ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです

予防会からのお知らせや、性感染症(STD)に関するコラムをお届けします。


ここから本文です

2019.11.15

STDを知る

STDを防ぐ

クラミジアってなんだ??  ~ウィルスのような細菌・クラミジアのワクチン開発~

 

今回は、性感染症の中で最も身近なクラミジア感染症についてです!

 

クラミジア感染症は、世界で毎年約1億3100万人が新規に感染すると報告されています。

ちなみ、日本の人口(1億2700万人弱)とほぼ同数ですね・・・。

当院でも、クラミジア感染症の患者さんの割合が最も多く、最近では咽頭クラミジアの割合も増加傾向です。

いわゆる性感染症のクラミジアは、クラミジア目クラミジア科クラミジア属のトラコマティスという名前です。微生物学的にクラミジアの親戚はたくさんいます。しかし、ヒトに対して病原性を持つものは3種類だけです。クラミジア肺炎を起こすクラミジアと性感染症を起こすクラミジアは別の種類になります。

 

 

先日、患者さんから「クラミジアって、なんで何回もかかるんですか!?」と多少怒り気味に質問を受けたことがあります。

 

その答えは、「クラミジアは免疫が成立しにくいから・・・」です。

 

これでは、ちょっと何を言っているのかわからないですね。

 

では、なぜ免疫が成立しにくいのか?

 

ヒトは病原体にさらされると、それに対する「抗体」が身体の中で作られ、白血球が病原体を敵と認識することで、この「抗体」という武器を用いて病原体を排除する、この一連の流れを免疫と言います。

免疫 2019,11,15

しかし、クラミジアは「偏性細胞内寄生細菌」といって、エネルギーの大部分を宿主細胞に依存して、動物の細胞内でしか増殖ができない細菌です。宿主細胞の中で増殖するものというと、ウィルスが思い浮かびますが、クラミジアはウィルスよりも大きく、細胞壁があり、分裂して増殖するなど、特徴はウィルスよりも細菌に似ています。しかも、増殖したクラミジアは、宿主細胞を崩壊して外に放出され、すぐに次の細胞に感染します。

このように、「ウィルスに似た生活環で増殖するけれども正体は細菌」というのがクラミジアであり、その独特な特徴のために免疫が成立しにくいと考えられています。

「免疫が成立しにくい=自然に治ることは難しい・何度も繰り返し感染する。」なのです。

クラミジアの生活環(引用:国立感染症研究所ホームページ) 2019,11,15 - コピー

図. クラミジアの生活環(引用:国立感染症研究所ホームページhttps://idsc.niid.go.jp/idwr/kansen/k01_g3/k01_45/fig2.gif

 

免疫が成立しにくいということは、白血球による攻撃力が弱く、熱や痛みのような炎症症状も軽度ということになります。したがって、あまり自覚症状を伴わずに進行していくのがクラミジア感染症の特徴で、男性では精管や精巣、女性では卵管や腹腔内へ、体の奥の方に忍び寄って慢性的に軽度の炎症を起こし続けるため、不妊の原因になります。

 

このように、クラミジアの免疫が成立しにくい理由について少しおわかりいただけたと思いますが、なんと!このクラミジアに対してワクチンができるかもしれないというニュースが飛び込んできました!

ワクチンとは、来たるべき病原体の感染を予防する目的で、あらかじめ免疫を成立させておくために接種するものです。例えば、インフルエンザウィルスのワクチンが有名ですね。

今までさんざん免疫が成立しにくいと言ってきたように、クラミジアのワクチンを開発することは極めて困難と言われていました。

 

2019年8月に医学雑誌の中で最も権威のある「The Lancet Infectious Disease」に、デンマーク国立血清研究所ワクチン研究センターのFrank Follmann博士らが、「Safety and immunogenicity of the chlamydia vaccine candidate CTH522 adjuvanted with CAF01 liposomes or aluminium hydroxide: a first-in-human, randomised, double-blind, placebo-controlled, phase 1 trial」という論文を発表しました。

