ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです

予防会からのお知らせや、性感染症(STD)に関するコラムをお届けします。


ここから本文です

2019.09.17

特集

避妊効果だけではない低用量ピルの利点

 

来年はオリンピック・パラリンピックyear! 

~避妊効果だけではない低用量ピルの利点~

今月はかた苦しい病気についてのコラムから離れて、ちょっと息抜きです

東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催まであと1年を切りました!
みなさんはどんな競技に関心がありますか?
僕は学生時代に水泳部だったので、見たい競技のひとつは競泳です。女性の身体は水に浮きやすくスピードが出るので、男子と女子の記録の差が比較的少ない競技と言われています。

それはさておき、昨今の女性アスリートの記録更新の陰には、積極的にスポーツに取り組む女性が増えたことがあげられると思います。

柔道、サッカー、重量挙げなど、体力的に厳しい競技に果敢に挑戦する姿を見ていると感動します。同時に、女性アスリートは男性アスリート以上に自身の健康管理に気を付ける必要があるので大変です。
女性は月経(生理)があるために体調の変化が起こりやすいのですが、メンタルもフィジカルもベストな状態で試合に臨まなければならないからです。アスリートに限らず、女性のライフサイクルに大きく関わっているのが女性ホルモンです。女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類のホルモンがあり、言わば「妊娠するために必要なホルモン」です。卵胞ホルモンには卵子の発育と子宮内膜を増殖させる働きがあり、黄体ホルモンには子宮や身体を妊娠に適した状態に維持する働きがあります。
また、月経開始日から排卵までが卵胞期、排卵後から次の月経開始日までを黄体期と言います。卵胞期は身体のむくみも少なくボディーラインが最も美しくなる時期で、生物学的に女性が異性を引き付けて妊娠したい時期と言われています。また、黄体期は妊娠に備えて水分を蓄えるため、身体がむくみ、腸管壁もむくんで動きが悪くなるため便秘になりやすくなります。ちなみに生理前の体重増加はいわゆる水太りなので、脂肪が付いて太るのとは違います。このように、月経周期によって体重が減ったり増えたりするので、月経前は身体が重いと感じたり、だるいと感じても当然なことなのです。

【コラム画像】 ピル 2019,9,12

(引用:月経周期に伴う、身体とこころの変化 http://femaleathletes.jp/pdf/180829_dysmenorrhea.pdfの図)

 

 

2017年ワーキングウーマンのためのイベントで、女子サッカー元日本代表の澤穂希さんが、現役時代に月経周期をコントロールするために「低用量ピル」を服用していたことを明かしました。澤さんは、排卵日には靭帯が緩みやすくけがをしやすいことから、20歳の頃から毎朝基礎体温表を付けて体調管理をおこなっていました。しかし、海外チームへ移籍をしたとき、チームメイトのほとんどが低用量ピルを服用して体調管理をしており、ドーピング検査にも問題ないものを処方してもらっていたとのことでした。
生理痛や試合日の生理を根性で克服することはできないと考えた澤さんは、低用量ピルを服用し、そのおかげで、安心して現役生活を全うできたと話されています。

このように避妊目的以外にも女性にとってたくさんのメリットをもたらす低用量ピルについてお話ししたいと思います。

低用量ピル 2019,9,17

★予防会では数多くの低用量ピルを扱っています。(中用量ピルもあります。)
当院では、ご自身のライフスタイルに合ったピルを無料相談で詳しく説明し、ご提案いたします。

 

・低用量ピルとは?

卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンを合成してできた錠剤で、21錠タイプと28錠タイプがありますが、どちらも実薬(成分の入っている錠剤)は21錠です。
また、実薬のホルモン量がすべて一定のものを一相性ピル、自然のホルモン周期のように3段階で調整しているものを三相性ピルと言います。
低用量よりもさらに女性ホルモンの含有量が少ない超低用量ピル(ULD)もあります。
もっと細かく言うと、避妊向けの保険がきかないお薬(OC)と、月経痛用の保険がきくお薬(LEP)がありますが、ぶっちゃけて言うと含まれている成分はどちらもほとんど変わりません。さらに、LEPには出血が毎月のタイプと3か月に一度のタイプがあります。

 

・低用量ピルの作用は?

低用量ピルを服用すると、血中の女性ホルモンの量が増え、卵巣が女性ホルモンを出しすぎていると脳が錯覚し、「女性ホルモンが過剰なので、休みなさい!」と指令を出すので、卵巣が働きを抑え始めます。これを内分泌学的に「ネガティブフィードバック」と言い、正常な生理学的反応を利用して排卵を抑え込みます。ですから、ピルを飲み忘れると、血中の女性ホルモンの量が減るので、脳が「女性ホルモンが減ってきたぞ!働け!」と指令を出すと、休んでいた卵巣が再稼働して排卵しますので、飲み忘れには注意が必要です。

(ネガティブフィードバックの例)
【画像】ネガティブフィードバックの例 2019,9,17

 

・低用量ピルの効果は?

