ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです

予防会からのお知らせや、性感染症(STD)に関するコラムをお届けします。


ここから本文です

2019.05.14

STDを知る

日本で感染者急増中の梅毒って、なに?!

人間に性欲がある限り、撲滅することは難しいと言われている性感染症。
ひとときの快楽に身を委ねたものの、もしかして、あの時の×××は危険だったかも・・・とあとで不安になるのは当然のことです。
不安にかられてネットで検索してみても、なんとなくピンとこない・・・。
もっと具体的に書いてあったらいいのに・・・と思っていませんか?
ここでは、もしかしたら性病になったかも・・・と悩みに悩みぬいて来てくださった患者さんを診察してきた経験をもとに、なるべくわかりやすく性感染症について解説し、知識を深めていただきたいと思います。
性感染症は、誰でもたった1回の性行為でもかかる可能性があり、決して性にだらしないことでも恥ずかしいことでもありません。
大切なことは、性感染症についての正しい知識を身につけ、自分の身体に関心をもち、異変に気付いて早めに検査や診察を受けることです!
このコラムを読んで、ちょっと相談だけでもしてみようかな?と思っていただけたら嬉しいです。
少しでも多くの方が私たちのクリニックへ足を運んでいただければ、性感染症の蔓延を防ぐことができると信じています。

日本で感染者急増中の梅毒って、なに?!

「梅毒」と聞いて、どんな病気だと思いますか?
・なんだかよくわからないけど、毒って名前が危険そう!
・むかし流行った過去の病気だから、私は関係ない。
・風俗遊びをしなければ心配ないでしょ?
と、いろいろあると思います。
「梅毒」の名前の由来は、症状の一つである発疹(バラ疹)がヤマモモ(楊梅)の果実のように赤く見え、かつては感染してしまうと徐々に進行し死に至る恐ろしい病気(毒)だということからつけられたようです。

ヤマモモの画像

10c5f74e5ff34706b7e2c11aead4acfe_s

バラ疹(引用:東京都福祉保健局より)

★【バラ診】 東京都福祉保健局 参考

 

しかし、1943年に抗生剤(ペニシリン)による治療が成功し、梅毒は治癒する病気になったのです。
ちなみに、ペニシリンを発見したフレミング博士はノーベル生理学・医学賞を受賞しました。それだけ梅毒は、かつては身近にあって恐れられていた病気だったということですね。

日本において、梅毒の流行は2010年ころまでは抑えられており、「梅毒=特殊な病気」として位置づけられ、存在自体も薄れてきていました。
しかし、いまなぜ、この忘れられかけていた梅毒が近年再流行しているのか?
梅毒についての正しい知識をもって予防することが大切です。

【梅毒患者報告数の推移】

梅毒 年次推移

さて、みなさんが一番気になっていることは、どんな症状か?どうやってうつるのか?だと思います。

1)梅毒の感染について

梅毒に感染して生じた相手の皮膚病変と、ご自身の粘膜や傷口が直接接触することによってうつります。
ここではあえて、「性的な接触」とは書きませんでした。なぜならば、性的と呼ばれるすべての接触(通常のsex、肛門性交、すまた、フェラチオ、クンニリングス、膣や肛門への指入れ、ディープキス、乳首舐めなど)でうつることは当たり前ですので、性的ではないキスであってもうつる(うつす)可能性があるからです。
淋菌やクラミジアと違い、コンドームをつけた性行為であっても、梅毒による傷口がコンドームの外に接触すれば防げません。
また、梅毒によって口の中に傷ができた方に乳首を吸われてできた小さな傷からでもうつる可能性はあります。
さらに、膣の中や肛門内部、のどの奥などの外からは見えない場所にも梅毒病変はあるので要注意です。さらに、この病変はほとんどが痛くならないので気づきにくく、しばらくして消えるので治ったと勘違いして放置すると、どんどん進行して病原菌が全身に広がっていきます。

2)梅毒の症状について

梅毒の初期症状は気づきにくい!
特徴的な症状を覚えておきましょう!

