ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです

予防会からのお知らせや、性感染症(STD)に関するコラムをお届けします。


ここから本文です

2019.07.12

STDを知る

実は多い!トリコモナス感染症!

いきなり、クイズです。

Q.世界で一番流行っている性感染症は何でしょう?

(ヒントは今回のコラムのタイトルです。)

 

A.正解は「トリコモナス感染症」です。(簡単でしたね)

 

先日、この衝撃的なニュースが発表されました。

世界保健機関(WHO)が2016年に15歳~49歳を対象にした調査報告によると、新規の性感染症患者数は、

・トリコモナス感染症が1億5600万人

・クラミジア感染症が1億2700万人

・淋病が8700万人

・梅毒が630万人

なんと、トリコモナス感染症が堂々の1位でした!

これは世界の25人に1人が上記4種類の性感染症のうちの1つに感染しているという数値です。国による差はあるにせよ、世界で毎日約100万人が新規に性感染症に感染していることになります。性感染症と言えば、「クラミジア感染症」、「淋病」というイメージが強いですが、実は日本でも「トリコモナス症」は多いです。

 

<トリコモナス症の原因となる「トリコモナス」の正体は・・・>

(顕微鏡で見たトリコモナス)

トリコモナス(前出Dr画伯) 2019,7,10

トリコモナスは、微生物学的には、菌でもウィルスでもなく、「虫」に分類されています。

もっと詳しく言うと、原虫という寄生虫です。寄生虫というと、「ぎょう虫」や「回虫」、「サナダ虫」が頭に浮かぶと思いますが、そんなに大きくありません。

トリコモナスは、せいぜい0.1mmの大きさで、顕微鏡でやっと見つけられるくらいです。

そして、運動、摂食、消化、代謝、栄養貯蔵、生殖、排泄というように「生き物」としての活動をしています。

ヒトに寄生するトリコモナスは、困ったことに腟や尿道が好きなのです。ちなみに腸が好きなトリコモナスもいますが、こちらはあまり悪さをしません。

<なぜ腟を住みかとするトリコモナスは悪さをするのか?>

腟を住みかにしているトリコモナスはTrichomonas vaginalisという名前です。そのトリコモナスは腟粘膜細胞にあるグリコーゲン(糖)を栄養源として生きています。

健康な女性の腟内には常在菌(正常な菌)であるLactobacillusという乳酸菌がたくさんいて、グリコーゲンから乳酸を作り出し、腟内を酸性に保つことで悪い菌の侵入、繁殖を防いでいます。

ところが、トリコモナスも同じグリコーゲンを栄養源としているので、乳酸菌よりもはるかに大きいトリコモナスに栄養を横取りされると、乳酸菌はどんどん少なくなり、腟内を酸性に保つことができなくなり、悪臭の原因となる嫌気性菌や大腸菌などが腟内へ侵入して繁殖してしまいます。その結果、おりものの増加、かゆみ、悪臭といった症状が強く現れるのです。

<感染経路>

接触感染。すなわちセックスで感染します。

感染予防はコンドームを使用することです。

かつては、性交経験のない女性や幼児に感染者がみられたことから、不衛生な下着やタオルなどからの感染の可能性が考えられていました。しかし、現在の日本はとても衛生的になっているので、例えば、使用済みの下着を使い回すような不衛生なことが無ければ、まずセックス以外の経路からの感染は起こりにくいと言えるでしょう。

<感染から発症までの期間>

平均して、5日~1か月の間に症状が出ることが多く、半年以上経って症状が現れる方もいます。

<症状>

(男性より女性の方に強い症状が現れます)

 

(女性の症状)

■ 外陰部のかゆみ(掻きむしるほどの強烈な痒みを感じる方もいます)

■ 悪臭(魚の腐った臭いなどと言われることがあります)

■ 黄色~緑~淡い灰色の泡立ったようなおりものが増える。

■ 腹痛や発熱などの症状があれば骨盤腹膜炎の可能性があります。放置すると不妊症の原因にもなります。

■ 妊娠中にかかると、早産や早期破水などの原因になります。

■ 約10~20%は無症状の方もいます。

 

(男性の症状)

■ 男性の場合は、50%~75%の方が無症状と言われています。前立腺や精嚢(精子を溜めておく場所)でトリコモナスは増殖するため、前立腺炎や尿道炎を生じます。排尿時の尿道のかゆみや違和感、極めて微量の尿道分泌物を認める方もいます。

■ 10年くらい前は、トリコモナス感染が将来的に前立腺がんのリスクを高めるとの報告が散見されていました。しかし、近年では「トリコモナス感染と前立腺がんとの積極的な関連は無い」との報告が多くなっています。

 

<検査方法>

(男性は女性に比べてトリコモナス原虫の検出が困難でしたが、最新のトリコモナスDNA検査により検出率が上がりました。当院でも実施している検査です!

