ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです

予防会からのお知らせや、性感染症(STD)に関するコラムをお届けします。


ここから本文です

2022.02.15

STDを防ぐ

日本でも世界的コンセンサスに準じることとなったHPVワクチンについて

HPVはほとんどの子宮頸がんのきっかけとなるといわれており、それを防ぐためにワクチン接種が世界的にエビデンスをもとにして行われてきました。日本では様々な事情から定期接種の推奨が中断されていましたが、令和3年11月26日より、再開されることとなりました。これらを中心に述べていきます。

 

 

1. HPVについて

HPVはヒトパピローマウイルスの略です。200種類以上の型があり、性器を中心に皮膚や粘膜に感染します。 HPVの伝播は性行為が中心となりますが、密接な皮膚接触によっても感染します(1)。したがって、コンドームの使用はHPVの伝播リスクを低下させますが、完全に防ぐことはできません。この高い伝播性により、健康成人の大部分は生涯に一度は何らかタイプのHPVに感染すると推定されています(2)。

基本的にはHPVが感染しても12カ月以内に消失します。一部のHPVは感染を継続し、がんのリスクとなることがあります。ほとんどの子宮頸がんはHPV感染がきっかけとなっているといわれており、原因となっているHPVのタイプはそれぞれ16型が50%、18型が20%、31、33、45、52、58型が19%を占めると報告されています(3, 4)。また、膣がん、陰茎がん、肛門がん、口腔咽頭がんにも関連し、それらで原因となるHPVのタイプも16型や18型が中心であるとされています(5)。他にも、HPVは尖圭コンジローマという性感染症の原因にもなり、その原因となるHPVの型は6型および11型が大多数を占めます(6)。

 

2. HPVワクチンについて

感染したHPVを体内から除去する方法は現在のところありません。また、コンドームではHPVの感染を防げません。したがって、HPV感染によりがんが発生してしまうことを防ぐには、がんリスクとなりうるHPVに対するワクチンを接種し、感染を予防することが必要となります。
現在、予防するHPVのタイプの種類と数が異なる3種類のワクチンが存在します。2価ワクチン(サーバリックス)は、がんリスクの最も高い16型、18型に対するワクチンです。4価ワクチン(ガーダシル)では、尖圭コンジローマの原因となることの多い6型、11型が追加されています。9価ワクチン(ガーダシル9)では、ガーダシルに16型、18型以外で子宮頸がんリスクとして報告の多い31、33、45、52、58型が追加されています。
HPVワクチンが子宮頸がんの発生を低下させることは様々な大規模無作為化二重盲検試験によって示されています(7、8、9、10、11)。それに伴い、米国の予防接種に関する勧告機関であるACIPから、HPVワクチンの定期接種が推奨され、多くの国で準拠されています。
ACIPによる勧告では、11-12歳で全ての男女が接種することが基本とされ、13-26歳でも接種されていない場合には接種が推奨されます。27歳以上では、高リスクのHPVにかかっていないと考えられる場合に接種が推奨されることとなっています。また、HPVワクチンは、初回、1~2ヶ月後、6ヶ月後に3回接種する必要があります。ワクチンの3回接種が完了できず長期間中断された場合は、再開せずに、新たに接種について検討することが良いとされています。
全てのHPVワクチンは、大規模臨床試験で安全性が確認され、販売後の安全性監視システムからも安全性が担保されています。これらの知見から、WHOより、安全性に問題はないと宣言され、加えて、散見される生物学的または疫学的な立証がなされていない逸話的な報告に基づいて提起される有害性の主張に対して警告が発せられています(12)。

 

