ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです

予防会からのお知らせや、性感染症(STD)に関するコラムをお届けします。


ここから本文です

2021.10.18

STDを知る

最も多い性器感染症であり、約半数で再発する細菌性膣症

おりものに異常を感じた場合、最も可能性が高いのは、実はおりもの異常の原因の半分を占める細菌性膣症です。しかも正しい診断検査がされないことが多く、約半数で再発があり、根治が困難です。予防会では、この状況を打破するために新たな治療法の開発まで行っています。これらについて説明していきます。

細菌性膣症について

 

実は、膣の中は腸と同じように、様々な細菌が生息しています。通常、乳酸菌という善玉細菌が多い状態となっており、この場合では何も問題がありません。乳酸菌が減少し、特にガードネレラ・バギナリスという細菌が増加すると、様々な臨床症状を引き起こすこととなり、細菌性膣症と呼ばれる状況になります。

なんと、18-45歳の女性において、20-30%が細菌性膣症に罹患していると報告されています(1)。さらに、おりもの異常を来す疾患のなかで一番多い原因で、約半数を占めるのが細菌性膣症であり(2)、実は女性にとって最も身近な性器の感染症です。

 

細菌性膣症の症状

 

細菌性膣症を発症している人の約半数は無症状です(3)。約半数では、外陰膣カンジダ症のように強い外陰膣部の症状を引き起こし、オフホワイト色のおりもの、生臭い匂いを呈します。一般的には膣のかゆみや発赤には関与しないと言われていて、これらがあるときはカンジダも混合感染している可能性があります。

また、厄介なのは、細菌性膣症が、単純ヘルペス、淋菌、クラミジア、トリコモナス感染のリスク因子となることです。細菌性膣症を発症していると、これらの性感染症にかかりやすくなってしまいます。さらに、妊婦さんで細菌性膣症を発症していると、絨毛膜羊膜炎、低出生体重児、産褥子宮内膜炎といった出産時のトラブルを引き起こしやすくなります。

診断には本来、顕微鏡検査によって確定診断を行わないといけません。しかし、多くの病院では、手間がかかることから臨床症状だけで診断・治療が行われているのが実情です。ある大学病院において、臨床症状のみで診断が行われていて、顕微鏡検査による確定診断で見直してみると、30%の患者が細菌性膣症を見過ごされ、23%の患者が細菌性膣症ではなかったという報告があります(4)。

最も多い性器感染症であり、陰部の不快感だけでなく、様々な疾患のリスク要因となる細菌性膣症こそ正しく診断・治療する必要があります。おりものに異常を感じた場合、最も可能性が高いのは、おりもの異常の原因の半分を占める細菌性膣症であることから、細菌性膣症を正しく診断できる医療機関での受診をオススメします。

 

細菌性膣症の治療

 

細菌性膣症の症状を緩和したい場合には、薬物治療が必要です。薬物治療にはメトロニダゾール、クリンダマイシン、それぞれに内服、膣錠がありますが、それぞれ1週間程度の治療で高い治癒効果を同等に認めます(5)。したがって、患者さんの好みで選択するのが良いと思われます。内服の場合は用量が多くなるため、膣錠の方が良いかもしれません。

症状がない場合の治療については議論があります。無症状の場合は数カ月かけて自然治癒していくことが多く、また薬物治療によって副作用として外陰膣カンジダ症を発症してしまうことがあるので治療を推奨しないという立場がある一方、他の性感染症感染リスクを下げるために治療を推奨する立場もあります。妊娠している場合は、無症状の場合でも出産のトラブルを考えると治療が望ましいとも思われますが、実は、明確なエビデンスがなく、推奨とはなっていません。

また、細菌性膣症の一番厄介なことは再発が非常に多いことです。1回の治療で十分に治癒はしますが、1年以内に約半数の人が再発します(6)。原因としては、主要な原因菌であるガードネレラ・バギナリスがバイオフィルムというものを形成しているため、現状の薬物治療では根治出来ないためと言われています(7)。一応、再発抑制療法と呼ばれる、週2回膣錠を継続する方法がありますが、継続し続ける必要があり、不便さのある治療です。

