ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです

予防会からのお知らせや、性感染症(STD)に関するコラムをお届けします。


ここから本文です

2021.12.15

STDを防ぐ

早期発見・治療が非常に重要なHIV/AIDS

性感染症のなかで、昔と比べて最も治療が進歩したのがHIV/AIDSであり、致死性の病気ではなくなりました。しかし、治療の恩恵を十分に受けるには早期発見が重要です。早期発見・治療の重要性などについて説明していきます。

HIV/AIDSについて

HIVは、「ヒト免疫不全ウイルス」というウイルスのことを指します。HIVは、まず間質性樹状細胞と呼ばれる白血球に感染することで、ヒトの体内に侵入します。間質性樹状細胞は粘膜に豊富に存在し、粘膜が露出しているのは性器であるため、性器が直接接触することで感染します(1)。その後CD4+T細胞という白血球に感染し、どんどんその細胞の数を減らしていきます。CD4+T細胞は免疫において非常に重要な白血球であり、数が減っていくことで免疫が機能しなくなります。その結果として、通常は感染しないような病気にかかるようになってしまい、その状態を「後天性免疫不全症候群」、AIDSと呼びます。

HIV2

 

HIV/AIDSの症状

HIV感染者のなかで、40-90%で急性レトロウイルス症候群を呈します。しかし、残りは無症状のまま、免疫低下が進行していきます。急性レトロウイルス症候群が出現する場合、HIV感染から症状出現まで2~4週間であることが多いですが、10カ月に及ぶこともあります(2)。急性レトロウイルス症候群は、発熱、リンパ節腫脹、咽頭痛、発疹、筋肉痛・関節痛、下痢、体重減少、頭痛などであり、通常の風邪と見分けがつきにくいですが、特徴的な症状として痛みを伴う粘膜皮膚潰瘍を呈することがあります。痛みを伴う粘膜皮膚潰瘍症状と風邪症状がみられる場合は、急性レトロウイルス症候群を疑う必要があります(3)。

 

AIDSへと進行すると、口腔・食道カンジダ症により口の中が白く痛くなったり、クリプトスポリジウムという原虫による激しく治りにくい下痢などが引き起こります。他にも免疫機能が低下することにより発症する病気が「AIDS指標疾患」として挙げられており、それらの病気の症状を呈するようになります。

HIV4

 

HIV/AIDSの検査

HIV感染の検査としては、まずは感度の高い、ELISAと呼ばれる方法を用いたHIVスクリーニング検査を行います。かつてのHIVスクリーニング検査はHIV感染後に陽性と判定するまで2カ月程度かかっていましたが、改良が進められ、現在、第4世代と呼ばれる検査法では、HIV感染から1か月以内に陽性と判定できるようになりました。この方法は感度(感染者を正しく陽性と判断できる割合)が高い一方、偽陽性(感染していないのに陽性と判定してしまう)も多くなります。HIVスクリーニング検査で陽性でとても落ち込んで来院される方もいますが、偽陽性であることも多いので、気にしすぎず、確定検査へ進んでください。

 

確定検査は、確認試験HIV抗体検査(ウエスタンブロット法)やHIVウイルス核酸増幅検査(RT-PCR法)などで行われます。また、HIVウイルス核酸増幅検査(RT-PCR法)の方がHIVスクリーニング検査より先に陽性となることから、感染機会があり、急性レトロウイルス症候群を呈している場合は、HIVウイルス核酸増幅検査(RT-PCR法)をHIVスクリーニング検査と同時に行うことも検討されます。HIVと他の性感染症が同時に感染することも多く、特に梅毒は同時感染が多いです。そのため、梅毒患者さんにおいては、HIV感染の検査を行うことが推奨されます。

 

HIV/AIDSの治療

かつてHIV感染はAIDSへと至り、死に至る病でした。しかし、抗レトロウイルス治療の出現、進歩により、HIV感染患者の生存率は健常人と大差がないようになりました。

