ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです

予防会からのお知らせや、性感染症(STD)に関するコラムをお届けします。


ここから本文です

2019.08.09

STDを知る

梅雨~夏にかけて、あそこがかゆい!!

この時期、外陰部のかゆみやおりものの異常で来院される方がとても増えています。
患者さんからお話を伺うと、おりものに共通した特徴があります。

その特徴とは・・・
「甘酒の下に沈殿しているカス(酒かす)状」
「トイレットペーパーのクズ状」
「カッテージチーズ状」

おりものを採取して検査をしてみると、「菌糸(髪の毛のようなもの)」や「酵母(スイカの種のようなもの)」が観察され、「カンジダ」と診断できます。

(カンジダ画像:当院で検査した顕微鏡画像)
【使用】 カンジダ 菌糸 2019,8,9

【使用】 カンジダ 酵母 2019,8,9

かゆみの原因になる「カンジダ」とは?
「カンジダ」は真菌(カビ)の一種で、水虫やインキンタムシの原因になる白癬菌(皮膚糸状菌)もカビの仲間です。
カビは、湿気が多く栄養のある場所を好んで繁殖しますので、家の中でも浴室などでみかけますよね。
人間の皮膚にも真菌は常在していて、条件が整うと増殖を開始し病原性を発揮します。

このように、ヒトは常に生活の中で真菌にさらされています。それゆえ、真菌に対しては強力な防御機構を持っています。

a. 機械的バリア
皮膚や粘膜などの防護壁で阻止されます。例外的に水虫の原因である白癬菌は角質を突破できる酵素を持っています。

b. 細胞によるバリア
白血球や細胞性免疫による防御(真菌を殺菌し増殖を抑制します)。液性免疫(抗体)の役割は小さいと言われています。

皮膚や粘膜に小さな傷ができて機械的バリアが弱まったり、抵抗力が落ちて細胞によるバリアが弱まると、いっきに真菌が増殖するというわけです。

 

カンジダになるとなぜ痒いのか?
実は、これについてはまだよくわかっていませんが、カンジダが増殖するときに、酵母から菌糸へ形を変え(二形性)、皮膚や粘膜に侵入して炎症を起こすのが原因であるという説や、トキシン(毒素)の放出が原因であるという説があります。

 

外陰腟カンジダ症の発症過程
外陰腟カンジダ症は性感染症(性行為によって感染する)に含まれますが、日和見(ひよりみ)感染症であるという側面も持っています。症状の有無にかかわらず、妊娠していない方で約15%、妊婦さんで30%がカンジダを保菌していると言われています。

① 外因性(性行為による感染)
■ パートナーのペニスや腟にカンジダがいる場合に腟性交で感染することで発症。

② 内因性(日和見感染※)
■ 妊婦は腟上皮のグリコーゲン(栄養)が増加。
■ 糖尿病、ステロイド薬の服用、免疫抑制薬の服用により免疫が低下。
■ 抗菌薬の服用によりLactbacillus属(腟乳酸菌属)が減少。
このことにより、もともと常在していたカンジダが繁殖することによって、外陰腟カンジダ症が発症します。

カンジダ発症過程 2019,8,9
図:外陰腟カンジダ症の発症過程(病気が見える Vol.9 婦人科乳腺外科 p92-93引用)

※日和見(ひよりみ)感染
体力の低下などが原因で免疫力が低下すると、健康であれば増殖が抑えられている病原性の低い常在菌の方が免疫力に勝ってしまうことによって発症する感染症のこと。
ちょっとこの表現は難しいので、わかりやすく言うと・・・
「相手が強い時はおとなしくしているのに、相手が弱くなると勢いが増すような、明らかに悪い菌ではない菌による感染」ということですね。

 

【 症状 】
(女性)
■ 外陰部のかゆみ、赤み、腫れ。
■ 白色のおりもの(酒かす状、粥状、ヨーグルト状)
■ においはほとんど気にならない程度。

(男性)
■ 陰部(亀頭・陰茎・陰嚢・鼠径部)のかゆみ、違和感、皮膚の赤み、冠状溝にカスのようなものがつく、亀頭包皮炎など。

 