 

予防会の取り組み(ファージセラピー)

 

現状の再発防止が困難な細菌性膣症に対して、予防会として新たな治療を開発しようとしています。近年、感染症治療として主役だった抗菌薬と呼ばれる薬物が耐性菌により限界を迎えており、バクテリオファージという、細菌を殺菌できる生物による治療(ファージセラピー)が注目を浴びています。国外では臨床応用もされたりしていますが、新しいものに慎重な日本の姿勢が影響しているのか、国内では全く臨床応用されていません。バクテリオファージはバイオフィルムを根絶できるため(8)、細菌性膣症を根治出来る可能性があり、細菌性膣症患者さんにバクテリオファージを膣内投与する治療の実現を目指しています。バクテリオファージは副作用を引き起こさないことは証明されていますが(9)、膣内投与は、血中投与や内服に比べると、より安全であることから、国内初のファージセラピーが予防会から可能になるかもしれません。今後、開発に向けて、予防会へ来院される患者さんにご協力をお願いすることもあるかと思います。もちろん任意ですので、もしご協力可能な方がいらっしゃればご検討いただければと思います。

 

まとめ

 

細菌性膣症は最も多い性器感染症であり、診断には顕微鏡検査が必要だが、ほとんど行われていない→顕微鏡検査で細菌性膣症を診断している医療機関での検査をオススメ

 

1) Peebles K, Velloza J, Balkus JE, McClelland RS, Barnabas RV. High Global Burden and Costs of Bacterial Vaginosis: A Systematic Review and Meta-Analysis. Sex Transm Dis. 2019 May;46(5):304-311.

2) Morris M, Nicoll A, Simms I, Wilson J, Catchpole M. Bacterial vaginosis: a public health review. BJOG. 2001 May;108(5):439-50.

3) Klebanoff MA, Schwebke JR, Zhang J, Nansel TR, Yu KF, Andrews WW. Vulvovaginal symptoms in women with bacterial vaginosis. Obstet Gynecol. 2004 Aug;104(2):267-72.

4) Hillier SL, Austin M, Macio I, Meyn LA, Badway D, Beigi R. Diagnosis and Treatment of Vaginal Discharge Syndromes in Community Practice Settings. Clin Infect Dis. 2021 May 4;72(9):1538-1543.

5) METROGEL – metronidazole gel. US Food and Drug Administration (FDA) approved product information. Revised March 2011. US National Library of Medicine. Available at: https://dailymed.nlm.nih.gov/dailymed/index.cfm (Accessed on June 28, 2021).

6) Bradshaw CS, Morton AN, Hocking J, Garland SM, Morris MB, Moss LM, Horvath LB, Kuzevska I, Fairley CK. High recurrence rates of bacterial vaginosis over the course of 12 months after oral metronidazole therapy and factors associated with recurrence. J Infect Dis. 2006 Jun 1;193(11):1478-86.

7) Swidsinski A, Mendling W, Loening-Baucke V, Swidsinski S, Dörffel Y, Scholze J, Lochs H, Verstraelen H. An adherent Gardnerella vaginalis biofilm persists on the vaginal epithelium after standard therapy with oral metronidazole. Am J Obstet Gynecol. 2008 Jan;198(1):97.e1-6.

8) Kelly D, McAuliffe O, Ross RP, Coffey A. Prevention of Staphylococcus aureus biofilm formation and reduction in established biofilm density using a combination of phage K and modified derivatives. Lett Appl Microbiol. 2012 Apr;54(4):286-91.

9) Caflisch KM, Suh GA, Patel R. Biological challenges of phage therapy and proposed solutions: a literature review. Expert Rev Anti Infect Ther. 2019 Dec;17(12):1011-1041.

