ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです

予防会からのお知らせや、性感染症(STD)に関するコラムをお届けします。


ここから本文です

2021.09.14

STDを知る

間違って自己診断してしまうことも多く、意外と複雑な性器カンジダ症

性器カンジダ症は、簡単に考えられがちですが、実は、発症要因から複雑で、外陰膣カンジダ症でないのに間違って外陰膣カンジダ症であると自己診断されてしまうことが多く、治療も複雑だったりします。それらを中心に説明していきます。

 

 

性器カンジダ症について

カンジダはカビの一種で、環境中のいたるところに存在します。人体にももちろん存在し、正常細菌叢(サイキンソウ)の一部として存在しています。様々な要因によって、カンジダが過剰に増え、組織に炎症をもたらし、症状を引き起こすことがあり、性器にそれが起こった場合、性器カンジダ症となります(女性では外陰膣カンジダ症、男性ではカンジダ亀頭炎と呼びます)。それらは性器への感染症ではありますが、他者から感染する性感染症と違い、自己発症が中心であり、少し理解を難しくしています。


まず、女性において、カンジダが炎症を引き起こすようになる要因は以下のようなものになります。

・糖尿病など免疫の低下

・抗菌薬の使用 報告によると外陰膣カンジダ症を発症している女性のうち1/4-1/3の原因が抗菌薬の影響と言われています(1)。

・妊娠 妊娠によってエストロゲンというホルモンが上昇します。エストロゲンが上昇すると外陰膣カンジダ症を発症しやすくなると言われています。

・ピル ピルもエストロゲンを上昇させます。しかし、外陰膣カンジダ症を発症しやすくなるという報告もあれば、関連がないといった報告、逆にリスクを低下させるという報告もあり、一定しておらず、議論があります。

・性行動 性感染症ではありませんが、性行為と関連はしています。性行為を開始する時期に外陰膣カンジダ症の頻度が増加することが報告されています(2)。しかし、性行為の頻度やパートナーの数とは関係がないとされています(3)。

男性の場合は、糖尿病、包茎等がカンジダ亀頭炎発症に影響します。また、外陰膣カンジダ症発症パートナーがいることもリスク要因となります。

 

性器カンジダ症の症状

 外陰膣カンジダ症においては、外陰部、膣のかゆみが主要な症状です。灼熱感、痛み、性交痛が見られることもあります。月経の1週間前に悪化することが多いといわれています。外陰部が赤くなり、傷が見られることもあります。これらは、アレルギー皮膚炎や細菌性膣症でもよく見られる症状です。おりものは典型的には濃く、塊上の白色を示しますが、水っぽい時もあり、他の膣炎と区別がつかないこともあります。


診断方法は他の疾患との区別もつけることができる顕微鏡観察が中心となります。顕微鏡観察でうまく観察されなかった場合や、治療に難渋する場合に培養検査を行うこともあります。


外陰膣カンジダ症において、最も気を付けないといけないことは、自己診断しないことです。症状が分かりやすいため、自己判断されていることが多いです。しかし、実は非常に不正確なのです。外陰膣カンジダ症と自己診断した方に対して、実際に検査で診断した結果、正しく診断できていたのは11-35%であったと報告されています(4)。実際は細菌性膣症であることが多く、この場合、外陰膣カンジダ症の治療をしてしまうと、細菌性膣症が悪化してしまうこともあり、注意が必要です。また、外陰膣カンジダ症と細菌性膣症が混合感染していることも多く、その場合は両方治療しないと改善しません。


したがって、外陰膣カンジダ症を疑う症状があった場合は、自己診断することなく、迅速に顕微鏡検査が行えるカンジダの検査、治療に慣れた当院のような病院へ行くことが必要です。


また、カンジダ亀頭炎の場合の症状は、亀頭部における、痛みや痒みを伴う赤い発疹です。時折、白い滲出液を認めることもあります。これらも細菌性亀頭炎やアレルギー性亀頭炎でもみられる症状であり、自己診断せずに、顕微鏡検査が出来る病院へいくことが重要です。