【 検査 】
おりものの特徴や症状で十分診断は可能ですが、培養法や顕微鏡検査によって確定診断をします。
培養の検査は、結果の判明までに数日かかるため当院ではしていません。
当院では、すべて顕微鏡の検査でおこないますので数分で結果をお伝えしています。
男性の場合は、症状のある場所を見て診断します。

 

【 治療 】
■ 抗真菌薬の腟錠・外用薬を処方します。腟錠は自己挿入、外用薬は1日数回かゆいところに薄く塗ってください。
■ 無症状の場合は、保菌者でもカンジダ症とは診断されず、治療の必要性はありません。
■ パートナーの治療も無症状であれば治療の必要はありません。

 

※カンジダになりやすい人
妊娠中の方。
■ 糖尿病の方。
■ ステロイド剤を服用している方。
■ 抗菌薬の服用をしていた方。
■ 睡眠不足や疲労しやすい状況の方。

 

外陰腟カンジダ症を防ぐために
■ 綿素材の下着や、ゆったりとした服を着用して通気性を良くしておきましょう。
■ ナプキンやおりものシートはまめに交換しましょう。
■ 不潔な状態での性行為は避けましょう。
■ 性交後は陰部を湿ったまま放置しないでシャワーや入浴をするように心がけましょう。
■ ボディータオルや刺激の強いボディーシャンプーなどで陰部を強く擦らないようにしましょう。
■ 下着やタオルなど、自分の身体や身のまわりのものはまめに洗濯し、清潔に保ちましょう。
■ 健康的で規則的な生活をおくりましょう。

 

市販薬による治療の注意点
最近は、カンジダのお薬はドラッグストアでも買えるようになり、いちいち病院に行かなくてもよくなりました。
しかし、かゆみはいろいろな原因で起こります。
かゆみの原因がカンジダではないのに、カンジダのお薬を使っても効果がありません。病院に行って検査をすれば、何が原因でかゆいのか?がわかりますし、その原因に対して効果のあるお薬を処方してもらえば、早く治りますし、結果的に医療費も少なく済むことが多いです。
私どものクリニックでは、おりものチェックは熟練の者が顕微鏡の検査をしますので、数分で結果をお伝えし、その場でお薬をお渡しすることができます。
病院に行くのが面倒だなーと思っているあなた、少しでも早く不快な症状から解放され、快適な日常を過ごせますよう、是非、私どものクリニックへ足を運んでいただくことを願っています。

