ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです

予防会からのお知らせや、性感染症(STD)に関するコラムをお届けします。


ここから本文です

2020.02.14

STDを防ぐ

特集

性器ヘルペスについて ~2億年前からいるウィルス~

性器ヘルペスの原因である単純ヘルペスウィルスは、なんと2億年も前にヒトの祖先の動物に感染していて、ヒトの進化とともにこのウィルス自身もDNAを子孫に伝えてきました。ヒト以外にも魚類など多くの脊椎動物から200種類以上も発見されています。
ヒトに感染するヘルペスウィルスの仲間は、単純ヘルペスウィルス1型(HSV-1)、2型(HSV-2)、水痘―帯状疱疹ウィルス、サイトメガロウィルスなどがあります。
ヘルペスウィルスがこれほど長く生き残れた理由は、ヒトの免疫を巧妙に制御し、自身のDNAを守る機能を獲得してきたことによります。

 

それは、いったいどういうことなのでしょうか?
ヘルペスウィルスの特徴を知ることで、感染した際の症状について理解しやすくなります。

ヘルペス目次

2億年も前からいるヘルペスウィルスについて、1回分のコラムでは書ききれなかったので、2回に分けて書くことにしました。1回目は診断までです。

 

1. ヘルペスウィルスの特徴は?

ヘルペスウィルスの一番の特徴は、「潜伏感染」をすることです。
「潜伏」とは文字通り、「相手に見つからないように身を潜める」という意味です。

忍者

ではこの場合の「相手」とは誰のことでしょうか?
それはヒトです。正しくは、ヒトの免疫細胞です。

 

通常、ヒトの体内にウィルスや細菌が侵入すると、免疫細胞がそれを外敵とみなして攻撃します。ところが、ヘルペスウィルスの場合は、侵入した当初は免疫細胞に見つかりますが、集中攻撃が開始される前に皮膚の知覚神経を伝って遡り、深部の神経節に移動して潜伏感染状態となり、身を潜めるのです。この潜伏感染状態の時、ウィルス遺伝子の発現もほとんどなく、抗原となるたんぱく質も発現しないため、ヒトの免疫細胞はヘルペスウィルスに感染した細胞を見つけることができないので、潜伏感染中は攻撃することができないのです。これが、一度感染したあともずっと身体の中に住み続けることができるヘルペスウィルスの最大の特徴です。
さらに、身体の中に住み続けているヘルペスウィルスは、ヒトの免疫が何らかの原因で低下したときに、潜伏感染状態から増殖を開始(再活性化)して、神経節から皮膚へ移動して2度目、3度目の病変を引き起こします。これを、回帰感染あるいは再発と呼びます。回帰感染(再発)時には、免疫細胞に見つかるので、初感染の初発時よりは軽症になります。

潜伏感染 ①

潜伏感染(引用:maruhoより一部改変)

 

ところで、ヘルペスウィルスの「ヘルペス」って、変な名前だと思いませんか?
私が学生だったころ、細菌学の講義のときに、このヘルペスという名前が奇妙だったので興味を持ったのを憶えています。
「ヘルペス」はギリシャ語で「這う」という意味で、このように感染領域の知覚神経を這って所属神経節(上半身は三叉神経節、下半身は腰仙髄神経節)に潜伏したり、免疫低下時には神経節から知覚神経を這って再び皮膚に出現したりすることからこのような名前が付いたのです。
このようにヘルペスウィルスは性器自体に感染するというよりも、性器周辺の「神経に感染をする」ととらえた方が正しいです。
また、ヒトに感染する単純ヘルペスウィルスには、HSV-1とHSV-2の2種類があります。かつて、口唇周辺の症状のときはHSV-1、性器周辺の症状のときはHSV-2が原因であると言われていましたが、近年、オーラルセックスによってHSV-1が性器周辺の神経に初感染すると、性器ヘルペスとして発症することが分かってきました。HSV-1、HSV-2のどちらも性器に症状を現すので、怖いイメージを持つ方もいらっしゃると思います。
しかし、この2つのウィルスの大きな違いは、潜伏感染の場所が違うことです。HSV-1の潜伏場所は三叉神経節という顔の運動や知覚をつかさどる神経の根元で、HSV-2の潜伏場所は腰仙髄神経節という陰部・生殖器系の知覚神経の根元なので、もし、HSV-1が性器周辺の神経に感染しても腰仙髄神経節には潜伏しないので、HSV-1による性器ヘルペスの再発は起こりにくいということになります。

HSV-1・2違い ②

 

2. 性器ヘルペス感染者は増加している?

