ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです

予防会からのお知らせや、性感染症(STD)に関するコラムをお届けします。


ここから本文です

2017.08.14

ニュース

広がる梅毒、母子感染も 昨年の報告数 42年ぶりに4000人突破

2017年8月8日 東京新聞

性感染症の梅毒患者の増加が止まらない。国立感染症研究所(感染研)の昨年1年間の報告数は4518人と、2011年の827人から急増。特に20代の女性の感染が目立ち、妊娠時期と重なって妊婦から赤ちゃんに母子感染する「先天梅毒」の報告も増えている。赤ちゃんが死亡したり後遺症が出たりした例も報告されており、産婦人科医らが危機感を強めている。 (細川暁子)

梅毒は性行為やキスなど粘膜同士の接触により、「梅毒トレポネーマ」という細菌が体内に入ることで感染する。男女間、同性間、いずれの性的接触でも、男女ともに感染の恐れがある。予防にはコンドームの利用が有効だ。

感染から二~四週間ほどで性器や唇にしこりができるが、数ミリ~数センチ程度で痛みがなく、一カ月ほどで消えるため見逃しやすい。四~八週間後には手のひらや足の裏など、体全体に赤い発疹が出て、発熱やだるさを訴える人もいる。抗生物質を服用すれば治癒するが、免疫はつかず何度でも感染。治療を受けないと、神経が侵され手足のまひなど後遺症が出ることもある。

感染研によると、昨年一年の感染者は四千五百十八人で、一九七四年から四十二年ぶりに四千人を超えた。六〇年代には一万人を超えていたが、その後は減少し二〇一〇年の患者数は六百二十一人だった。ところが一一年の八百二十七人から増加傾向に転じ、一四年が千六百六十一人、一五年が二千六百九十人と爆発的に増えている。

 

写真

 

患者が増えている背景はよく分かっていないが、愛知医科大感染症科の三鴨広繁教授は、患者らの証言から、性風俗店を利用する外国人客が増加し、感染を広げている可能性を指摘。発疹をじんましんと誤診された患者もいて、「医師の見逃しも感染を広げているのではないか」と推測する。

昨年の感染者のうち約七割は男性で、年齢は二十~四十代と幅広い。約三割の女性患者は半数が二十代。一一年ごろは男性同士の性行為による感染が多かったが、一三年以降は男女間での感染が目立っている。

怖いのが、妊娠時期と感染が重なり、妊婦から胎内の赤ちゃんに菌がうつる「先天梅毒」だ。梅毒は胎盤を通じて母子感染する「トーチ症候群」のひとつで、赤ちゃんに障害が出たり死亡したりすることがある。一三年は四例だった先天梅毒の報告は一四年に十例、一五年に十三例、一六年に十四例と増加傾向にある。

産婦人科医らも危機感を強めている。日本産科婦人科学会は昨年、全国の病院六百二十八施設を調査。二百五十七施設から回答があり、一一~一五年の五年間に感染した百五十二人の妊婦を調べたところ、うち二十一人の赤ちゃんが先天梅毒になっていたことが分かった。赤ちゃんの五人は死亡、四人に後遺症が出たという。

梅毒の血液検査は妊婦の定期健診に含まれており、早期に抗生物質を投与すれば赤ちゃんへの感染を防げる可能性がある。だが百五十二人の妊婦のうち、四分の一は健診を受けていなかった。調査に関わった日本大産婦人科学系の川名敬教授は、「経済的な理由や望まない妊娠などで妊婦健診を受けず、梅毒の感染に気付かなかった妊婦が多いのではないか」と推測。「梅毒患者の裾野が増えて、妊婦や赤ちゃんまで感染に巻き込まれている」と危惧する。

感染をこれ以上広げないために重要なのは、患者がいち早く治療を受けることだ。梅毒の検査や治療は、男性は泌尿器科や皮膚科、女性は婦人科などで受けることができる。感染研の大西真・細菌第一部長は「不特定多数との性行為や風俗店の利用など、リスクの高い行動を取ったことのある人は、検査を受けてほしい」と話す。

