ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです

予防会からのお知らせや、性感染症(STD)に関するコラムをお届けします。


ここから本文です

2021.01.15

STDを知る

くり返す外陰腟カンジダ症の原因は、ある習慣が関係しているかもしれません。

 

 

1.はじめに

外陰腟カンジダ症は、腟炎の原因としては、細菌性腟炎に次いで2番目に多い原因であり、腟炎の症例の約3分の1を占めます。

患者さんからは、「治療したのに、また再発しました」や、「免疫が低下したから再発するのですか?」など、よく質問されます。

外陰腟カンジダ症は、なぜこのように繰り返し症状が現れるのでしょうか?

 

2.カンジダとは?

外陰腟カンジダ症の原因であるカンジダは、真菌(カビ)に属し、淋菌やクラミジアのような細菌とは全く別モノです。湿気の多いところで育ち、「酵母→菌糸→胞子」という一つの生物界を形成しています。真菌の王様は「キノコ」ですが、パンを作るときに使うイースト菌や酵母も真菌です。

このように、ヒトは大昔から、真菌の生態を利用して食品を作ったり、真菌の塊であるキノコを食べたりしていますので、私たちにとって、真菌はとても身近な存在です。

ちなみに、カンジダは、真菌の種類の名前で、ヒトで言うところの名字になります。実はカンジダという名字の真菌は300種類以上あり、味噌や醤油の発酵に使われるカンジダもありますが、ヒトに対して病原性を発揮するカンジダは少数です。

 

3.外陰腟カンジダ症の原因となるカンジダの種類は?

外陰腟カンジダ症の原因の9割ほどはカンジダ・アルビカンス(C. albicans)という名前のカンジダです。残りは、非アルビカンスとよばれる種類のカンジダ・グラブラタ(C. glabrata)やカンジダ・パラプシローシス(C. parapsilosis)という名前のカンジダなどになります。最近は、市販のカンジダ腟錠の普及により、市販薬の効きづらい非アルビカンスのカンジダが増えてきているという報告もあります。

 

4.症状のある方の割合は?

ヒトが生活しているところには必ず真菌が存在しているので、ヒトは真菌に対して強力な防御機構(皮膚や粘膜の角質での防御と免疫による防御)を備えています。したがって、この防御機構が備わっている方は、カンジダを保菌していても症状が現れません。女性の5人に1人は無症状でカンジダを腟に保菌していると言われています。

ある調査では、25歳までの女性の55%は、病院で外陰腟カンジダ症と診断された経験があると報告しています。また、別の調査では、25歳までの女性の10%、50歳までに25%が、1年間に4回以上の再発性外陰膣カンジダ症(RVVC)になっていると報告しています。

 

5.外陰腟カンジダ症の症状は?

症状のある方は、カンジダが腟で増殖し、さらに石鹸やタオルの摩擦や性行為によってできる皮膚や粘膜の細かい傷から侵入(角質での防御機能が破綻)して炎症が起こり、症状が現れると考えられています。

外陰膣カンジダ症の主な症状は外陰部・腟の掻痒感です。その他に、外陰部や腟の灼熱感や痛み、排尿時痛や性交時痛があります。月経前の1週間は症状が悪化することがよくあります。

見た目には、外陰部と腟粘膜の発赤と外陰部の腫れがみられることがあります。外陰部の擦過傷と裂傷は、約4人に1人の割合で見られます。

特徴的なカッテージチーズ状のおりものは、すべての人に見られるわけではなく、水っぽいタイプのおりものとしてみられる時もあります。

 

6.外陰腟カンジダ症の発症リスクは?

1)糖尿病の基礎疾患のある方

血糖コントロールが不十分な場合、正常血糖の方よりも外陰腟カンジダ症になりやすいです。特に、2型糖尿病の方は、非アルビカンスカンジダ種になりやすいと言われています。糖尿病の男性の方も、カンジダにかかりやすいと言われています。

 

2)抗生物質を服用した方

広域抗生物質の使用は、外陰腟カンジダ症を発症するリスクを大幅に増加させます。抗生物質の服用によって正常な腟細菌叢が壊され、真菌などの病原体の増殖が促進されます。抗生物質の服用中または服用後の女性の4人~3人に1人の割合で発症します。

 

3)エストロゲン過多の方

外陰腟カンジダ症は、妊娠によるエストロゲン分泌の上昇や閉経後のエストロゲン療法など、エストロゲンレベルが上昇した状況でより頻繁に発症します。経口避妊薬の服用は、外陰腟カンジダ症と関係はないと考えられています。

 

4)免疫抑制剤使用中の方

カンジダ感染症は、長期のステロイド薬や免疫抑制薬を服用している方、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症などの免疫が低下している方にもよく見られます。