排卵しなくなるので避妊の効果があります。低用量ピルをきちんと服用した場合、99.7%の避妊効果があります。その他には、月経不順の改善、過多月経の改善、月経前の不快症状であるPMS(月経前症候群)、その重症型であるPMDD(月経前不快気分障害)の改善、肌荒れの改善、月経痛の緩和などの効果があります。また、子宮体癌、卵巣癌、大腸癌のリスクを下げる効果があることもわかっています。
また、応用編として、次回の月経予定を移動させることができるため、試合や旅行、試験などの大事な予定に月経が被らないように調整することができます。しかしながら、試合の間近になって初めてピルを開始してしまうと、吐き気や頭痛などの副作用が出て、逆に困ることになるので要注意です。理想は、2~3か月前に低用量ピルを開始して徐々に身体を慣らして、試合日が近くなった時に月経移動の調整ができればベストでしょう。

(100人の女性が使用1年間で何人妊娠するか=パール指数)

【画像】パール指数(100人、?÷年間) 2019,9,17

 

・低用量ピルの注意点は?

避妊効果に優れていても、コンドームを使用しないSEXにより性感染症になる確率は増加します。クラミジアや淋菌、HIV、子宮頸がんの発症に関わるHPV(ヒトパピローマウイルス)感染もピルでは防げません。ちなみに、HPV感染は低用量ピルの服用期間が長くなるほどリスクは増大しますので、ピルを服用している方は毎年子宮頸がん検診を受けるようにしてください。また、性感染症予防のためにコンドームを使用したSEXを心がけましょう。
飲み合わせに関しては、ドラッグストアの風邪薬、頭痛薬、ビタミン系のサプリメントは問題ありません。特に注意しなければならないのは、精神安定系サプリ「セントジョーンズワート(西洋オトギリソウ)」です。ピルの避妊効果を下げるので飲み合わせNGです。ダイエット系のお茶にも含まれていることがありますので注意が必要です。

 

・低用量ピルの副作用は?

重大な副作用としては、血栓症(血の塊ができて血管が詰まってしまう病気)の発症リスクがあることです。さらに、心筋梗塞や脳梗塞の家系、肥満、高齢、喫煙により血栓症のリスクはもっと上がります。また、手術後などで長期間動けない状態になることでも血栓症のリスクが上がりますので、近々手術を予定している方は、低用量ピルを服用していることを主治医に伝えるようにしてください。

 

・日本における低用量ピルの活用の状況は?

海外の女性アスリートでは、低用量ピルはすでに常識的になっています。では、日本では?となると・・・
スポーツ庁の研究では、国内トップアスリートの月経に関する異常は40%に見られるものの、産婦人科の受診率はわずか26%という低い結果でした。また、欧米のトップアスリートでは83%が低用量ピルを利用しているものの、日本のトップアスリートではわずか2%の利用率という残念な結果でした。アンケートを取ると、低用量ピルを服用することでコンディション・運動パフォーマンスが悪くなると心配している選手が多いことが分かりました。その結果を踏まえて実施した別の調査では、実際に低用量ピルを利用しても、コンディション・運動パフォーマンスの低下には影響しないという結果でした。このように、日本では、ピルの副作用のイメージを強く持っている方が多く、低用量ピルを始めてみようかなとなかなか思えないのかもしれません。産婦人科医においても、スポーツに参加する女性の医学的問題についての取り組みが体制化されつつあり、2017年4月に東京大学医学部女性診療科に「女性アスリート外来」が開設されました。

 

女性に排卵や月経があるのは、妊娠するためなのです。身体がそのように機能するのは正常ですが、実際に毎月妊娠したいと思っている人は少ないでしょう。また、鎮痛剤だけで月経痛を気合いや根性で乗り切るのはもう止めましょう。低用量ピルは、正しく服用すれば安全でメリットの多いお薬です。決して怖いお薬ではありません。スポーツ選手に限らず、自分の月経対策やコンディショニングのために、低用量ピルを活用することを選択肢の一つとして持っておくことで、より快適なライフスタイルを送ることができます。また、低用量ピルは、女性が主体的にできる効果の高い避妊法です。低用量ピルにはいろいろな種類がありますので、まずは、クリニックを受診し、自分の身体やライフスタイルに合った低用量ピルについて医師に相談してみましょう。

 

★ 前出Dr profile スマフォ

 