3. 日本におけるHPVワクチンについて

2で述べた内容は、現在の世界的なHPVワクチンの状況です。2で述べたように、これらについてはエビデンスがあり世界的なコンセンサスが取られているのにもかかわらず、日本では複雑な状況となっていました。
かつては、日本でも世界的なコンセンサスに従い、HPVワクチンが定期接種されてきました。しかし、「ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛」の報告が見られるようになり、平成25年に定期接種の積極的な推奨が控えられることとなりました。その後も継続的にHPVワクチンの安全性について議論が行われ、改めてHPVワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められたことにより、令和3年11月26日に再度、HPVワクチン定期期接種が積極的に推奨されることとなりました(健発1126第1号)。
したがいまして、現在は、日本においても、世界的なHPVワクチンのコンセンサスに準じることとなり、小学生6年生-高校1年生の女子は、サーバリックスかガーダシルの3回接種を無料で受けられることとなりました。また、積極的な接種が控えられていた時期に接種時期を迎えられていた方は不利益を被っているので、キャッチアップ接種というのも行われています。平成9年生まれから平成17年生まれの方も、令和4年4月から令和7年3月まで、無料で接種できます。
また、上記に該当しない年齢の方も、2で述べたように、高リスクのHPVにかかっていないと考えられる場合に接種が推奨されます。予防会ではHPV型同定検査も行っており、気になる方は一度、検査して、高リスクのHPVにかかっているかどうか確認することをご検討ください。

 

4.まとめ

日本でも、HPVワクチンが世界的コンセンサスに準じて接種されるようになりました。キャッチアップ接種もあり、現在、小学生6年生-高校1年生の女子に加えて、平成9年生まれから平成17年生まれの方は接種が推奨されます。また、該当しない方も高リスクのHPVに感染していなければ接種推奨となり、予防会ではHPV型同定検査も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

1) Palefsky JM. Cutaneous and genital HPV-associated lesions in HIV-infected patients. Clin Dermatol. 1997 May-Jun;15(3):439-47.
2) http://www.cdc.gov/std/HPV/STDFact-HPV.htm (Accessed on January 15, 2022).
3) de Sanjose S, Quint WG, Alemany L, et al. Human papillomavirus genotype attribution in invasive cervical cancer: a retrospective cross-sectional worldwide study. Lancet Oncol 2010; 11:1048.
4) Serrano B, Alemany L, Tous S, Bruni L, Clifford GM, Weiss T, Bosch FX, de Sanjosé S. Potential impact of a nine-valent vaccine in human papillomavirus related cervical disease. Infect Agent Cancer. 2012 Dec 29;7(1):38.
5) Beutner KR. Nongenital human papillomavirus infections. Clin Lab Med. 2000 Jun;20(2):423-30.
6) von Krogh G, Lacey CJ, Gross G, Barrasso R, Schneider A. European course on HPV associated pathology: guidelines for primary care physicians for the diagnosis and management of anogenital warts. Sex Transm Infect. 2000 Jun;76(3):162-8.
7) Garland SM, Hernandez-Avila M, Wheeler CM, et al. Quadrivalent vaccine against human papillomavirus to prevent anogenital diseases. N Engl J Med 2007; 356:1928.
8) FUTURE II Study Group. Quadrivalent vaccine against human papillomavirus to prevent high-grade cervical lesions. N Engl J Med 2007; 356:1915.
9) Joura EA, Giuliano AR, Iversen OE, et al. A 9-valent HPV vaccine against infection and intraepithelial neoplasia in women. N Engl J Med 2015; 372:711.
10) Paavonen J, Naud P, Salmerón J, et al. Efficacy of human papillomavirus (HPV)-16/18 AS04-adjuvanted vaccine against cervical infection and precancer caused by oncogenic HPV types (PATRICIA): final analysis of a double-blind, randomised study in young women. Lancet 2009; 374:301.
11) Hildesheim A, Wacholder S, Catteau G, et al. Efficacy of the HPV-16/18 vaccine: final according to protocol results from the blinded phase of the randomized Costa Rica HPV16/18 vaccine trial. Vaccine 2014; 32:5087.
12) World Health Organization. Global Advisory Committee on Vaccine Safety statement on the continued safety of HPV vaccination. March 12, 2014.