★第1期梅毒

(忘れたころに出てきて、痛くもかゆくもなくていつの間にか消えてしまう)
・症状の発現期間:感染から10日~90日の間に生じる症状です。
・症状の発症部位:相手と直接接触して梅毒の病原体が侵入した部分に症状が現れます。
感染した部位に大豆くらいの大きさの硬めのしこりができます(初期硬結)。はじめはその中心に虫刺されのような赤い点ができ、やがてそれが広がりつぶれて潰瘍になります(硬性下疳)。見た目は派手ですが、痛みを感じることはほとんどなく、見えないところにできた場合は全く気付かず経過します。また、治療をしなくても数週間で跡を残さず消えてしまうので治ったと勘違いしがちです。

★第2期梅毒

(忍者のように姿・形を変えて現れては消える)
・症状の発現期間:第1期梅毒から未治療のまま4~10週間して生じる症状です。
・症状の発症部位:梅毒の病原体が全身に散布され、からだのあらゆるところに症状が現れます。
a. 梅毒性バラ疹:第2期の最も早い時期に見られる全身性の発疹で、あまり目立たない薄い赤色の斑点。
b. 丘疹性梅毒疹:感染後約12週で、あずき大~えんどう豆の大きさで赤褐色から赤銅色の丘疹(皮膚が盛り上がった状態)、結節。
c. 梅毒性乾癬:手のひら、足のうらに見られる丘疹で、赤褐色から赤銅色の湿った斑点が現れ、皮膚の角質がはがれるような部分もみられる。
d. 扁平コンジローマ:肛門周囲、外陰部に好発する。薄い赤色から灰白色の湿った平らに盛り上がったしこり。
e. 梅毒性アンギーナ:扁桃やのどの奥の方の発赤、腫れ、びらんや潰瘍を伴う。
f. 梅毒性脱毛:爪の大きさ~コイン状の円形の脱毛で、虫食い状の脱毛になる。
g. 膿疱性梅毒疹:多発した膿疱(中にうみが入っている湿疹)がみられる場合で、全身状態不良、免疫低下の場合にみられることが多い。

第2期梅毒は、3か月~3年にわたって上記の発疹が出現しては消え、忘れたころにいろいろな症状で姿を変えて現れます。
そして、数年~数十年という長い期間の中で静かに進行し、重い症状をもたらす可能性があります。症状が出ていない期間であっても、性行為やその類似行為によって梅毒の病原体は他人へうつってしまいます。

★第3期梅毒

(現在ではほとんどみられなくなりましたが、近年の流行により今後増加する可能性があります)
・症状の発現期間:感染後3年~10年で生じる症状です。
・症状の発症部位:組織にゴムのような弾力の大きめの腫瘍(ゴム腫)ができます。
ゴム腫は組織を破壊し、特に鼻の骨は破壊されやすく「梅毒になると鼻が落ちる」といわれていました。

★第4期梅毒

(死に至る症状です)
・症状の発現期間:感染後10年以上で生じる症状です。
梅毒による大動脈炎、大動脈瘤(破裂による突然死)、脊髄癆(下肢の激痛、運動麻痺、失明など)、脳梅(認知症のような症状)が現れ、いずれ死亡します。

★まとめ

男性では20代~40代、女性では20代で増加しており、近年、再び身近な性感染症として注意喚起されています。
当院においても、クラミジアや淋菌に次いで梅毒の患者さんも増えてきています。
また、通常の病院で見逃されてしまい、十分な治療を受けられずに当院へ診察に来た患者様もいらっしゃいます。
梅毒についての正しい知識を身につけ、かかってしまった場合には早めに治療をすることが大切です。

次回は、梅毒の検査と治療についてです。

★ 前出Dr profile スマフォ

 