 

この論文によると、19~45歳の健康な女性35人を対象に、2種類のクラミジアワクチンのいずれかを接種する群、または、プラセボを接種する群、の3つの群に無作為に割り当てて研究したところ、クラミジアワクチンを接種した全員に、クラミジアに対する抗体の産生が認められました。しかも2種類のクラミジアワクチンのうちの1つは、特に抗体産生能力が優れていることがわかったそうです。

副作用は、注射部位の痛みで、ほとんどが軽症で2~4日で消失し、安全性についても問題が無かったとしています。

性器クラミジア感染症に対するワクチンの安全性と有効性が確認されましたが、ワクチンが製品になって実用化されるまでには、まだまだ時間がかかると言われています。また、ワクチンによって産生されたクラミジア抗体が、果たしてクラミジア感染の予防にどの程度効果があるのかについては、今後のさらなる研究が必要と述べています。

 

免疫が成立しにくいと言われていたクラミジアに対して、ヒトでワクチンを使って抗体を産生することができたということは、クラミジア感染症攻略の大きな第一歩だと思います。

この論文では、女性を対象にしていましたが、男性においても同様の効果があれば、男性にもワクチンを接種することができれば、クラミジア感染症の蔓延を防ぐことになると思います。現在、性感染症予防ワクチンは、B型肝炎ワクチンとHPVワクチンの2種類のみですが、このクラミジアワクチンが3番目のワクチンとして実用化できる日が来ることを期待したいと思います。

注射 2019,11,15 - コピー

男女ともにクラミジア感染症は自覚症状が軽度で、放置していると、菌が身体の奥へ進んでしまい、薬が効きにくくなるだけでなく、将来不妊症になる危険性があります。女性の場合は、クラミジア感染症にかかると子宮外妊娠になる確率が高くなることがわかっています。子宮外妊娠は、お腹の中で大量に出血する場合、命が危険にさらされることがあります。

大切な人と出会い一緒になり赤ちゃんが欲しいと思ったときに、不妊症でさらに治療が必要になる可能性もあるので、不特定多数の方と関係していたり、コンドームを使用しないsexが多い方は、日頃から性感染症検査を定期的に受けるようにして、陽性であれば早めに治療することをお勧めします。

★ 前出Dr profile スマフォ

 

 