人気のコラム 人気のコラム

COLLUMNS

新着情報 新着情報

NEWS

2019.11.15
コラム クラミジアってなんだ?? ~ウィルスのような細菌・クラミジアのワクチン開発~
2019.10.15
自分の健康は自分で管理する!自分の身体のことを良く知っておこう!
2019.09.27
消費税引き上げに伴う、サイト内の検査料金の改定ついて
2019.09.13
消費税率引き上げに伴う価格改定のお知らせ
2019.08.13
コラム 梅雨~夏にかけて、あそこがかゆい!!
2019.07.23
2020東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた交通対策実験によるお届けの影響について
2019.07.09
5年で急増、日本人を襲う「梅毒」の意外な実態
2019.06.16
コラム 梅毒は治る病気!そのためには早期診断・早期治療がポイント!
2019.06.14
2019,6,27(木) ~ 2019,7,2(火) の 大阪府、兵庫県 へのお届けについて
2019.06.07
性病に毎日100万人が感染 「感染率下がっていない」 WHO
2019.05.24
コラム掲載
2019.04.01
渋谷クリニック開院のお知らせ
2019.03.04
池袋サテライトクリニック開院のお知らせ
2019.02.20
池袋サテライトクリニックOPENのお知らせ
2018.12.27
年末年始のお知らせ
2018.11.14
18年の梅毒患者が5811人に この20年で最多
2018.10.11
梅毒2年連続5千人台…感染3週間で「しこり」
2018.07.30
若者の新規HIV感染者年間25万人、3分の2は女子:ユニセフが「HIV/エイズ報告書」
2018.06.29
梅毒感染、知らぬ間に 地方都市や若い女子にも広がる
2018.06.15
Web版 定期検査実施証明書デザイン変更のお知らせ
2018.05.31
沖縄の梅毒患者が過去最多 HIV感染者・エイズ患者数は過去3番目の多さ
2018.05.21
エイズ かつて死の病、今は早期発見で治療可能に
2018.05.15
【熊本県感染症情報】梅毒患者増加 県内3人確認
2018.05.07
梅毒患者、県内(埼玉県)は47人に…最多の昨年を超すペース 女性 は20代、男性は40代が多く 早めの受診を
2018.04.17
若い女性の梅毒患者が急増している理由…コンドーム着用でも安心禁物、誰でも感染 のリスク
2018.03.22
HIV感染者と患者「増加傾向変わらず」 福岡県で過去2番目の多さ [福岡県]
2018.03.22
HIV感染、昨年は1407人…すでにエイズ発症していた患者が415人〔読売新聞〕
2018.03.02
HIV感染者と患者が過去2番目の54人に 昨年の福岡市 [福岡県]
2018.01.23
検査結果確認画面リニューアル (スマートフォン・タブレット用)
2018.01.22
梅毒が全国的に流行、特に女性患者が急増
2018.01.18
平成29年の長野県の梅毒感染30人 33年ぶりの多さ 女性患者増
2018.01.05
梅毒5千人、初めて突破 患者最多は東京 若い女性らに感染拡大
2018.01.04
年始のご挨拶
2017.12.25
「梅毒」急増中の日本、世界は「淋病」制御不能時代を危惧
2017.12.25
今年も記録更新!梅毒の流行が止まらない!
2017.12.21
梅毒患者、全国で急増…主婦・OLにも感染拡大
2017.11.14
梅毒患者過去最多。「身に覚えがない」が最も危険
2017.11.01
梅毒患者 現行統計で年間過去最多の4568人
2017.11.01
梅毒感染、地方でも増加 岡山・熊本は昨年の3倍超
2017.09.22
九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多
2017.09.14
梅毒の患者数 約20年で最も多いペース
2017.09.11
性行為感染症(STD) 性行為以外でうつることも
2017.09.06
梅毒の勢い止まらず、年間5000人突破の恐れも
2017.08.31
「いきなりエイズ」なお3割=HIV感染・発症1448人-昨年厚労省
2017.08.28
過去の性病と侮るな 梅毒、20代女性患者が急増中 国内患者数6年間で7倍超
2017.08.14
広がる梅毒、母子感染も 昨年の報告数 42年ぶりに4000人突破
2017.07.24
ダイヤモンドオンラインの記事について②
2017.07.15
ダイヤモンドオンラインの記事について
2017.06.28
NHKにて梅毒の報道がありましたので抜粋して御案内します
2017.06.15
今年の梅毒患者が2000人超、過去最悪ペースで感染拡大 
2017.06.06
梅毒の届け出数、「多くの地域で増加」 感染研、昨年同時期と比較
2017.04.26
梅毒早くも1000例に
2017.04.21
急増する梅毒感染者、過去最速ペース 把握しておきたいHIV感染との関係
2017.04.13
HIVの郵送検査、10年で3倍超 顔合わせず可能
2017.04.07
梅毒感染者が急増!最速1000人超え 20代女性患者が目立つも「原因は不明」
2017.04.04
梅毒患者1000人超、過去最速で感染拡大
2017.03.31
HIV感染に気付いてない人 推計5800人
2017.01.17
新宿セントラルクリニックの報道について
2017.01.13
梅毒感染、42年ぶり4千人超 20代女性で急増
2017.01.13
梅毒患者4千人超、5年で5倍に…増加要因不明

ここまでが本文です