ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです

予防会からのお知らせや、性感染症(STD)に関するコラムをお届けします。


ここから本文です

2021.07.15

特集

治療薬が効きにくくなり、将来治癒不可能になるかもしれない淋菌感染症

性感染症の中で最も薬剤耐性化が進行しつつある感染症が淋菌性感染症です。恐ろしい未来が待っているかもしれません。それも含めて説明していきます。

 

淋菌性感染症について

淋菌性感染症は、ナイセリア・ゴノレアという細菌(日本語では淋菌と訳されてきました)によって引き起こされます。
多くの国において、クラミジアの次に多い性感染症です。淋菌は、性器粘膜への定着力に優れるため、性行為を通じて感染していきます。
淋菌は、男性の尿道炎、女性の子宮頚管炎の主要な原因となります。子宮頚管炎は、骨盤内炎症性疾患(PID)、不妊症、子宮外妊娠、および慢性骨盤痛へ発展することもあります。また、咽頭や直腸にも感染し、まれに播種(はしゅ)性淋菌感染症、心内膜炎、髄膜炎といった深刻な病気を引き起こすこともあります。

 

 

淋菌性感染症の症状

まず、女性において、最も一般的な淋菌の感染部位は子宮頚管です。70%の女性は症状がありません(1)。症状がある場合、おりものの性状変化、膣のかゆみが多く、まれに不正出血を来すこともあります。また、淋菌が子宮頸管に感染している人のうち最大90%で尿道にも淋菌が感染しています(2)。しかし、ほとんど無症状であり、まれに排尿時痛や頻尿を引き起こします。さらに淋菌が子宮頸管に感染している人のうち10-20%において、卵管、子宮、卵巣といった骨盤内へ感染しています(PIDといいます)(3)。PIDに至ると、骨盤・腹痛、不正出血、性交時の痛みを自覚するようになります。

 

男性の場合は、最も一般的な淋菌の感染部位は尿道となり、症状としては排尿時痛、尿道分泌物となります。しかし、60%は無症状という報告もあります(4)。また、尿道から、睾丸(正式には精巣上体という部位)へ侵入することもあります。その場合は、睾丸痛を来します。

オーラルセックスにより咽頭へ感染することも一般的になってきました。しかし、淋菌咽頭感染症の大部分は無症候性です。咽頭痛、咽頭滲出液、頸部リンパ節腫脹を来す人もいますが、非常にまれです。
まとめますと、淋菌は様々に症状を引き起こすこともありますが、多くが無症状なので、定期的な検査が必要となります。

 

 

淋菌性感染症の治療

淋菌性感染症の治療においては、セフトリアキソンという薬を1回投与するだけで、治癒可能なことが示され、長らく標準治療として使用されてきました。しかし、昨今、セフトリアキソンが効かない(耐性)淋菌が出現するようになり、世界中の薬剤耐性菌の動向を監視し、対策に取り組んでいるアメリカ疾病予防管理センター(CDC)によって、最も危険レベル(Urgent threat)に位置付けられました(5)。性感染症のなかで、このような脅威を示している菌は淋菌だけです。理由は淋菌の特殊な特徴に基づいています。少し難しい話になりますが、通常、細菌は外部のDNAを自然に取り込むことはありませんが、淋菌は外部のDNAをごく普通に取り込むという特徴(自然形質転換)を持ちます。それにより、変異していくスピードが非常に高いです。

 


このような現状から、CDCはセフトリアキソン単独治療を推奨せず、セフトリアキソン250mg+アジスロマイシン1g二重療法を標準治療とする指針を示しています(6)。ただし、日本では事情が異なり、アレルギーの懸念から欧米で行われているセフトリアキソン250mg筋注が認められず、1g点滴が行われてきました。実は、これが功を奏しています。現在のセフトリアキソン耐性淋菌も、250mgでなく1gでは治療可能といわれています(7)。しかし、効果不十分となることもあり、その場合は二重療法が必要となります。

 