人気のコラム 人気のコラム

COLLUMNS

新着情報 新着情報

NEWS

2019.12.02
血液の検査セットが新しくなりました
2019.11.15
コラム クラミジアってなんだ?? ~ウィルスのような細菌・クラミジアのワクチン開発~
2019.10.15
自分の健康は自分で管理する!自分の身体のことを良く知っておこう!
2019.09.27
消費税引き上げに伴う、サイト内の検査料金の改定ついて
2019.09.13
消費税率引き上げに伴う価格改定のお知らせ
2019.08.13
コラム 梅雨~夏にかけて、あそこがかゆい!!
2019.07.23
2020東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた交通対策実験によるお届けの影響について
2019.07.09
5年で急増、日本人を襲う「梅毒」の意外な実態
2019.06.16
コラム 梅毒は治る病気!そのためには早期診断・早期治療がポイント!
2019.06.14
2019,6,27(木) ~ 2019,7,2(火) の 大阪府、兵庫県 へのお届けについて
2019.06.07
性病に毎日100万人が感染 「感染率下がっていない」 WHO
2019.05.24
コラム掲載
2019.04.01
渋谷クリニック開院のお知らせ
2019.03.04
池袋サテライトクリニック開院のお知らせ
2019.02.20
池袋サテライトクリニックOPENのお知らせ
2018.12.27
年末年始のお知らせ
2018.11.14
18年の梅毒患者が5811人に この20年で最多
2018.10.11
梅毒2年連続5千人台…感染3週間で「しこり」
2018.07.30
若者の新規HIV感染者年間25万人、3分の2は女子:ユニセフが「HIV/エイズ報告書」
2018.06.29
梅毒感染、知らぬ間に 地方都市や若い女子にも広がる
2018.06.15
Web版 定期検査実施証明書デザイン変更のお知らせ
2018.05.31
沖縄の梅毒患者が過去最多 HIV感染者・エイズ患者数は過去3番目の多さ
2018.05.21
エイズ かつて死の病、今は早期発見で治療可能に
2018.05.15
【熊本県感染症情報】梅毒患者増加 県内3人確認
2018.05.07
梅毒患者、県内(埼玉県)は47人に…最多の昨年を超すペース 女性 は20代、男性は40代が多く 早めの受診を
2018.04.17
若い女性の梅毒患者が急増している理由…コンドーム着用でも安心禁物、誰でも感染 のリスク
2018.03.22
HIV感染者と患者「増加傾向変わらず」 福岡県で過去2番目の多さ [福岡県]
2018.03.22
HIV感染、昨年は1407人…すでにエイズ発症していた患者が415人〔読売新聞〕
2018.03.02
HIV感染者と患者が過去2番目の54人に 昨年の福岡市 [福岡県]
2018.01.23
検査結果確認画面リニューアル (スマートフォン・タブレット用)
2018.01.22
梅毒が全国的に流行、特に女性患者が急増
2018.01.18
平成29年の長野県の梅毒感染30人 33年ぶりの多さ 女性患者増
2018.01.05
梅毒5千人、初めて突破 患者最多は東京 若い女性らに感染拡大
2018.01.04
年始のご挨拶
2017.12.25
「梅毒」急増中の日本、世界は「淋病」制御不能時代を危惧
2017.12.25
今年も記録更新!梅毒の流行が止まらない!
2017.12.21
梅毒患者、全国で急増…主婦・OLにも感染拡大
2017.11.14
梅毒患者過去最多。「身に覚えがない」が最も危険
2017.11.01
梅毒患者 現行統計で年間過去最多の4568人
2017.11.01
梅毒感染、地方でも増加 岡山・熊本は昨年の3倍超
2017.09.22
九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多
2017.09.14
梅毒の患者数 約20年で最も多いペース
2017.09.11
性行為感染症(STD) 性行為以外でうつることも
2017.09.06
梅毒の勢い止まらず、年間5000人突破の恐れも
2017.08.31
「いきなりエイズ」なお3割=HIV感染・発症1448人-昨年厚労省
2017.08.28
過去の性病と侮るな 梅毒、20代女性患者が急増中 国内患者数6年間で7倍超
2017.08.14
広がる梅毒、母子感染も 昨年の報告数 42年ぶりに4000人突破
2017.07.24
ダイヤモンドオンラインの記事について②
2017.07.15
ダイヤモンドオンラインの記事について
2017.06.28
NHKにて梅毒の報道がありましたので抜粋して御案内します
2017.06.15
今年の梅毒患者が2000人超、過去最悪ペースで感染拡大 
2017.06.06
梅毒の届け出数、「多くの地域で増加」 感染研、昨年同時期と比較
2017.04.26
梅毒早くも1000例に
2017.04.21
急増する梅毒感染者、過去最速ペース 把握しておきたいHIV感染との関係
2017.04.13
HIVの郵送検査、10年で3倍超 顔合わせず可能
2017.04.07
梅毒感染者が急増!最速1000人超え 20代女性患者が目立つも「原因は不明」
2017.04.04
梅毒患者1000人超、過去最速で感染拡大
2017.03.31
HIV感染に気付いてない人 推計5800人
2017.01.17
新宿セントラルクリニックの報道について
2017.01.13
梅毒感染、42年ぶり4千人超 20代女性で急増
2017.01.13
梅毒患者4千人超、5年で5倍に…増加要因不明

ここまでが本文です