詳しくは→ https://yoboukai.co.jp/article/333

 

顕微鏡による目視での検査

女性の場合:おりものを採取し、顕微鏡でトリコモナス原虫の活動を観察します。

男性の場合:尿での検出は難しく、分泌物を採取し顕微鏡で観察します。

報告所要日数:即時。

良い点:その場で結果が判明するので、治療をすぐに開始できます。

悪い点:トリコモナスの数が少ない場合は見つけづらい。男性では難しい検査。

 

トリコモナス専用培地での培養検査

女性の場合:おりものを採取し培養して診断します。

男性の場合:尿を培養して診断します。

報告所要日数:3-7日間。

良い点:男性でも検査可能です。

悪い点:結果の判明までに数日(3~7日)かかるため、治療開始が遅れます。

 

トリコモナスDNA検査

女性の場合:おりもの採取で検査できます。

男性の場合:初尿最低3mlで検査できます。

報告所要日数:2~4日間。

良い点:男性でも検査可能です。検出率が高い。

悪い点:結果の判明に2~4日間かかる。

トリコモナス 検査一覧 2019,7,10

<治療>

(男性は自覚症状が無くても、パートナーが感染していれば治療が必要です)

★ トリコモナス 治療 2019,7,10③

上記の治療で90~95%が治ります!

しかし、

★ トリコモナス 治療 2019,7,10④

◆12週未満の妊婦さんは、飲み薬が赤ちゃんに影響するので腟錠だけの治療です。

◆ピンポン感染(自分が治療して治ったのに、治療していないパートナーとの性行為で再感染すること)を防ぐため、パートナーと一緒に同時治療を行うのが良いです。

◆フラジール内服錠の服用中は、飲酒は原則的に禁止です!

(アルコールの作用が強まり、強い腹痛、嘔吐、身体が赤くなるので飲酒は避けてください。)

ピンポン感染 2019,7,10④

<治癒判定>

自覚症状(かゆみ、におい、おりものの量など)の改善と、トリコモナス原虫消失が確認できれば治癒です。

再検査の時期は、トリコモナス原虫は月経中に増殖するため、次回の月経終了後が良いでしょう。

<まとめ>

・不安な性行為後1週間くらいして、おりものの悪臭、色の変化、かゆみが現れやすい。

・男性は半数以上が無症状で気づきにくい。

・女性は顕微鏡の検査ですぐに判定できる。男性はトリコモナスDNA検査で判定。

・男性も女性もフラジール内服錠の服用を原則として、女性は腟錠も併用すると早めに症状は軽減する。

・陽性と判定されたら、ピンポン感染を防ぐためにパートナーと一緒に同時治療する。

・フラジール内服錠の服用中は原則禁酒する。

・自覚症状の改善と次回の月経終了後にトリコモナス原虫の消失の確認をもって治癒と判定する。

・自然に治ることはほとんどないので、気になる症状があれば病院を受診しましょう!

 

★ 前出Dr profile スマフォ

 