先ほど述べた淋菌の特徴から、いずれセフトリアキソン1gに耐性を示すようになるのは時間の問題です。また、アジスロマイシン耐性淋菌もすでに報告されています。そして、これらの耐性菌に対しては、実はカルバペネムという現時点で最強の抗菌薬によって治療可能ではあります。しかし、それもいずれは耐性となり、何も効かない淋菌が出てくると想定されます。セフトリアキソンが標準治療となって15年で耐性化が進みました(8)。15年後にはセフトリアキソンが完全に効かなくなり、30年後には何も効かなくなることが予想されます。そのためにも、今のうちに検査し、治療しておく必要があります。何も効かなくなり、治癒不可能となる未来の前に。

 

まとめ


淋菌性感染症は無症状のことが多い → 定期的な検査が必要


将来治癒不可能になるかもしれません → 今のうちに治療を

 

1) McCormack WM, Stumacher RJ, Johnson K, Donner A. Clinical spectrum of gonococcal infection in women. Lancet. 1977 Jun 4;1(8023):1182-5.
2) Barlow D, Phillips I. Gonorrhoea in women. Diagnostic, clinical, and laboratory aspects. Lancet. 1978 Apr 8;1(8067):761-4.
3) Eschenbach DA, Buchanan TM, Pollock HM, Forsyth PS, Alexander ER, Lin JS, Wang SP, Wentworth BB, MacCormack WM, Holmes KK. Polymicrobial etiology of acute pelvic inflammatory disease. N Engl J Med. 1975 Jul 24;293(4):166-71.
4) Klouman E, Masenga EJ, Sam NE, Klepp KI. Asymptomatic gonorrhoea and chlamydial infection in a population-based and work-site based sample of men in Kilimanjaro, Tanzania. Int J STD AIDS. 2000 Oct;11(10):666-74.
5) CDC. Antibiotic Resistance Threats in the United States, 2019. Atlanta, GA: U.S. Department of Health and Human Services, CDC; 2019
6) St Cyr S, Barbee L, Workowski KA, Bachmann LH, Pham C, Schlanger K, Torrone E, Weinstock H, Kersh EN, Thorpe P. Update to CDC’s Treatment Guidelines for Gonococcal Infection, 2020. MMWR Morb Mortal Wkly Rep. 2020 Dec 18;69(50):1911-1916.
7) Centers for Disease Control and Prevention (CDC). Cephalosporin susceptibility among Neisseria gonorrhoeae isolates–United States, 2000-2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep. 2011 Jul 8;60(26):873-7.
8) Wi T, Lahra MM, Ndowa F, Bala M, Dillon JR, Ramon-Pardo P, Eremin SR, Bolan G, Unemo M. Antimicrobial resistance in Neisseria gonorrhoeae: Global surveillance and a call for international collaborative action. PLoS Med. 2017 Jul 7;14(7):e1002344.

 

 

性感染症が不安な方へ

性感染症は、早期発見と正しい治療が大切です。
予防会の郵送検査キットなら、保険証不要・匿名で誰にも知られずに性感染症の検査を受けることができます。お時間がない方や病院に行くのは抵抗があるという方などは、ぜひ予防会の郵送検査キットをご活用ください。

 

【コラム⇒Twitter】Twitter (2)

 

【関連コラム】

■ 淋しい病気と書く淋病(淋菌感染症)について

 

【男性】商品ページへ移動≫

 