 

【関連病気】

尖圭コンジローマ・HPV(低リスク) 詳細説明を確認する

子宮頸がん・HPV(中高リスク) 詳細説明を確認する

【関連検査キット】

********************************************************************************************

 

特におすすめセット

https://yoboukai.co.jp/kit/2 ≫

ヒト・パピローマ・ウイルス(子宮頸癌指標)(女性) ≫

ヒト・パピローマ・ウイルス(コンジローマ指標)(女性) ≫

********************************************************************************************

 

予防会コラム:監修医師紹介 医療法人社団予防会 新宿サテライトクリニック 院長 北岡一樹 「予防会新宿サテライトクリニックで性感染症の診療に取り組みつつ、早稲田大学で性感染症中心に新たな治療法の研究も行っています。 診療、研究両面から、性感染症でお困りの皆様のお役に立てるよう 精進しています。お気軽にご来院ください。」

 

 

性感染症が不安な方へ

性感染症は、早期発見と正しい治療が大切です。
予防会なら、保険証不要・匿名で誰にも知られずに性感染症の検査を受けることができます。全国のクリニックでも検査が可能ですし、お時間がない方や病院に行くのは抵抗があるという方は、郵送検査キットをご活用いただくのもオススメです。

予防会では、はじめて検査を受ける方に向けて、わかりやすくマンガで解説しています。是非ご覧ください。

マンガでわかるはじめての性病検査

 

 

 