 

治療効果を上げるためには、HIV感染後、出来るだけ早期に治療を開始することが非常に重要です。ある報告では、HIV感染から4カ月以内に治療を開始した群が、それ以降に開始した群に比べて、CD4+細胞数を正常レベルで維持していた割合が多かったと示されています(4)。そのほかにも12カ月以内に治療を開始することで、97%でHIVウイルスの検出不能を達成したという報告もあります(5)。早期に治療を開始することで、HIVウイルス減少・CD4+細胞の維持による、免疫機能の維持・AIDS発症抑制を達成できます。HIV感染の段階では症状がないことも多いことから、定期的な検査を行い、早期発見を心がけることが望まれます。

 

まとめ

HIV感染は症状がないことも多く、早期発見・治療が何よりも大事→定期的な検査をオススメ

 

 

1) Kahn JO, Walker BD. Acute human immunodeficiency virus type 1 infection. N Engl J Med. 1998 Jul 2;339(1):33-9.
2) Ridzon R, Gallagher K, Ciesielski C, Ginsberg MB, Robertson BJ, Luo CC, DeMaria A Jr. Simultaneous transmission of human immunodeficiency virus and hepatitis C virus from a needle-stick injury. N Engl J Med. 1997 Mar 27;336(13):919-22.
3) Gaines H, von Sydow M, Pehrson PO, Lundbegh P. Clinical picture of primary HIV infection presenting as a glandular-fever-like illness. BMJ. 1988 Nov 26;297(6660):1363-8.
4) Le T, Wright EJ, Smith DM, He W, Catano G, Okulicz JF, Young JA, Clark RA, Richman DD, Little SJ, Ahuja SK. Enhanced CD4+ T-cell recovery with earlier HIV-1 antiretroviral therapy. N Engl J Med. 2013 Jan 17;368(3):218-30.
5) Kassutto S, Maghsoudi K, Johnston MN, Robbins GK, Burgett NC, Sax PE, Cohen D, Pae E, Davis B, Zachary K, Basgoz N, D’agata EM, DeGruttola V, Walker BD, Rosenberg ES. Longitudinal analysis of clinical markers following antiretroviral therapy initiated during acute or early HIV type 1 infection. Clin Infect Dis. 2006 Apr 1;42(7):1024-31.

 

【関連病気】

HIV 詳細説明を確認する

【関連コラム】

① 2020,11【HIV】HIV感染症とAIDSについて 

② 2019,5【梅毒】日本で感染者急増中の梅毒って、なに?! 

③ 2019,6【梅毒】梅毒は治る病気!そのためには早期診断・早期治療がポイント! 

④ 2021,11【梅毒】診断・治療ともに難しい梅毒 

 

【YouTube動画】

予防会YouTube HIVとAIDSについて

 

【関連検査キット】

********************************************************************************************

🔰はじめてをサポートキャンペーン

はじめての検査セット(女性用) ≫

はじめての検査セット(男性用) ≫

********************************************************************************************

特におすすめセット

女性セットA+のど ≫

男性セットA+のど ≫

HIV(抗原抗体検査) ≫

********************************************************************************************

【HIV検査が入った男性のセット】へ移動≫

【HIV検査が入った女性のセット】へ移動≫

********************************************************************************************

予防会コラム:監修医師紹介 医療法人社団予防会 新宿サテライトクリニック 院長 北岡一樹 「予防会新宿サテライトクリニックで性感染症の診療に取り組みつつ、早稲田大学で性感染症中心に新たな治療法の研究も行っています。 診療、研究両面から、性感染症でお困りの皆様のお役に立てるよう 精進しています。お気軽にご来院ください。」

 

 

性感染症が不安な方へ

性感染症は、早期発見と正しい治療が大切です。
予防会なら、保険証不要・匿名で誰にも知られずに性感染症の検査を受けることができます。全国のクリニックでも検査が可能ですし、お時間がない方や病院に行くのは抵抗があるという方は、郵送検査キットをご活用いただくのもオススメです。

