淋菌感染症

感染について 感染について

感染率

感染力は非常に弱い

感染の可能性が高い
性行為

  • セックス
  • 性器どうしの接触感染
  • オーラルセックス

感染ルート

感染力は非常に弱いですが、粘膜は細菌にとって住みやすい環境である粘膜どうしが接触するため、感染します。

感染部位

尿道や膣の粘膜

病気についてさらに知る 病気についてさらに知る

長引く原因不明の尿道炎の正体

マイコプラズマ・ウレアプラズマは、クラミジアや淋菌に次いで尿道(膣)炎の原因菌として近年注目を集めています。尿道炎とは、尿道に微生物や菌が感染して炎症が起こる疾患です。
主な原因はクラミジアや淋菌によるもので尿道炎の約70%を占め、それ以外の病原菌により引き起こされた尿道炎を非クラミジア非淋菌性尿道炎と呼んでいます。これまでは原因の特定が困難でしたが、今ではこの約20%がマイコプラズマ・ウレアプラズマ感染といわれています。

症状は無症状

クラミジア感染症に近い症状がでますが軽度でクラミジア感染と同様に気が付かないことが多いです。
男性は、陰部(ペニス)に不快感やかゆみがでることもあるので女性よりも感染に気づく機会があります女性は、感染しても通常は無症状で検査をして初めて感染に気づく方がほとんどです。また感染部位が膣内部であることから、症状が出たとしてもおりものの量が少し増える・軽いかゆみがでる程度で異常と感じることが少なく、放置してしまう原因になっています。
放置すると病気が進行して卵管炎・腹膜炎・子宮外妊娠・不妊症の原因にもなることもあります。

ここまでが本文です

ページの先頭へ