性器ヘルペスは、性感染症定点把握疾患に該当し、全国の指定を受けた医療機関(性感染症定点医療機関)で診断された患者数を毎月管轄の保健所へ届け出ることになっています。その報告によると、平成30年の性感染症定点医療機関は984施設であり、患者数は9128人でした。1定点医療機関あたりでみると、性器ヘルペスの患者さんは年間9.3人来院されたことになります。患者数は、平成18年までは年間10人以上のペースでしたが、平成19年以降は年間9人に下がりました。これは、平成18年に感染症法の改訂があり、「再発の性器ヘルペス」の報告は除外して良いことになったためと考えられます。しかし、以降9人台で近年やや微増している状態です。
最新の平成30年のデータでは、男性3584人、女性5544人で女性に多く、男性では40~44歳、女性では25~29歳が一番多い年齢層になっています。また、男女ともに、60歳以上の年齢層でも患者数が多くなっています。これは、感染すると一生涯持ち続けるヘルペスウィルスが、高齢で免疫力が低下して発症することと関連していると考えられます。男性に比べて女性に多い理由は、女性の方が重い症状なので異常に気づきやすいことが推察されます。

ヘルペス年次推移 ③ H30ヘルペス患者報告数 ④

 

3.ヘルペスウィルス感染症の症状は?

1) 急性型
外部から侵入したHSVの初感染によっておこる初発のケース。感染機会があってから2~21日後に外陰部の不快感、かゆみなどの前駆症状ののち、発熱、全身倦怠感、所属リンパ節の腫脹、急激に小さな水疱が多数出現し、つぶれて癒合したあとは潰瘍になって強い痛みを生じます。男性では、陰茎包皮冠状溝亀頭に、女性では、外陰部子宮頸部に病変を生じ、無治療でも自然軽快しますが、治癒するまでに2~4週間近くかかります。女性は痛みが強いために、排尿困難や歩行困難になることがあり、重症になると入院して点滴治療が必要になります。後に詳しく述べますが、初発の症状が長引くと再発頻度が高まるので、早期に抗ウィルス薬で積極的に治療することが大切です。ヘルペスに対する抗ウィルス薬はほとんど副作用がありませんので、疑わしきは罰するを原則に、私は積極的に治療するようにしています。

2) 再発型
潜伏感染していたHSVの再活性化によっておこるケース。疲労、月経、性交などの刺激で誘発され症状が出ますが、急性型に比べて水疱の数は少なく症状も軽度であり1週間以内に治癒することが多いです。再発の回数は月に2~3回から年に1~2回と様々です。この年末年始は皆さん忙しかったせいか、性器ヘルペス再発の患者さんが多く来院されました。

3) 誘発型
過去に感染したものの、その時は無症状で、免疫低下を契機としてウィルスが活性化し、初めて症状が出るケースです。症状は軽いため、海外では再発型として分類されています。

 

4.診断は?

問診と視診以外に有用な検査方法が無いのが現状です。

<問診>
発熱の有無や痛みのある場所、痛みの程度、坐骨神経痛や腰痛の随伴症状についてお聞きします。

<視診>
水疱、潰瘍、発赤、びらん、痂疲など、ヘルペスに典型的な皮膚症状を見て判断します。HSVの分離培養検査が信頼度の高い検査ですが、未承認検査のため結果が出るまで時間がかかり、高額なのが難点です。近年、HSV抗原の迅速検査ができるようになりましたが、潰瘍面をしっかり拭わないと偽陰性になることが多く、また、HSV-1とHSV-2の区別はできません。血清抗体による診断は、初感染では病状の落ち着く7~10病日にようやく陽性になるため、発症早期の診断には向いていません。
性器ヘルペスは、症状や特徴的な皮膚病変を専門的に見ることによって確実に診断できますので、外陰部の違和感や痛みなどがあれば、なるべく早い段階での受診をお勧めします。

 

ヘルペスウィルスは一度感染すると根治することは難しく、個人差はありますが、繰り返し再発することが問題になります。アメリカでの調査によると、HSV-2に感染したほとんどの人が、その後何らかの症状を伴って再発し、そのうちの35%以上は頻繁に再発をすることがわかりました。特に、初感染時の症状が長引いた方は頻繁に再発します。また、男性の方が女性よりも約20%再発率が高いので、性器ヘルペスの罹患者数が減らないのは、男性から女性への感染率が高いためと言われています。
再発は、免疫の低下、疲労、ストレス、月経周期などが誘因と言われていますが、再発しないように、これらの誘因を避けて生活することなんて無理ですし、そのように気を使って生活する方がよっぽどストレスです。
それでも、ごく少数の方は頻繁に再発してしまいますが、再発の頻度や症状に応じて、再発を抑える治療が受けられます。この治療は、再発による症状の期間を短縮したり、再発の頻度を減らす効果があります。

 

次回は後半の性器ヘルペスの治療についてです。

 

★ 前出Dr profile スマフォ

 

 

 

 

 