予防会では、はじめて検査を受ける方に向けて、わかりやすくマンガで解説しています。是非ご覧ください。

マンガでわかるはじめての性病検査

 

https://twitter.com/yoboukai

 

 

 

人気のコラム 人気のコラム

COLUMNS

新着情報 新着情報

NEWS

2022.05.17
コラム 世間的認知は低いが、淋菌と同等の有病率で不妊・がん・早産の原因となる、危険なトリコモナス性感染症
2022.02.15
コラム 日本でも世界的コンセンサスに準じることとなったHPVワクチンについて
2022.01.31
新機能リリースのお知らせ
2021.07.20
「東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会」の開催に伴う、商品お届けの影響について
2021.07.15
コラム 治療薬が効きにくくなり、将来治癒不可能になるかもしれない淋菌感染症
2021.03.18
HIV検査数が半減、コロナ拡大でためらいも「感染者を把握できていない可能性」
2021.02.18
コラム ある美容施術のお陰で減っている?性感染症:ケジラミ症
2021.02.01
【新型コロナウイルス検査物搬送のための3重包装】
2021.01.15
コラム くり返す外陰腟カンジダ症の原因は、ある習慣が関係しているかもしれません
2021.01.04
年始のご挨拶
2020.12.15
コラム 性器と咽頭のマイコプラズマ・ウレアプラズマ保菌率調査結果について
2020.11.16
コラム HIV感染症とAIDSについて
2020.10.15
コラム 淋しい病気と書く淋病(淋菌感染症)について
2020.09.14
コラム AYA世代に多いがん:子宮頸がんとHPV検査
2020.09.11
新型コロナウイルスの影響による、郵送物などの遅延の可能性について
2020.06.15
コラム 低用量ピルの効能と副作用について知っておこう。
2020.05.16
新型コロナウイルス抗体検査開始のご案内
2020.05.15
コラム メンズヘルスについて (LOH症候群をご存知ですか?)
2020.05.01
オンライン診療開始のお知らせ
2020.04.06
春は健康診断の季節!
2020.03.15
コラム「性器ヘルペスについて~性器ヘルペスの治療は、最初が肝心・再発はコントロールできる~」
2020.01.15
コラム「近年治療が進歩した尖圭コンジローマ」
2020.01.06
年始のご挨拶
2019.12.23
年末年始休業のお知らせ
2019.12.16
コラム「ありふれたウィルス:ヒトパピローマウィルス(HPV)について知っておこう」
2019.12.02
血液の検査セットが新しくなりました
2019.11.15
コラム クラミジアってなんだ?? ~ウィルスのような細菌・クラミジアのワクチン開発~
2019.10.15
自分の健康は自分で管理する!自分の身体のことを良く知っておこう!
2019.09.27
消費税引き上げに伴う、サイト内の検査料金の改定ついて
2019.09.13
消費税率引き上げに伴う価格改定のお知らせ
2019.08.13
コラム 梅雨~夏にかけて、あそこがかゆい!!
2019.07.23
2020東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた交通対策実験によるお届けの影響について
2019.07.09
5年で急増、日本人を襲う「梅毒」の意外な実態
2019.06.16
コラム 梅毒は治る病気!そのためには早期診断・早期治療がポイント!
2019.06.14
2019,6,27(木) ~ 2019,7,2(火) の 大阪府、兵庫県 へのお届けについて
2019.06.07
性病に毎日100万人が感染 「感染率下がっていない」 WHO
2019.05.24
コラム掲載
2019.04.01
渋谷クリニック開院のお知らせ
2019.03.04
池袋サテライトクリニック開院のお知らせ
2019.02.20
池袋サテライトクリニックOPENのお知らせ
2018.12.27
年末年始のお知らせ