 

性器カンジダ症の治療

外陰膣カンジダ症と診断されても、軽微な症状であれば必ずしも治療は必要としません。症状が強い場合や症状を緩和したい場合には、薬物治療が必要です。


薬物治療は実は意外と複雑で、状況に応じた治療が必要です。通常は膣剤を使用します。外膣部への軟膏治療のみでは不十分という落とし穴があります。利便性を考えると内服剤が圧倒的に楽です。アメリカだと通常第一選択されます。


症状が激しい場合は、より強い治療が必要となります。内服治療を3日ごとに2-3回行ったり、膣錠治療を2週間程度まで行います。症状が改善しない場合は、一般的なカンジダ・アルビカンス以外のカンジダ(カンジダ・グラブラータやカンジダ・クルーセイ)の可能性を考えて治療薬を変更しないといけません。


さらに、1年以内で4回以上の再発がある場合は、再発性外陰膣カンジダ症(RVVC)と呼ばれる状態と定義され、通常とは異なる取扱いをすることが望ましいとされています。RVVCを引き起こすのは、一種のアレルギーのようなものと考えられており(5)、生まれ持った性質としてなりやすい人がいると考えられています。


RVVCに対しては、米国感染症学会(IDSA)より再発抑制療法を行うことが推奨されています(6)。再発抑制療法では、週1回の内服治療もしくは週2回の膣剤治療を半年間行います。しかし、この治療法は日本国内ではあまり知られていません。


カンジダ亀頭炎の場合は、軟膏治療で十分効果が図れます。しかし、症状が強い場合は、内服治療が必要です。
適切なカンジダの治療には、様々な状態の評価、考慮が必要であり、カンジダ治療に慣れた性感染症専門の病院での治療をオススメします。

 

まとめ

外陰膣カンジダ症は自己診断可能だと思っている人が多いが、判断ミスが多い

→迅速な顕微鏡検査が可能な病院における検査が必要


性器カンジダ症を適切に治療するには様々な考慮、治療オプションが必要

→性感染症専門の病院での治療がオススメ

 

1) Ray D, Goswami R, Banerjee U, Dadhwal V, Goswami D, Mandal P, Sreenivas V, Kochupillai N. Prevalence of Candida glabrata and its response to boric acid vaginal suppositories in comparison with oral fluconazole in patients with diabetes and vulvovaginal candidiasis. Diabetes Care. 2007 Feb;30(2):312-7.
2) Geiger AM, Foxman B, Gillespie BW. The epidemiology of vulvovaginal candidiasis among university students. Am J Public Health. 1995 Aug;85(8 Pt 1):1146-8.
3) Bradshaw CS, Morton AN, Garland SM, Morris MB, Moss LM, Fairley CK. Higher-risk behavioral practices associated with bacterial vaginosis compared with vaginal candidiasis. Obstet Gynecol. 2005 Jul;106(1):105-14.
4) Ferris DG, Dekle C, Litaker MS. Women’s use of over-the-counter antifungal medications for gynecologic symptoms. J Fam Pract. 1996 Jun;42(6):595-600.
5) De Luca A, Carvalho A, Cunha C, Iannitti RG, Pitzurra L, Giovannini G, Mencacci A, Bartolommei L, Moretti S, Massi-Benedetti C, Fuchs D, De Bernardis F, Puccetti P, Romani L. IL-22 and IDO1 affect immunity and tolerance to murine and human vaginal candidiasis. PLoS Pathog. 2013;9(7):e1003486.
6) Pappas PG, Kauffman CA, Andes D, Benjamin DK Jr, Calandra TF, Edwards JE Jr, Filler SG, Fisher JF, Kullberg BJ, Ostrosky-Zeichner L, Reboli AC, Rex JH, Walsh TJ, Sobel JD; Infectious Diseases Society of America. Clinical practice guidelines for the management of candidiasis: 2009 update by the Infectious Diseases Society of America. Clin Infect Dis. 2009 Mar 1;48(5):503-35.

