ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです


ここから本文です

病気について 病気について

ABOUT DISEASE

どんな病気? どんな病気?

ワクチンで予防ができる
B型肝炎

B型肝炎ウイルスの感染によって肝機能障害(肝炎)を発症する性感染症(STD)です。
ウイルスが持続感染すると肝炎が慢性化することがあります。
この状態を慢性肝炎といい、放置してしまうと肝硬変や肝がんなどを発症することがあります。
現在、日本ではB型肝炎ウイルスとC型肝炎ウイルスが肝がんを発症する原因の約75%を占めています。

症状について 症状について

慢性肝炎では潜伏期間が6ヶ月以上のこともあります。
全身の症状としては、倦怠感、食欲不振、吐き気、色の濃い尿等があります。
全身に黄疸(おうだん)が出るようであれば入院が必要で、尿は更に濃褐色になり、醤油のような色になります。
免疫力によりウイルスは排除されることが多いです。
免疫力でウイルスを排除する一過性感染でも急性肝炎を起こすことがありますが慢性化はしません。
ただ、まれに劇症肝炎を引き起こし死に至るケースもあります。
またウイルスを排除できず長時間(6ヶ月以上)感染が継続する持続感染は、
慢性肝炎に移行し、その中から肝硬変、肝がんを発症することがあります。
感染力が強いウイルスですが、早期治療により完治できる病気になりました。

感染について 感染について

感染の可能性が高い
性行為

  • セックス
  • 性器どうしの接触感染
  • アナルセックス
  • 出血を伴う可能性がある性行為

感染ルート

出血をともなう可能性がある性行為により感染リスクが高くなります。
タトゥーなどでの針の使いまわしや注射の回し打ちによる感染も増えています。
出産時の母から新生児への感染では、産道でB型肝炎ウイルスに感染した血液が赤ちゃんの体内に入ることで感染します。現在は母子感染予防対策により感染はほとんど見られません。

原因菌・菌がいる箇所

血液、精液、膣分泌物

感染部位

粘膜や傷口から血液や体液を
介して感染

病気についてさらに知る 病気についてさらに知る

感染力が強い

B型肝炎ウイルスは、HIVやC型肝炎ウイルスと比べると感染力は強く、セックスパートナーの数が多いほど
感染リスクも高くなります。また血液や体液を介してウイルスが感染するため、アナルセックスなど出血を
ともなう可能性がある性行為により感染リスクが高くなります。

一過性感染と持続感染

B型肝炎には症状がほとんど出ずに免疫力によってウイルスを排除する一過性感染と、
ウイルスを排除できず体内に残ってしまう持続感染(キャリア化)があります。成人で感染した場合には免疫機能によりウイルスを体内から排除し、一過性感染(一時的な感染)で終わる場合が多いです。免疫機能の低下などによりウイルスを排除できず、長期間(6ヶ月以上)体内に残ってしまうことで慢性肝炎になります。
慢性肝炎は肝臓の細胞が破壊されて肝臓に炎症がおきた状態が6ヶ月以上続いた状態を指します。

肝硬変 肝がん

B型肝炎ウイルス感染者の約10~20%が慢性肝炎に進行し、その中から肝硬変、肝がんを発症する人もいます。慢性肝炎から肝硬変を経て肝がんに進行していきます。肝がんは、年間死亡者数は約30,000名にのぼります。肝がん年間死亡者数の15%程度にあたる約4,500名がB型肝炎ウイルスが原因になっています。

ここまでが本文です

ページの先頭へ