 

5)遺伝的要因のある方

再発性外陰腟カンジダ症(RVVC)のヨーロッパ人女性160人と同じ地域の対照女性175人の遺伝子学的解析によって、先天的にカンジダに対する細胞性免疫が低い方々いることを認めたという報告があります。遺伝的要因を調べる検査は、日本ではまだできません。

 

6)避妊器具を使用中の方

腟への海綿挿入、ペッサリー、子宮内避妊器具(IUD)は、外陰腟カンジダ症の発症に関連しています。このような腟や子宮内の異物にカンジダが付着して繁殖するので、外陰腟カンジダ症をくり返す方は、避妊器具を抜去すると治る場合があります。

 

7)性行為について

外陰腟カンジダ症は、性交経験の無い女性にも発生しますので、性感染症とはみなされていません。しかし、性行為を経験すると、外陰腟カンジダ症の頻度が増加するので、性行為関連疾患として位置づけられています。しかし、性的パートナーの数や性交の頻度とは関係が無いと言われています。

カンジダは口腔内や腸の常在菌であるため、オーラルセックスやアナルセックスによって発症する可能性があります。外陰腟カンジダ症と衛生用品(腟洗浄液、タンポン・生理用ナプキン)の使用や、タイトな下着や合成繊維の下着着用は多少関係があるとされています。

 

8)乳酸菌の減少について

細菌性腟炎の場合は、乳酸菌の減少と関係がありますが、外陰腟カンジダ症の場合は、乳酸菌の減少とは関係なく発症します。

 

9)再発性のカンジダ

再発性外陰腟カンジダ症(RVVC)は、1年に症状が4回以上繰り返す場合に診断します。RVVCの割合は5%程度と言われています。カンジダは、腸や口腔内では常在菌として存在しているので、自分の腸管にいるカンジダが、肛門から外陰部を経て新たに腟に再感染する場合や、口腔内にいるカンジダが、オーラルセックスによって、あらたに腟に再感染する場合などがあります。

 

7.検査法は?

1)顕微鏡検査

おりものを採取し、グラム染色あるいは、10%の水酸化カリウムを添加して顕微鏡で観察します。カンジダ感染症の女性の腟のpHは通常正常(4〜4.5)であり、細菌性腟炎はpH(4.5以上)、トリコモナス腟症の場合はpH(5~6.0)です。細菌性腟炎の方の20~30%はカンジダとの重複感染が見られます。

顕微鏡検査の利点は、迅速に診断できることです。欠点は若干の見逃しがあることです。

 

2)培養検査

おりものを採取して、カンジダ専用の培地で培養して判定する検査です。難治性の場合にはカンジダの菌種を特定するために有用です。欠点は、結果が判明するまで4~5日かかることです。

実際の臨床では、外陰腟カンジダ症の原因菌は、9割がC. albicansと言われているので、顕微鏡検査のみでC. albicansに効果のあるお薬を処方して治る場合がほとんどです。

 

8.治療方法は?

痒みやおりものの異常がある場合は、治療が必要になります。無症状の女性や男性パートナーの治療は必要ありません。

 

1)腟錠による局所療法(連日投与法)

・クロトリマゾール®腟錠(100mg)1回1錠 1日1回(就寝前)6日間

・オキナゾール®腟錠(100mg)1回1錠 1日1回(就寝前)6日間

・フロリード®腟坐剤(100mg)1回1錠 1日1回(就寝前)6日間

など。

他にもいろいろな種類の腟錠があります。

1回の使用で1週間効果のあるタイプの腟錠(オキナゾール腟錠600mg)もありますが、連日投与法の方が、治療効果が高いとの報告があります。

局所療法後に症状が改善しない場合は、腟錠の種類を変更して治療します。腟錠の副作用は、ほとんどありません。

 

2)経口薬による治療

・フルコナゾール®カプセル(50mg)1回3錠 単回投与

腟錠に比べて経口薬の便利な点が好まれますが、症状を和らげるまでに腟錠よりも1~2日ほど長くかかります。しかし、経口薬は嘔気、頭痛、発疹、一過性の肝機能異常などの副作用を引き起こす可能性があり、さらに妊娠中と授乳中は内服薬の投与は禁忌になっています。

 

3)抗真菌薬の外用薬

・エンペシド®クリーム 1日2~3回 5~7日間

・オキナゾール®クリーム 1日2~3回 5~7日間

など。

外陰部の痒み、発赤などがある場合には外陰部に塗布します。大陰唇より外側に炎症が波及している場合は、皮膚科領域の軟膏などが必要になることもあります。

男性のカンジダ亀頭包皮炎の治療も外用薬による治療になります。

 

4)難治性外陰腟カンジダ症の治療

フルコナゾール150 mgを72時間ごとに3回投与する初期導入後、週1回の6か月間の維持療法を行うことで、治療中は再発を減らすことができますが、中止すると再発する可能性はあります。この場合、肝機能異常に注意しながらおこなう必要があります。

 

9.治癒判定は必要?