★ 前出Dr profile スマフォ

人気のコラム 人気のコラム

COLLUMNS

新着情報 新着情報

NEWS

2019.10.15
自分の健康は自分で管理する!自分の身体のことを良く知っておこう!
2019.09.27
消費税引き上げに伴う、サイト内の検査料金の改定ついて
2019.09.13
消費税率引き上げに伴う価格改定のお知らせ
2019.08.13
コラム 梅雨~夏にかけて、あそこがかゆい!!
2019.07.23
2020東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた交通対策実験によるお届けの影響について
2019.07.09
5年で急増、日本人を襲う「梅毒」の意外な実態
2019.06.16
コラム 梅毒は治る病気!そのためには早期診断・早期治療がポイント!
2019.06.14
2019,6,27(木) ~ 2019,7,2(火) の 大阪府、兵庫県 へのお届けについて
2019.06.07
性病に毎日100万人が感染 「感染率下がっていない」 WHO
2019.05.24
コラム掲載
2019.04.01
渋谷クリニック開院のお知らせ
2019.03.04
池袋サテライトクリニック開院のお知らせ
2019.02.20
池袋サテライトクリニックOPENのお知らせ
2018.12.27
年末年始のお知らせ
2018.11.14
18年の梅毒患者が5811人に この20年で最多
2018.10.11
梅毒2年連続5千人台…感染3週間で「しこり」
2018.07.30
若者の新規HIV感染者年間25万人、3分の2は女子:ユニセフが「HIV/エイズ報告書」
2018.06.29
梅毒感染、知らぬ間に 地方都市や若い女子にも広がる
2018.06.15
Web版 定期検査実施証明書デザイン変更のお知らせ
2018.05.31
沖縄の梅毒患者が過去最多 HIV感染者・エイズ患者数は過去3番目の多さ
2018.05.21
エイズ かつて死の病、今は早期発見で治療可能に
2018.05.15
【熊本県感染症情報】梅毒患者増加 県内3人確認
2018.05.07
梅毒患者、県内(埼玉県)は47人に…最多の昨年を超すペース 女性 は20代、男性は40代が多く 早めの受診を
2018.04.17
若い女性の梅毒患者が急増している理由…コンドーム着用でも安心禁物、誰でも感染 のリスク
2018.03.22
HIV感染者と患者「増加傾向変わらず」 福岡県で過去2番目の多さ [福岡県]
2018.03.22
HIV感染、昨年は1407人…すでにエイズ発症していた患者が415人〔読売新聞〕
2018.03.02
HIV感染者と患者が過去2番目の54人に 昨年の福岡市 [福岡県]
2018.01.23
検査結果確認画面リニューアル (スマートフォン・タブレット用)
2018.01.22
梅毒が全国的に流行、特に女性患者が急増
2018.01.18
平成29年の長野県の梅毒感染30人 33年ぶりの多さ 女性患者増
2018.01.05
梅毒5千人、初めて突破 患者最多は東京 若い女性らに感染拡大
2018.01.04
年始のご挨拶
2017.12.25
「梅毒」急増中の日本、世界は「淋病」制御不能時代を危惧
2017.12.25
今年も記録更新!梅毒の流行が止まらない!
2017.12.21
梅毒患者、全国で急増…主婦・OLにも感染拡大
2017.11.14
梅毒患者過去最多。「身に覚えがない」が最も危険
2017.11.01
梅毒患者 現行統計で年間過去最多の4568人
2017.11.01
梅毒感染、地方でも増加 岡山・熊本は昨年の3倍超
2017.09.22
九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多
2017.09.14
梅毒の患者数 約20年で最も多いペース
2017.09.11
性行為感染症(STD) 性行為以外でうつることも
2017.09.06
梅毒の勢い止まらず、年間5000人突破の恐れも
2017.08.31
「いきなりエイズ」なお3割=HIV感染・発症1448人-昨年厚労省
2017.08.28
過去の性病と侮るな 梅毒、20代女性患者が急増中 国内患者数6年間で7倍超
2017.08.14
広がる梅毒、母子感染も 昨年の報告数 42年ぶりに4000人突破
2017.07.24
ダイヤモンドオンラインの記事について②
2017.07.15
ダイヤモンドオンラインの記事について
2017.06.28
NHKにて梅毒の報道がありましたので抜粋して御案内します
2017.06.15
今年の梅毒患者が2000人超、過去最悪ペースで感染拡大 
2017.06.06
梅毒の届け出数、「多くの地域で増加」 感染研、昨年同時期と比較
2017.04.26
梅毒早くも1000例に
2017.04.21
急増する梅毒感染者、過去最速ペース 把握しておきたいHIV感染との関係
2017.04.13
HIVの郵送検査、10年で3倍超 顔合わせず可能
2017.04.07
梅毒感染者が急増!最速1000人超え 20代女性患者が目立つも「原因は不明」
2017.04.04
梅毒患者1000人超、過去最速で感染拡大
2017.03.31
HIV感染に気付いてない人 推計5800人
2017.01.17
新宿セントラルクリニックの報道について
2017.01.13
梅毒感染、42年ぶり4千人超 20代女性で急増
2017.01.13
梅毒患者4千人超、5年で5倍に…増加要因不明

ここまでが本文です