人気のコラム 人気のコラム

COLLUMNS

新着情報 新着情報

NEWS

2019.12.02
血液の検査セットが新しくなりました
2019.11.15
コラム クラミジアってなんだ?? ~ウィルスのような細菌・クラミジアのワクチン開発~
2019.10.15
自分の健康は自分で管理する!自分の身体のことを良く知っておこう!
2019.09.27
消費税引き上げに伴う、サイト内の検査料金の改定ついて
2019.09.13
消費税率引き上げに伴う価格改定のお知らせ
2019.08.13
コラム 梅雨~夏にかけて、あそこがかゆい!!
2019.07.23
2020東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた交通対策実験によるお届けの影響について
2019.07.09
5年で急増、日本人を襲う「梅毒」の意外な実態
2019.06.16
コラム 梅毒は治る病気!そのためには早期診断・早期治療がポイント!
2019.06.14
2019,6,27(木) ~ 2019,7,2(火) の 大阪府、兵庫県 へのお届けについて
2019.06.07
性病に毎日100万人が感染 「感染率下がっていない」 WHO
2019.05.24
コラム掲載
2019.04.01
渋谷クリニック開院のお知らせ
2019.03.04
池袋サテライトクリニック開院のお知らせ
2019.02.20
池袋サテライトクリニックOPENのお知らせ
2018.12.27
年末年始のお知らせ
2018.11.14
18年の梅毒患者が5811人に この20年で最多
2018.10.11
梅毒2年連続5千人台…感染3週間で「しこり」
2018.07.30
若者の新規HIV感染者年間25万人、3分の2は女子:ユニセフが「HIV/エイズ報告書」
2018.06.29
梅毒感染、知らぬ間に 地方都市や若い女子にも広がる
2018.06.15
Web版 定期検査実施証明書デザイン変更のお知らせ
2018.05.31
沖縄の梅毒患者が過去最多 HIV感染者・エイズ患者数は過去3番目の多さ
2018.05.21
エイズ かつて死の病、今は早期発見で治療可能に
2018.05.15
【熊本県感染症情報】梅毒患者増加 県内3人確認
2018.05.07
梅毒患者、県内(埼玉県)は47人に…最多の昨年を超すペース 女性 は20代、男性は40代が多く 早めの受診を
2018.04.17
若い女性の梅毒患者が急増している理由…コンドーム着用でも安心禁物、誰でも感染 のリスク
2018.03.22
HIV感染者と患者「増加傾向変わらず」 福岡県で過去2番目の多さ [福岡県]
2018.03.22
HIV感染、昨年は1407人…すでにエイズ発症していた患者が415人〔読売新聞〕
2018.03.02
HIV感染者と患者が過去2番目の54人に 昨年の福岡市 [福岡県]
2018.01.23
検査結果確認画面リニューアル (スマートフォン・タブレット用)
2018.01.22
梅毒が全国的に流行、特に女性患者が急増
2018.01.18
平成29年の長野県の梅毒感染30人 33年ぶりの多さ 女性患者増
2018.01.05
梅毒5千人、初めて突破 患者最多は東京 若い女性らに感染拡大
2018.01.04
年始のご挨拶
2017.12.25
「梅毒」急増中の日本、世界は「淋病」制御不能時代を危惧
2017.12.25
今年も記録更新!梅毒の流行が止まらない!
2017.12.21
梅毒患者、全国で急増…主婦・OLにも感染拡大
2017.11.14
梅毒患者過去最多。「身に覚えがない」が最も危険
2017.11.01
梅毒患者 現行統計で年間過去最多の4568人
2017.11.01
梅毒感染、地方でも増加 岡山・熊本は昨年の3倍超
2017.09.22
九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多
2017.09.14
梅毒の患者数 約20年で最も多いペース
2017.09.11
性行為感染症(STD) 性行為以外でうつることも
2017.09.06
梅毒の勢い止まらず、年間5000人突破の恐れも
2017.08.31
「いきなりエイズ」なお3割=HIV感染・発症1448人-昨年厚労省
2017.08.28
過去の性病と侮るな 梅毒、20代女性患者が急増中 国内患者数6年間で7倍超
2017.08.14
広がる梅毒、母子感染も 昨年の報告数 42年ぶりに4000人突破
2017.07.24
ダイヤモンドオンラインの記事について②
2017.07.15
ダイヤモンドオンラインの記事について
2017.06.28
NHKにて梅毒の報道がありましたので抜粋して御案内します
2017.06.15
今年の梅毒患者が2000人超、過去最悪ペースで感染拡大 
2017.06.06
梅毒の届け出数、「多くの地域で増加」 感染研、昨年同時期と比較
2017.04.26
梅毒早くも1000例に
2017.04.21
急増する梅毒感染者、過去最速ペース 把握しておきたいHIV感染との関係
2017.04.13
HIVの郵送検査、10年で3倍超 顔合わせず可能
2017.04.07
梅毒感染者が急増!最速1000人超え 20代女性患者が目立つも「原因は不明」
2017.04.04
梅毒患者1000人超、過去最速で感染拡大
2017.03.31
HIV感染に気付いてない人 推計5800人
2017.01.17
新宿セントラルクリニックの報道について
2017.01.13
梅毒感染、42年ぶり4千人超 20代女性で急増
2017.01.13
梅毒患者4千人超、5年で5倍に…増加要因不明

ここまでが本文です