人気のコラム 人気のコラム

COLUMNS

新着情報 新着情報

NEWS

2022.05.17
コラム 世間的認知は低いが、淋菌と同等の有病率で不妊・がん・早産の原因となる、危険なトリコモナス性感染症
2022.02.15
コラム 日本でも世界的コンセンサスに準じることとなったHPVワクチンについて
2022.01.31
新機能リリースのお知らせ
2021.07.20
「東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会」の開催に伴う、商品お届けの影響について
2021.07.15
コラム 治療薬が効きにくくなり、将来治癒不可能になるかもしれない淋菌感染症
2021.03.18
HIV検査数が半減、コロナ拡大でためらいも「感染者を把握できていない可能性」
2021.02.18
コラム ある美容施術のお陰で減っている?性感染症:ケジラミ症
2021.02.01
【新型コロナウイルス検査物搬送のための3重包装】
2021.01.15
コラム くり返す外陰腟カンジダ症の原因は、ある習慣が関係しているかもしれません
2021.01.04
年始のご挨拶
2020.12.15
コラム 性器と咽頭のマイコプラズマ・ウレアプラズマ保菌率調査結果について
2020.11.16
コラム HIV感染症とAIDSについて
2020.10.15
コラム 淋しい病気と書く淋病(淋菌感染症)について
2020.09.14
コラム AYA世代に多いがん:子宮頸がんとHPV検査
2020.09.11
新型コロナウイルスの影響による、郵送物などの遅延の可能性について
2020.06.15
コラム 低用量ピルの効能と副作用について知っておこう。
2020.05.16
新型コロナウイルス抗体検査開始のご案内
2020.05.15
コラム メンズヘルスについて (LOH症候群をご存知ですか?)
2020.05.01
オンライン診療開始のお知らせ
2020.04.06
春は健康診断の季節!
2020.03.15
コラム「性器ヘルペスについて~性器ヘルペスの治療は、最初が肝心・再発はコントロールできる~」
2020.01.15
コラム「近年治療が進歩した尖圭コンジローマ」
2020.01.06
年始のご挨拶
2019.12.23
年末年始休業のお知らせ
2019.12.16
コラム「ありふれたウィルス:ヒトパピローマウィルス(HPV)について知っておこう」
2019.12.02
血液の検査セットが新しくなりました
2019.11.15
コラム クラミジアってなんだ?? ~ウィルスのような細菌・クラミジアのワクチン開発~
2019.10.15
自分の健康は自分で管理する!自分の身体のことを良く知っておこう!
2019.09.27
消費税引き上げに伴う、サイト内の検査料金の改定ついて
2019.09.13
消費税率引き上げに伴う価格改定のお知らせ
2019.08.13
コラム 梅雨~夏にかけて、あそこがかゆい!!
2019.07.23
2020東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた交通対策実験によるお届けの影響について
2019.07.09
5年で急増、日本人を襲う「梅毒」の意外な実態
2019.06.16
コラム 梅毒は治る病気!そのためには早期診断・早期治療がポイント!
2019.06.14
2019,6,27(木) ~ 2019,7,2(火) の 大阪府、兵庫県 へのお届けについて
2019.06.07
性病に毎日100万人が感染 「感染率下がっていない」 WHO
2019.05.24
コラム掲載
2019.04.01
渋谷クリニック開院のお知らせ
2019.03.04
池袋サテライトクリニック開院のお知らせ
2019.02.20
池袋サテライトクリニックOPENのお知らせ
2018.12.27
年末年始のお知らせ
2018.11.14
18年の梅毒患者が5811人に この20年で最多
2018.10.11
梅毒2年連続5千人台…感染3週間で「しこり」
2018.07.30
若者の新規HIV感染者年間25万人、3分の2は女子:ユニセフが「HIV/エイズ報告書」
2018.06.29
梅毒感染、知らぬ間に 地方都市や若い女子にも広がる
2018.06.15
Web版 定期検査実施証明書デザイン変更のお知らせ
2018.05.31
沖縄の梅毒患者が過去最多 HIV感染者・エイズ患者数は過去3番目の多さ
2018.05.21
エイズ かつて死の病、今は早期発見で治療可能に
2018.05.15
【熊本県感染症情報】梅毒患者増加 県内3人確認
2018.05.07
梅毒患者、県内(埼玉県)は47人に…最多の昨年を超すペース 女性 は20代、男性は40代が多く 早めの受診を
2018.04.17
若い女性の梅毒患者が急増している理由…コンドーム着用でも安心禁物、誰でも感染 のリスク
2018.03.22
HIV感染者と患者「増加傾向変わらず」 福岡県で過去2番目の多さ [福岡県]
2018.03.22
HIV感染、昨年は1407人…すでにエイズ発症していた患者が415人〔読売新聞〕
2018.03.02
HIV感染者と患者が過去2番目の54人に 昨年の福岡市 [福岡県]
2018.01.23
検査結果確認画面リニューアル (スマートフォン・タブレット用)
2018.01.22
梅毒が全国的に流行、特に女性患者が急増
2018.01.18
平成29年の長野県の梅毒感染30人 33年ぶりの多さ 女性患者増
2018.01.05
梅毒5千人、初めて突破 患者最多は東京 若い女性らに感染拡大
2018.01.04
年始のご挨拶
2017.12.25
「梅毒」急増中の日本、世界は「淋病」制御不能時代を危惧
2017.12.25
今年も記録更新!梅毒の流行が止まらない!
2017.12.21
梅毒患者、全国で急増…主婦・OLにも感染拡大
2017.11.14
梅毒患者過去最多。「身に覚えがない」が最も危険
2017.11.01
梅毒患者 現行統計で年間過去最多の4568人
2017.11.01
梅毒感染、地方でも増加 岡山・熊本は昨年の3倍超
2017.09.22
九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多
2017.09.14
梅毒の患者数 約20年で最も多いペース
2017.09.11
性行為感染症(STD) 性行為以外でうつることも
2017.09.06
梅毒の勢い止まらず、年間5000人突破の恐れも
2017.08.31
「いきなりエイズ」なお3割=HIV感染・発症1448人-昨年厚労省
2017.08.28
過去の性病と侮るな 梅毒、20代女性患者が急増中 国内患者数6年間で7倍超
2017.08.14
広がる梅毒、母子感染も 昨年の報告数 42年ぶりに4000人突破
2017.07.24
ダイヤモンドオンラインの記事について②
2017.07.15
ダイヤモンドオンラインの記事について
2017.06.28
NHKにて梅毒の報道がありましたので抜粋して御案内します
2017.06.15
今年の梅毒患者が2000人超、過去最悪ペースで感染拡大 
2017.06.06
梅毒の届け出数、「多くの地域で増加」 感染研、昨年同時期と比較
2017.04.26
梅毒早くも1000例に
2017.04.21
急増する梅毒感染者、過去最速ペース 把握しておきたいHIV感染との関係
2017.04.13
HIVの郵送検査、10年で3倍超 顔合わせず可能
2017.04.07
梅毒感染者が急増!最速1000人超え 20代女性患者が目立つも「原因は不明」
2017.04.04
梅毒患者1000人超、過去最速で感染拡大
2017.03.31
HIV感染に気付いてない人 推計5800人
2017.01.17
新宿セントラルクリニックの報道について
2017.01.13
梅毒感染、42年ぶり4千人超 20代女性で急増
2017.01.13
梅毒患者4千人超、5年で5倍に…増加要因不明

ここまでが本文です