 

 

性感染症が不安な方へ

性感染症は、早期発見と正しい治療が大切です。
予防会の郵送検査キットなら、保険証不要・匿名で誰にも知られずに性感染症の検査を受けることができます。お時間がない方や病院に行くのは抵抗があるという方などは、ぜひ予防会の郵送検査キットをご活用ください。

 

https://twitter.com/yoboukai

 

【関連コラム】

①  梅雨~夏にかけて、あそこがかゆい!!

 

② イカ臭い原因!?これが謎の病気、細菌性腟症だ!!

 

③ くり返す外陰腟カンジダ症の原因は、ある習慣が関係しているかもしれません。

 

④ 間違って自己診断してしまうことも多く、意外と複雑な性器カンジダ症

 

人気のコラム 人気のコラム

COLUMNS

新着情報 新着情報

NEWS

2021.07.20
「東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会」の開催に伴う、商品お届けの影響について
2021.07.15
コラム 治療薬が効きにくくなり、将来治癒不可能になるかもしれない淋菌感染症
2021.03.18
HIV検査数が半減、コロナ拡大でためらいも「感染者を把握できていない可能性」
2021.02.18
コラム ある美容施術のお陰で減っている?性感染症:ケジラミ症
2021.02.01
【新型コロナウイルス検査物搬送のための3重包装】
2021.01.15
コラム くり返す外陰腟カンジダ症の原因は、ある習慣が関係しているかもしれません
2021.01.04
年始のご挨拶
2020.12.15
コラム 性器と咽頭のマイコプラズマ・ウレアプラズマ保菌率調査結果について
2020.11.16
コラム HIV感染症とAIDSについて
2020.10.15
コラム 淋しい病気と書く淋病(淋菌感染症)について
2020.09.14
コラム AYA世代に多いがん:子宮頸がんとHPV検査
2020.09.11
新型コロナウイルスの影響による、郵送物などの遅延の可能性について
2020.06.15
コラム 低用量ピルの効能と副作用について知っておこう。
2020.05.16
新型コロナウイルス抗体検査開始のご案内
2020.05.15
コラム メンズヘルスについて (LOH症候群をご存知ですか?)
2020.05.01
オンライン診療開始のお知らせ
2020.04.06
春は健康診断の季節!
2020.03.15
コラム「性器ヘルペスについて~性器ヘルペスの治療は、最初が肝心・再発はコントロールできる~」
2020.01.15
コラム「近年治療が進歩した尖圭コンジローマ」
2020.01.06
年始のご挨拶
2019.12.23
年末年始休業のお知らせ
2019.12.16
コラム「ありふれたウィルス:ヒトパピローマウィルス(HPV)について知っておこう」
2019.12.02
血液の検査セットが新しくなりました
2019.11.15
コラム クラミジアってなんだ?? ~ウィルスのような細菌・クラミジアのワクチン開発~
2019.10.15
自分の健康は自分で管理する!自分の身体のことを良く知っておこう!
2019.09.27
消費税引き上げに伴う、サイト内の検査料金の改定ついて
2019.09.13
消費税率引き上げに伴う価格改定のお知らせ
2019.08.13
コラム 梅雨~夏にかけて、あそこがかゆい!!
2019.07.23
2020東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた交通対策実験によるお届けの影響について
2019.07.09
5年で急増、日本人を襲う「梅毒」の意外な実態
2019.06.16
コラム 梅毒は治る病気!そのためには早期診断・早期治療がポイント!
2019.06.14
2019,6,27(木) ~ 2019,7,2(火) の 大阪府、兵庫県 へのお届けについて
2019.06.07
性病に毎日100万人が感染 「感染率下がっていない」 WHO
2019.05.24
コラム掲載
2019.04.01
渋谷クリニック開院のお知らせ
2019.03.04
池袋サテライトクリニック開院のお知らせ
2019.02.20