かゆみなどの自覚症状とおりものの性状が改善したら治癒と判定します。

性感染症ではないので、治癒判定のための検査は必要ありません。

 

10.注意点として

治療中は、外陰部を清潔に保つことが重要ですが、皮膚や粘膜を刺激するような石鹸の使用は避けた方が良いです。性行為も、症状を悪化させ、治癒までの期間を遅らせる原因になりますので、完治するまでは局所の安静が必要です。

治療期間は約1週間です。1週間経っても症状が治まらない場合は、別の原因を考える必要があります。

最近は、カンジダ腟錠をドラッグストアで購入できるようになり、自己診断で治療できるようになりました。ところが、自己診断で市販のカンジダ腟錠を使用しても改善しない場合も多く、その場合は、自己診断が誤診している可能性があります。

外陰腟カンジダ症を自己診断した95人の女性の実際の診断は、外陰腟カンジダ症(34%)、細菌性腟炎(19%)、混合性腟炎(21%)、正常な細菌叢(14%)、トリコモナス腟症(2%)だったという報告があります。この他にも、クラミジア感染症、淋菌性腟炎、マイコプラズマ感染症の症状の可能性もあります。自己診断で誤診した場合、正しい診断と治療が遅れることで、結果的に無駄な支出をすることになりますので、なるべく早期に医療機関を受診するようにしましょう。

 

★ 前出Dr profile スマフォ

 

性感染症が不安な方へ

性感染症は、早期発見と正しい治療が大切です。
予防会の郵送検査キットなら、保険証不要・匿名で誰にも知られずに性感染症の検査を受けることができます。お時間がない方や病院に行くのは抵抗があるという方などは、ぜひ予防会の郵送検査キットをご活用ください。

 

【コラム⇒Twitter】Twitter (2)

 

【関連コラム】

≫  イカ臭い原因!?これが謎の病気、細菌性腟症だ!!

≫  梅雨~夏にかけて、あそこがかゆい!!

 

 