 

【関連コラム】

①【カンジダ】梅雨~夏にかけて、あそこがかゆい!! 

②【カンジダ】くり返す外陰腟カンジダ症の原因は、ある習慣が関係しているかもしれません。 

③【細菌性膣症】イカ臭い原因!?これが謎の病気、細菌性腟症だ!!

 

 商品ページへ移動≫

 

 

性感染症が不安な方へ

性感染症は、早期発見と正しい治療が大切です。
予防会の郵送検査キットなら、保険証不要・匿名で誰にも知られずに性感染症の検査を受けることができます。お時間がない方や病院に行くのは抵抗があるという方などは、ぜひ予防会の郵送検査キットをご活用ください。

 

https://twitter.com/yoboukai

 

人気のコラム 人気のコラム

COLUMNS

新着情報 新着情報

NEWS

2021.07.20
「東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会」の開催に伴う、商品お届けの影響について
2021.07.15
コラム 治療薬が効きにくくなり、将来治癒不可能になるかもしれない淋菌感染症
2021.03.18
HIV検査数が半減、コロナ拡大でためらいも「感染者を把握できていない可能性」
2021.02.18
コラム ある美容施術のお陰で減っている?性感染症:ケジラミ症
2021.02.01
【新型コロナウイルス検査物搬送のための3重包装】
2021.01.15
コラム くり返す外陰腟カンジダ症の原因は、ある習慣が関係しているかもしれません
2021.01.04
年始のご挨拶
2020.12.15
コラム 性器と咽頭のマイコプラズマ・ウレアプラズマ保菌率調査結果について
2020.11.16
コラム HIV感染症とAIDSについて
2020.10.15
コラム 淋しい病気と書く淋病(淋菌感染症)について
2020.09.14
コラム AYA世代に多いがん:子宮頸がんとHPV検査
2020.09.11
新型コロナウイルスの影響による、郵送物などの遅延の可能性について
2020.06.15
コラム 低用量ピルの効能と副作用について知っておこう。
2020.05.16
新型コロナウイルス抗体検査開始のご案内
2020.05.15
コラム メンズヘルスについて (LOH症候群をご存知ですか?)
2020.05.01
オンライン診療開始のお知らせ
2020.04.06
春は健康診断の季節!
2020.03.15
コラム「性器ヘルペスについて~性器ヘルペスの治療は、最初が肝心・再発はコントロールできる~」
2020.01.15
コラム「近年治療が進歩した尖圭コンジローマ」
2020.01.06
年始のご挨拶
2019.12.23
年末年始休業のお知らせ
2019.12.16
コラム「ありふれたウィルス:ヒトパピローマウィルス(HPV)について知っておこう」
2019.12.02
血液の検査セットが新しくなりました
2019.11.15
コラム クラミジアってなんだ?? ~ウィルスのような細菌・クラミジアのワクチン開発~
2019.10.15
自分の健康は自分で管理する!自分の身体のことを良く知っておこう!
2019.09.27
消費税引き上げに伴う、サイト内の検査料金の改定ついて
2019.09.13
消費税率引き上げに伴う価格改定のお知らせ
2019.08.13
コラム 梅雨~夏にかけて、あそこがかゆい!!
2019.07.23
2020東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた交通対策実験によるお届けの影響について
2019.07.09
5年で急増、日本人を襲う「梅毒」の意外な実態
2019.06.16
コラム 梅毒は治る病気!そのためには早期診断・早期治療がポイント!
2019.06.14
2019,6,27(木) ~ 2019,7,2(火) の 大阪府、兵庫県 へのお届けについて
2019.06.07
性病に毎日100万人が感染 「感染率下がっていない」 WHO
2019.05.24
コラム掲載
2019.04.01
渋谷クリニック開院のお知らせ
2019.03.04
池袋サテライトクリニック開院のお知らせ
2019.02.20