人気のコラム 人気のコラム

COLLUMNS

新着情報 新着情報

NEWS

2019.12.02
血液の検査セットが新しくなりました
2019.11.15
コラム クラミジアってなんだ?? ~ウィルスのような細菌・クラミジアのワクチン開発~
2019.10.15
自分の健康は自分で管理する!自分の身体のことを良く知っておこう!
2019.09.27
消費税引き上げに伴う、サイト内の検査料金の改定ついて
2019.09.13
消費税率引き上げに伴う価格改定のお知らせ
2019.08.13
コラム 梅雨~夏にかけて、あそこがかゆい!!
2019.07.23
2020東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた交通対策実験によるお届けの影響について
2019.07.09
5年で急増、日本人を襲う「梅毒」の意外な実態
2019.06.16
コラム 梅毒は治る病気!そのためには早期診断・早期治療がポイント!
2019.06.14
2019,6,27(木) ~ 2019,7,2(火) の 大阪府、兵庫県 へのお届けについて
2019.06.07
性病に毎日100万人が感染 「感染率下がっていない」 WHO
2019.05.24
コラム掲載
2019.04.01
渋谷クリニック開院のお知らせ
2019.03.04
池袋サテライトクリニック開院のお知らせ
2019.02.20
池袋サテライトクリニックOPENのお知らせ
2018.12.27
年末年始のお知らせ
2018.11.14
18年の梅毒患者が5811人に この20年で最多
2018.10.11
梅毒2年連続5千人台…感染3週間で「しこり」
2018.07.30
若者の新規HIV感染者年間25万人、3分の2は女子:ユニセフが「HIV/エイズ報告書」
2018.06.29
梅毒感染、知らぬ間に 地方都市や若い女子にも広がる
2018.06.15
Web版 定期検査実施証明書デザイン変更のお知らせ
2018.05.31
沖縄の梅毒患者が過去最多 HIV感染者・エイズ患者数は過去3番目の多さ
2018.05.21
エイズ かつて死の病、今は早期発見で治療可能に
2018.05.15
【熊本県感染症情報】梅毒患者増加 県内3人確認
2018.05.07
梅毒患者、県内(埼玉県)は47人に…最多の昨年を超すペース 女性 は20代、男性は40代が多く 早めの受診を
2018.04.17
若い女性の梅毒患者が急増している理由…コンドーム着用でも安心禁物、誰でも感染 のリスク
2018.03.22
HIV感染者と患者「増加傾向変わらず」 福岡県で過去2番目の多さ [福岡県]
2018.03.22
HIV感染、昨年は1407人…すでにエイズ発症していた患者が415人〔読売新聞〕
2018.03.02
HIV感染者と患者が過去2番目の54人に 昨年の福岡市 [福岡県]
2018.01.23
検査結果確認画面リニューアル (スマートフォン・タブレット用)
2018.01.22
梅毒が全国的に流行、特に女性患者が急増
2018.01.18
平成29年の長野県の梅毒感染30人 33年ぶりの多さ 女性患者増
2018.01.05
梅毒5千人、初めて突破 患者最多は東京 若い女性らに感染拡大
2018.01.04
年始のご挨拶
2017.12.25
「梅毒」急増中の日本、世界は「淋病」制御不能時代を危惧
2017.12.25
今年も記録更新!梅毒の流行が止まらない!
2017.12.21
梅毒患者、全国で急増…主婦・OLにも感染拡大
2017.11.14
梅毒患者過去最多。「身に覚えがない」が最も危険
2017.11.01
梅毒患者 現行統計で年間過去最多の4568人
2017.11.01
梅毒感染、地方でも増加 岡山・熊本は昨年の3倍超
2017.09.22
九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多
2017.09.14
梅毒の患者数 約20年で最も多いペース
2017.09.11
性行為感染症(STD) 性行為以外でうつることも
2017.09.06
梅毒の勢い止まらず、年間5000人突破の恐れも
2017.08.31
「いきなりエイズ」なお3割=HIV感染・発症1448人-昨年厚労省
2017.08.28
過去の性病と侮るな 梅毒、20代女性患者が急増中 国内患者数6年間で7倍超
2017.08.14
広がる梅毒、母子感染も 昨年の報告数 42年ぶりに4000人突破
2017.07.24
ダイヤモンドオンラインの記事について②
2017.07.15
ダイヤモンドオンラインの記事について
2017.06.28
NHKにて梅毒の報道がありましたので抜粋して御案内します
2017.06.15
今年の梅毒患者が2000人超、過去最悪ペースで感染拡大 
2017.06.06
梅毒の届け出数、「多くの地域で増加」 感染研、昨年同時期と比較
2017.04.26
梅毒早くも1000例に
2017.04.21
急増する梅毒感染者、過去最速ペース 把握しておきたいHIV感染との関係
2017.04.13
HIVの郵送検査、10年で3倍超 顔合わせず可能
2017.04.07
梅毒感染者が急増!最速1000人超え 20代女性患者が目立つも「原因は不明」
2017.04.04
梅毒患者1000人超、過去最速で感染拡大
2017.03.31
HIV感染に気付いてない人 推計5800人
2017.01.17
新宿セントラルクリニックの報道について
2017.01.13
梅毒感染、42年ぶり4千人超 20代女性で急増
2017.01.13
梅毒患者4千人超、5年で5倍に…増加要因不明

ここまでが本文です