人気のコラム 人気のコラム

COLUMNS

新着情報 新着情報

NEWS

2021.02.18
コラム ある美容施術のお陰で減っている?性感染症:ケジラミ症
2021.02.01
【新型コロナウイルス検査物搬送のための3重包装】
2021.01.15
コラム くり返す外陰腟カンジダ症の原因は、ある習慣が関係しているかもしれません
2021.01.04
年始のご挨拶
2020.12.15
コラム 性器と咽頭のマイコプラズマ・ウレアプラズマ保菌率調査結果について
2020.11.16
コラム HIV感染症とAIDSについて
2020.10.15
コラム 淋しい病気と書く淋病(淋菌感染症)について
2020.09.14
コラム AYA世代に多いがん:子宮頸がんとHPV検査
2020.09.11
新型コロナウイルスの影響による、郵送物などの遅延の可能性について
2020.06.15
コラム 低用量ピルの効能と副作用について知っておこう。
2020.05.16
新型コロナウイルス抗体検査開始のご案内
2020.05.15
コラム メンズヘルスについて (LOH症候群をご存知ですか?)
2020.05.01
オンライン診療開始のお知らせ
2020.04.06
春は健康診断の季節!
2020.03.15
コラム「性器ヘルペスについて~性器ヘルペスの治療は、最初が肝心・再発はコントロールできる~」
2020.01.15
コラム「近年治療が進歩した尖圭コンジローマ」
2020.01.06
年始のご挨拶
2019.12.23
年末年始休業のお知らせ
2019.12.16
コラム「ありふれたウィルス:ヒトパピローマウィルス(HPV)について知っておこう」
2019.12.02
血液の検査セットが新しくなりました
2019.11.15
コラム クラミジアってなんだ?? ~ウィルスのような細菌・クラミジアのワクチン開発~
2019.10.15
自分の健康は自分で管理する!自分の身体のことを良く知っておこう!
2019.09.27
消費税引き上げに伴う、サイト内の検査料金の改定ついて
2019.09.13
消費税率引き上げに伴う価格改定のお知らせ
2019.08.13
コラム 梅雨~夏にかけて、あそこがかゆい!!
2019.07.23
2020東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた交通対策実験によるお届けの影響について
2019.07.09
5年で急増、日本人を襲う「梅毒」の意外な実態
2019.06.16
コラム 梅毒は治る病気!そのためには早期診断・早期治療がポイント!
2019.06.14
2019,6,27(木) ~ 2019,7,2(火) の 大阪府、兵庫県 へのお届けについて
2019.06.07
性病に毎日100万人が感染 「感染率下がっていない」 WHO
2019.05.24
コラム掲載
2019.04.01
渋谷クリニック開院のお知らせ
2019.03.04
池袋サテライトクリニック開院のお知らせ
2019.02.20
池袋サテライトクリニックOPENのお知らせ
2018.12.27
年末年始のお知らせ
2018.11.14
18年の梅毒患者が5811人に この20年で最多
2018.10.11
梅毒2年連続5千人台…感染3週間で「しこり」
2018.07.30
若者の新規HIV感染者年間25万人、3分の2は女子:ユニセフが「HIV/エイズ報告書」
2018.06.29
梅毒感染、知らぬ間に 地方都市や若い女子にも広がる
2018.06.15
Web版 定期検査実施証明書デザイン変更のお知らせ
2018.05.31
沖縄の梅毒患者が過去最多 HIV感染者・エイズ患者数は過去3番目の多さ
2018.05.21
エイズ かつて死の病、今は早期発見で治療可能に
2018.05.15
【熊本県感染症情報】梅毒患者増加 県内3人確認
2018.05.07
梅毒患者、県内(埼玉県)は47人に…最多の昨年を超すペース 女性 は20代、男性は40代が多く 早めの受診を
2018.04.17
若い女性の梅毒患者が急増している理由…コンドーム着用でも安心禁物、誰でも感染 のリスク
2018.03.22
HIV感染者と患者「増加傾向変わらず」 福岡県で過去2番目の多さ [福岡県]
2018.03.22
HIV感染、昨年は1407人…すでにエイズ発症していた患者が415人〔読売新聞〕
2018.03.02
HIV感染者と患者が過去2番目の54人に 昨年の福岡市 [福岡県]
2018.01.23
検査結果確認画面リニューアル (スマートフォン・タブレット用)
2018.01.22
梅毒が全国的に流行、特に女性患者が急増
2018.01.18
平成29年の長野県の梅毒感染30人 33年ぶりの多さ 女性患者増
2018.01.05
梅毒5千人、初めて突破 患者最多は東京 若い女性らに感染拡大
2018.01.04
年始のご挨拶
2017.12.25
「梅毒」急増中の日本、世界は「淋病」制御不能時代を危惧
2017.12.25
今年も記録更新!梅毒の流行が止まらない!
2017.12.21
梅毒患者、全国で急増…主婦・OLにも感染拡大
2017.11.14
梅毒患者過去最多。「身に覚えがない」が最も危険
2017.11.01
梅毒患者 現行統計で年間過去最多の4568人
2017.11.01
梅毒感染、地方でも増加 岡山・熊本は昨年の3倍超
2017.09.22
九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多
2017.09.14
梅毒の患者数 約20年で最も多いペース
2017.09.11
性行為感染症(STD) 性行為以外でうつることも
2017.09.06
梅毒の勢い止まらず、年間5000人突破の恐れも
2017.08.31
「いきなりエイズ」なお3割=HIV感染・発症1448人-昨年厚労省
2017.08.28
過去の性病と侮るな 梅毒、20代女性患者が急増中 国内患者数6年間で7倍超
2017.08.14
広がる梅毒、母子感染も 昨年の報告数 42年ぶりに4000人突破
2017.07.24
ダイヤモンドオンラインの記事について②
2017.07.15
ダイヤモンドオンラインの記事について
2017.06.28
NHKにて梅毒の報道がありましたので抜粋して御案内します
2017.06.15
今年の梅毒患者が2000人超、過去最悪ペースで感染拡大 
2017.06.06
梅毒の届け出数、「多くの地域で増加」 感染研、昨年同時期と比較
2017.04.26
梅毒早くも1000例に
2017.04.21
急増する梅毒感染者、過去最速ペース 把握しておきたいHIV感染との関係
2017.04.13
HIVの郵送検査、10年で3倍超 顔合わせず可能
2017.04.07
梅毒感染者が急増!最速1000人超え 20代女性患者が目立つも「原因は不明」
2017.04.04
梅毒患者1000人超、過去最速で感染拡大
2017.03.31
HIV感染に気付いてない人 推計5800人
2017.01.17
新宿セントラルクリニックの報道について
2017.01.13
梅毒感染、42年ぶり4千人超 20代女性で急増
2017.01.13
梅毒患者4千人超、5年で5倍に…増加要因不明

ここまでが本文です