池袋サテライトクリニックOPENのお知らせ
2018.12.27
年末年始のお知らせ
2018.11.14
18年の梅毒患者が5811人に この20年で最多
2018.10.11
梅毒2年連続5千人台…感染3週間で「しこり」
2018.07.30
若者の新規HIV感染者年間25万人、3分の2は女子:ユニセフが「HIV/エイズ報告書」
2018.06.29
梅毒感染、知らぬ間に 地方都市や若い女子にも広がる
2018.06.15
Web版 定期検査実施証明書デザイン変更のお知らせ
2018.05.31
沖縄の梅毒患者が過去最多 HIV感染者・エイズ患者数は過去3番目の多さ
2018.05.21
エイズ かつて死の病、今は早期発見で治療可能に
2018.05.15
【熊本県感染症情報】梅毒患者増加 県内3人確認
2018.05.07
梅毒患者、県内(埼玉県)は47人に…最多の昨年を超すペース 女性 は20代、男性は40代が多く 早めの受診を
2018.04.17
若い女性の梅毒患者が急増している理由…コンドーム着用でも安心禁物、誰でも感染 のリスク
2018.03.22
HIV感染者と患者「増加傾向変わらず」 福岡県で過去2番目の多さ [福岡県]
2018.03.22
HIV感染、昨年は1407人…すでにエイズ発症していた患者が415人〔読売新聞〕
2018.03.02
HIV感染者と患者が過去2番目の54人に 昨年の福岡市 [福岡県]
2018.01.23
検査結果確認画面リニューアル (スマートフォン・タブレット用)
2018.01.22
梅毒が全国的に流行、特に女性患者が急増
2018.01.18
平成29年の長野県の梅毒感染30人 33年ぶりの多さ 女性患者増
2018.01.05
梅毒5千人、初めて突破 患者最多は東京 若い女性らに感染拡大
2018.01.04
年始のご挨拶
2017.12.25
「梅毒」急増中の日本、世界は「淋病」制御不能時代を危惧
2017.12.25
今年も記録更新!梅毒の流行が止まらない!
2017.12.21
梅毒患者、全国で急増…主婦・OLにも感染拡大
2017.11.14
梅毒患者過去最多。「身に覚えがない」が最も危険
2017.11.01
梅毒患者 現行統計で年間過去最多の4568人
2017.11.01
梅毒感染、地方でも増加 岡山・熊本は昨年の3倍超
2017.09.22
九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多
2017.09.14
梅毒の患者数 約20年で最も多いペース
2017.09.11
性行為感染症(STD) 性行為以外でうつることも
2017.09.06
梅毒の勢い止まらず、年間5000人突破の恐れも
2017.08.31
「いきなりエイズ」なお3割=HIV感染・発症1448人-昨年厚労省
2017.08.28
過去の性病と侮るな 梅毒、20代女性患者が急増中 国内患者数6年間で7倍超
2017.08.14
広がる梅毒、母子感染も 昨年の報告数 42年ぶりに4000人突破
2017.07.24
ダイヤモンドオンラインの記事について②
2017.07.15
ダイヤモンドオンラインの記事について
2017.06.28
NHKにて梅毒の報道がありましたので抜粋して御案内します
2017.06.15
今年の梅毒患者が2000人超、過去最悪ペースで感染拡大 
2017.06.06
梅毒の届け出数、「多くの地域で増加」 感染研、昨年同時期と比較
2017.04.26
梅毒早くも1000例に
2017.04.21
急増する梅毒感染者、過去最速ペース 把握しておきたいHIV感染との関係
2017.04.13
HIVの郵送検査、10年で3倍超 顔合わせず可能
2017.04.07
梅毒感染者が急増!最速1000人超え 20代女性患者が目立つも「原因は不明」
2017.04.04
梅毒患者1000人超、過去最速で感染拡大
2017.03.31
HIV感染に気付いてない人 推計5800人
2017.01.17
新宿セントラルクリニックの報道について
2017.01.13
梅毒感染、42年ぶり4千人超 20代女性で急増
2017.01.13
梅毒患者4千人超、5年で5倍に…増加要因不明

ここまでが本文です