池袋サテライトクリニックOPENのお知らせ
2018.12.27
年末年始のお知らせ
2018.11.14
18年の梅毒患者が5811人に この20年で最多
2018.10.11
梅毒2年連続5千人台…感染3週間で「しこり」
2018.07.30
若者の新規HIV感染者年間25万人、3分の2は女子:ユニセフが「HIV/エイズ報告書」
2018.06.29
梅毒感染、知らぬ間に 地方都市や若い女子にも広がる
2018.06.15
Web版 定期検査実施証明書デザイン変更のお知らせ
2018.05.31
沖縄の梅毒患者が過去最多 HIV感染者・エイズ患者数は過去3番目の多さ
2018.05.21
エイズ かつて死の病、今は早期発見で治療可能に
2018.05.15
【熊本県感染症情報】梅毒患者増加 県内3人確認
2018.05.07
梅毒患者、県内(埼玉県)は47人に…最多の昨年を超すペース 女性 は20代、男性は40代が多く 早めの受診を
2018.04.17
若い女性の梅毒患者が急増している理由…コンドーム着用でも安心禁物、誰でも感染 のリスク
2018.03.22
HIV感染者と患者「増加傾向変わらず」 福岡県で過去2番目の多さ [福岡県]
2018.03.22
HIV感染、昨年は1407人…すでにエイズ発症していた患者が415人〔読売新聞〕
2018.03.02
HIV感染者と患者が過去2番目の54人に 昨年の福岡市 [福岡県]
2018.01.23
検査結果確認画面リニューアル (スマートフォン・タブレット用)
2018.01.22
梅毒が全国的に流行、特に女性患者が急増
2018.01.18
平成29年の長野県の梅毒感染30人 33年ぶりの多さ 女性患者増
2018.01.05
梅毒5千人、初めて突破 患者最多は東京 若い女性らに感染拡大
2018.01.04
年始のご挨拶
2017.12.25
「梅毒」急増中の日本、世界は「淋病」制御不能時代を危惧
2017.12.25
今年も記録更新!梅毒の流行が止まらない!
2017.12.21
梅毒患者、全国で急増…主婦・OLにも感染拡大
2017.11.14
梅毒患者過去最多。「身に覚えがない」が最も危険
2017.11.01
梅毒患者 現行統計で年間過去最多の4568人
2017.11.01
梅毒感染、地方でも増加 岡山・熊本は昨年の3倍超
2017.09.22
九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多
2017.09.14
梅毒の患者数 約20年で最も多いペース
2017.09.11
性行為感染症(STD) 性行為以外でうつることも
2017.09.06
梅毒の勢い止まらず、年間5000人突破の恐れも
2017.08.31
「いきなりエイズ」なお3割=HIV感染・発症1448人-昨年厚労省
2017.08.28
過去の性病と侮るな 梅毒、20代女性患者が急増中 国内患者数6年間で7倍超
2017.08.14
広がる梅毒、母子感染も 昨年の報告数 42年ぶりに4000人突破
2017.07.24
ダイヤモンドオンラインの記事について②
2017.07.15
ダイヤモンドオンラインの記事について
2017.06.28
NHKにて梅毒の報道がありましたので抜粋して御案内します
2017.06.15
今年の梅毒患者が2000人超、過去最悪ペースで感染拡大 
2017.06.06
梅毒の届け出数、「多くの地域で増加」 感染研、昨年同時期と比較
2017.04.26
梅毒早くも1000例に
2017.04.21
急増する梅毒感染者、過去最速ペース 把握しておきたいHIV感染との関係
2017.04.13
HIVの郵送検査、10年で3倍超 顔合わせず可能
2017.04.07
梅毒感染者が急増!最速1000人超え 20代女性患者が目立つも「原因は不明」
2017.04.04
梅毒患者1000人超、過去最速で感染拡大
2017.03.31
HIV感染に気付いてない人 推計5800人
2017.01.17
新宿セントラルクリニックの報道について
2017.01.13
梅毒感染、42年ぶり4千人超 20代女性で急増
2017.01.13
梅毒患者4千人超、5年で5倍に…増加要因不明

ここまでが本文です