2018.11.14
18年の梅毒患者が5811人に この20年で最多
2018.10.11
梅毒2年連続5千人台…感染3週間で「しこり」
2018.07.30
若者の新規HIV感染者年間25万人、3分の2は女子:ユニセフが「HIV/エイズ報告書」
2018.06.29
梅毒感染、知らぬ間に 地方都市や若い女子にも広がる
2018.06.15
Web版 定期検査実施証明書デザイン変更のお知らせ
2018.05.31
沖縄の梅毒患者が過去最多 HIV感染者・エイズ患者数は過去3番目の多さ
2018.05.21
エイズ かつて死の病、今は早期発見で治療可能に
2018.05.15
【熊本県感染症情報】梅毒患者増加 県内3人確認
2018.05.07
梅毒患者、県内(埼玉県)は47人に…最多の昨年を超すペース 女性 は20代、男性は40代が多く 早めの受診を
2018.04.17
若い女性の梅毒患者が急増している理由…コンドーム着用でも安心禁物、誰でも感染 のリスク
2018.03.22
HIV感染者と患者「増加傾向変わらず」 福岡県で過去2番目の多さ [福岡県]
2018.03.22
HIV感染、昨年は1407人…すでにエイズ発症していた患者が415人〔読売新聞〕
2018.03.02
HIV感染者と患者が過去2番目の54人に 昨年の福岡市 [福岡県]
2018.01.23
検査結果確認画面リニューアル (スマートフォン・タブレット用)
2018.01.22
梅毒が全国的に流行、特に女性患者が急増
2018.01.18
平成29年の長野県の梅毒感染30人 33年ぶりの多さ 女性患者増
2018.01.05
梅毒5千人、初めて突破 患者最多は東京 若い女性らに感染拡大
2018.01.04
年始のご挨拶
2017.12.25
「梅毒」急増中の日本、世界は「淋病」制御不能時代を危惧
2017.12.25
今年も記録更新!梅毒の流行が止まらない!
2017.12.21
梅毒患者、全国で急増…主婦・OLにも感染拡大
2017.11.14
梅毒患者過去最多。「身に覚えがない」が最も危険
2017.11.01
梅毒患者 現行統計で年間過去最多の4568人
2017.11.01
梅毒感染、地方でも増加 岡山・熊本は昨年の3倍超
2017.09.22
九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多
2017.09.14
梅毒の患者数 約20年で最も多いペース
2017.09.11
性行為感染症(STD) 性行為以外でうつることも
2017.09.06
梅毒の勢い止まらず、年間5000人突破の恐れも
2017.08.31
「いきなりエイズ」なお3割=HIV感染・発症1448人-昨年厚労省
2017.08.28
過去の性病と侮るな 梅毒、20代女性患者が急増中 国内患者数6年間で7倍超
2017.08.14
広がる梅毒、母子感染も 昨年の報告数 42年ぶりに4000人突破
2017.07.24
ダイヤモンドオンラインの記事について②
2017.07.15
ダイヤモンドオンラインの記事について
2017.06.28
NHKにて梅毒の報道がありましたので抜粋して御案内します
2017.06.15
今年の梅毒患者が2000人超、過去最悪ペースで感染拡大 
2017.06.06
梅毒の届け出数、「多くの地域で増加」 感染研、昨年同時期と比較
2017.04.26
梅毒早くも1000例に
2017.04.21
急増する梅毒感染者、過去最速ペース 把握しておきたいHIV感染との関係
2017.04.13
HIVの郵送検査、10年で3倍超 顔合わせず可能
2017.04.07
梅毒感染者が急増!最速1000人超え 20代女性患者が目立つも「原因は不明」
2017.04.04
梅毒患者1000人超、過去最速で感染拡大
2017.03.31
HIV感染に気付いてない人 推計5800人
2017.01.17
新宿セントラルクリニックの報道について
2017.01.13
梅毒感染、42年ぶり4千人超 20代女性で急増
2017.01.13
梅毒患者4千人超、5年で5倍に…増加要因不明

ここまでが本文です