人気のコラム 人気のコラム

COLLUMNS

新着情報 新着情報

NEWS

2020.04.06
春は健康診断の季節!
2020.03.15
コラム「性器ヘルペスについて~性器ヘルペスの治療は、最初が肝心・再発はコントロールできる~」
2020.01.15
コラム「近年治療が進歩した尖圭コンジローマ」
2020.01.06
年始のご挨拶
2019.12.23
年末年始休業のお知らせ
2019.12.16
コラム「ありふれたウィルス:ヒトパピローマウィルス(HPV)について知っておこう」
2019.12.02
血液の検査セットが新しくなりました
2019.11.15
コラム クラミジアってなんだ?? ~ウィルスのような細菌・クラミジアのワクチン開発~
2019.10.15
自分の健康は自分で管理する!自分の身体のことを良く知っておこう!
2019.09.27
消費税引き上げに伴う、サイト内の検査料金の改定ついて
2019.09.13
消費税率引き上げに伴う価格改定のお知らせ
2019.08.13
コラム 梅雨~夏にかけて、あそこがかゆい!!
2019.07.23
2020東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた交通対策実験によるお届けの影響について
2019.07.09
5年で急増、日本人を襲う「梅毒」の意外な実態
2019.06.16
コラム 梅毒は治る病気!そのためには早期診断・早期治療がポイント!
2019.06.14
2019,6,27(木) ~ 2019,7,2(火) の 大阪府、兵庫県 へのお届けについて
2019.06.07
性病に毎日100万人が感染 「感染率下がっていない」 WHO
2019.05.24
コラム掲載
2019.04.01
渋谷クリニック開院のお知らせ
2019.03.04
池袋サテライトクリニック開院のお知らせ
2019.02.20
池袋サテライトクリニックOPENのお知らせ
2018.12.27
年末年始のお知らせ
2018.11.14
18年の梅毒患者が5811人に この20年で最多
2018.10.11
梅毒2年連続5千人台…感染3週間で「しこり」
2018.07.30
若者の新規HIV感染者年間25万人、3分の2は女子:ユニセフが「HIV/エイズ報告書」
2018.06.29
梅毒感染、知らぬ間に 地方都市や若い女子にも広がる
2018.06.15
Web版 定期検査実施証明書デザイン変更のお知らせ
2018.05.31
沖縄の梅毒患者が過去最多 HIV感染者・エイズ患者数は過去3番目の多さ
2018.05.21
エイズ かつて死の病、今は早期発見で治療可能に
2018.05.15
【熊本県感染症情報】梅毒患者増加 県内3人確認
2018.05.07
梅毒患者、県内(埼玉県)は47人に…最多の昨年を超すペース 女性 は20代、男性は40代が多く 早めの受診を
2018.04.17
若い女性の梅毒患者が急増している理由…コンドーム着用でも安心禁物、誰でも感染 のリスク
2018.03.22
HIV感染者と患者「増加傾向変わらず」 福岡県で過去2番目の多さ [福岡県]
2018.03.22
HIV感染、昨年は1407人…すでにエイズ発症していた患者が415人〔読売新聞〕
2018.03.02
HIV感染者と患者が過去2番目の54人に 昨年の福岡市 [福岡県]
2018.01.23
検査結果確認画面リニューアル (スマートフォン・タブレット用)
2018.01.22
梅毒が全国的に流行、特に女性患者が急増
2018.01.18
平成29年の長野県の梅毒感染30人 33年ぶりの多さ 女性患者増
2018.01.05
梅毒5千人、初めて突破 患者最多は東京 若い女性らに感染拡大
2018.01.04
年始のご挨拶
2017.12.25
「梅毒」急増中の日本、世界は「淋病」制御不能時代を危惧
2017.12.25
今年も記録更新!梅毒の流行が止まらない!
2017.12.21
梅毒患者、全国で急増…主婦・OLにも感染拡大
2017.11.14
梅毒患者過去最多。「身に覚えがない」が最も危険
2017.11.01
梅毒患者 現行統計で年間過去最多の4568人
2017.11.01
梅毒感染、地方でも増加 岡山・熊本は昨年の3倍超
2017.09.22
九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多
2017.09.14
梅毒の患者数 約20年で最も多いペース
2017.09.11
性行為感染症(STD) 性行為以外でうつることも
2017.09.06
梅毒の勢い止まらず、年間5000人突破の恐れも
2017.08.31
「いきなりエイズ」なお3割=HIV感染・発症1448人-昨年厚労省
2017.08.28
過去の性病と侮るな 梅毒、20代女性患者が急増中 国内患者数6年間で7倍超
2017.08.14
広がる梅毒、母子感染も 昨年の報告数 42年ぶりに4000人突破
2017.07.24
ダイヤモンドオンラインの記事について②
2017.07.15
ダイヤモンドオンラインの記事について
2017.06.28
NHKにて梅毒の報道がありましたので抜粋して御案内します
2017.06.15
今年の梅毒患者が2000人超、過去最悪ペースで感染拡大 
2017.06.06
梅毒の届け出数、「多くの地域で増加」 感染研、昨年同時期と比較
2017.04.26
梅毒早くも1000例に
2017.04.21
急増する梅毒感染者、過去最速ペース 把握しておきたいHIV感染との関係
2017.04.13
HIVの郵送検査、10年で3倍超 顔合わせず可能
2017.04.07
梅毒感染者が急増!最速1000人超え 20代女性患者が目立つも「原因は不明」
2017.04.04
梅毒患者1000人超、過去最速で感染拡大
2017.03.31
HIV感染に気付いてない人 推計5800人
2017.01.17
新宿セントラルクリニックの報道について
2017.01.13
梅毒感染、42年ぶり4千人超 20代女性で急増
2017.01.13
梅毒患者4千人超、5年で5倍に…増加要因不明

ここまでが本文です