人気のコラム 人気のコラム

COLLUMNS

新着情報 新着情報

NEWS

2019.10.15
自分の健康は自分で管理する!自分の身体のことを良く知っておこう!
2019.09.27
消費税引き上げに伴う、サイト内の検査料金の改定ついて
2019.09.13
消費税率引き上げに伴う価格改定のお知らせ
2019.08.13
コラム 梅雨~夏にかけて、あそこがかゆい!!
2019.07.23
2020東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた交通対策実験によるお届けの影響について
2019.07.09
5年で急増、日本人を襲う「梅毒」の意外な実態
2019.06.16
コラム 梅毒は治る病気!そのためには早期診断・早期治療がポイント!
2019.06.14
2019,6,27(木) ~ 2019,7,2(火) の 大阪府、兵庫県 へのお届けについて
2019.06.07
性病に毎日100万人が感染 「感染率下がっていない」 WHO
2019.05.24
コラム掲載
2019.04.01
渋谷クリニック開院のお知らせ
2019.03.04
池袋サテライトクリニック開院のお知らせ
2019.02.20
池袋サテライトクリニックOPENのお知らせ
2018.12.27
年末年始のお知らせ
2018.11.14
18年の梅毒患者が5811人に この20年で最多
2018.10.11
梅毒2年連続5千人台…感染3週間で「しこり」
2018.07.30
若者の新規HIV感染者年間25万人、3分の2は女子:ユニセフが「HIV/エイズ報告書」
2018.06.29
梅毒感染、知らぬ間に 地方都市や若い女子にも広がる
2018.06.15
Web版 定期検査実施証明書デザイン変更のお知らせ
2018.05.31
沖縄の梅毒患者が過去最多 HIV感染者・エイズ患者数は過去3番目の多さ
2018.05.21
エイズ かつて死の病、今は早期発見で治療可能に
2018.05.15
【熊本県感染症情報】梅毒患者増加 県内3人確認
2018.05.07
梅毒患者、県内(埼玉県)は47人に…最多の昨年を超すペース 女性 は20代、男性は40代が多く 早めの受診を
2018.04.17
若い女性の梅毒患者が急増している理由…コンドーム着用でも安心禁物、誰でも感染 のリスク
2018.03.22
HIV感染者と患者「増加傾向変わらず」 福岡県で過去2番目の多さ [福岡県]
2018.03.22
HIV感染、昨年は1407人…すでにエイズ発症していた患者が415人〔読売新聞〕
2018.03.02
HIV感染者と患者が過去2番目の54人に 昨年の福岡市 [福岡県]
2018.01.23
検査結果確認画面リニューアル (スマートフォン・タブレット用)
2018.01.22
梅毒が全国的に流行、特に女性患者が急増
2018.01.18
平成29年の長野県の梅毒感染30人 33年ぶりの多さ 女性患者増
2018.01.05
梅毒5千人、初めて突破 患者最多は東京 若い女性らに感染拡大
2018.01.04
年始のご挨拶
2017.12.25
「梅毒」急増中の日本、世界は「淋病」制御不能時代を危惧
2017.12.25
今年も記録更新!梅毒の流行が止まらない!
2017.12.21
梅毒患者、全国で急増…主婦・OLにも感染拡大
2017.11.14
梅毒患者過去最多。「身に覚えがない」が最も危険
2017.11.01
梅毒患者 現行統計で年間過去最多の4568人
2017.11.01
梅毒感染、地方でも増加 岡山・熊本は昨年の3倍超
2017.09.22
九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多
2017.09.14
梅毒の患者数 約20年で最も多いペース
2017.09.11
性行為感染症(STD) 性行為以外でうつることも
2017.09.06
梅毒の勢い止まらず、年間5000人突破の恐れも
2017.08.31
「いきなりエイズ」なお3割=HIV感染・発症1448人-昨年厚労省
2017.08.28
過去の性病と侮るな 梅毒、20代女性患者が急増中 国内患者数6年間で7倍超
2017.08.14
広がる梅毒、母子感染も 昨年の報告数 42年ぶりに4000人突破
2017.07.24
ダイヤモンドオンラインの記事について②
2017.07.15
ダイヤモンドオンラインの記事について
2017.06.28
NHKにて梅毒の報道がありましたので抜粋して御案内します
2017.06.15
今年の梅毒患者が2000人超、過去最悪ペースで感染拡大 
2017.06.06
梅毒の届け出数、「多くの地域で増加」 感染研、昨年同時期と比較
2017.04.26
梅毒早くも1000例に
2017.04.21
急増する梅毒感染者、過去最速ペース 把握しておきたいHIV感染との関係
2017.04.13
HIVの郵送検査、10年で3倍超 顔合わせず可能
2017.04.07
梅毒感染者が急増!最速1000人超え 20代女性患者が目立つも「原因は不明」
2017.04.04
梅毒患者1000人超、過去最速で感染拡大
2017.03.31
HIV感染に気付いてない人 推計5800人
2017.01.17
新宿セントラルクリニックの報道について
2017.01.13
梅毒感染、42年ぶり4千人超 20代女性で急増
2017.01.13
梅毒患者4千人超、5年で5倍に…増加要因不明

ここまでが本文です