【女性】商品ページへ移動≫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気のコラム 人気のコラム

COLUMNS

新着情報 新着情報

NEWS

2021.07.20
「東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会」の開催に伴う、商品お届けの影響について
2021.07.15
コラム 治療薬が効きにくくなり、将来治癒不可能になるかもしれない淋菌感染症
2021.03.18
HIV検査数が半減、コロナ拡大でためらいも「感染者を把握できていない可能性」
2021.02.18
コラム ある美容施術のお陰で減っている?性感染症:ケジラミ症
2021.02.01
【新型コロナウイルス検査物搬送のための3重包装】
2021.01.15
コラム くり返す外陰腟カンジダ症の原因は、ある習慣が関係しているかもしれません
2021.01.04
年始のご挨拶
2020.12.15
コラム 性器と咽頭のマイコプラズマ・ウレアプラズマ保菌率調査結果について
2020.11.16
コラム HIV感染症とAIDSについて
2020.10.15
コラム 淋しい病気と書く淋病(淋菌感染症)について
2020.09.14
コラム AYA世代に多いがん:子宮頸がんとHPV検査
2020.09.11
新型コロナウイルスの影響による、郵送物などの遅延の可能性について
2020.06.15
コラム 低用量ピルの効能と副作用について知っておこう。
2020.05.16
新型コロナウイルス抗体検査開始のご案内
2020.05.15
コラム メンズヘルスについて (LOH症候群をご存知ですか?)
2020.05.01
オンライン診療開始のお知らせ
2020.04.06
春は健康診断の季節!
2020.03.15
コラム「性器ヘルペスについて~性器ヘルペスの治療は、最初が肝心・再発はコントロールできる~」
2020.01.15
コラム「近年治療が進歩した尖圭コンジローマ」
2020.01.06
年始のご挨拶
2019.12.23
年末年始休業のお知らせ
2019.12.16
コラム「ありふれたウィルス:ヒトパピローマウィルス(HPV)について知っておこう」
2019.12.02
血液の検査セットが新しくなりました
2019.11.15
コラム クラミジアってなんだ?? ~ウィルスのような細菌・クラミジアのワクチン開発~
2019.10.15
自分の健康は自分で管理する!自分の身体のことを良く知っておこう!
2019.09.27
消費税引き上げに伴う、サイト内の検査料金の改定ついて
2019.09.13
消費税率引き上げに伴う価格改定のお知らせ
2019.08.13
コラム 梅雨~夏にかけて、あそこがかゆい!!
2019.07.23
2020東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた交通対策実験によるお届けの影響について
2019.07.09
5年で急増、日本人を襲う「梅毒」の意外な実態
2019.06.16
コラム 梅毒は治る病気!そのためには早期診断・早期治療がポイント!
2019.06.14
2019,6,27(木) ~ 2019,7,2(火) の 大阪府、兵庫県 へのお届けについて
2019.06.07
性病に毎日100万人が感染 「感染率下がっていない」 WHO
2019.05.24
コラム掲載
2019.04.01
渋谷クリニック開院のお知らせ
2019.03.04
池袋サテライトクリニック開院のお知らせ
2019.02.20
池袋サテライトクリニックOPENのお知らせ
2018.12.27
年末年始のお知らせ
2018.11.14
18年の梅毒患者が5811人に この20年で最多
2018.10.11
梅毒2年連続5千人台…感染3週間で「しこり」
2018.07.30
若者の新規HIV感染者年間25万人、3分の2は女子:ユニセフが「HIV/エイズ報告書」
2018.06.29
梅毒感染、知らぬ間に 地方都市や若い女子にも広がる
2018.06.15
Web版 定期検査実施証明書デザイン変更のお知らせ
2018.05.31
沖縄の梅毒患者が過去最多 HIV感染者・エイズ患者数は過去3番目の多さ
2018.05.21
エイズ かつて死の病、今は早期発見で治療可能に
2018.05.15
【熊本県感染症情報】梅毒患者増加 県内3人確認
2018.05.07
梅毒患者、県内(埼玉県)は47人に…最多の昨年を超すペース 女性 は20代、男性は40代が多く 早めの受診を
2018.04.17
若い女性の梅毒患者が急増している理由…コンドーム着用でも安心禁物、誰でも感染 のリスク
2018.03.22
HIV感染者と患者「増加傾向変わらず」 福岡県で過去2番目の多さ [福岡県]
2018.03.22
HIV感染、昨年は1407人…すでにエイズ発症していた患者が415人〔読売新聞〕
2018.03.02
HIV感染者と患者が過去2番目の54人に 昨年の福岡市 [福岡県]
2018.01.23
検査結果確認画面リニューアル (スマートフォン・タブレット用)
2018.01.22
梅毒が全国的に流行、特に女性患者が急増
2018.01.18
平成29年の長野県の梅毒感染30人 33年ぶりの多さ 女性患者増
2018.01.05
梅毒5千人、初めて突破 患者最多は東京 若い女性らに感染拡大
2018.01.04
年始のご挨拶
2017.12.25
「梅毒」急増中の日本、世界は「淋病」制御不能時代を危惧
2017.12.25
今年も記録更新!梅毒の流行が止まらない!
2017.12.21
梅毒患者、全国で急増…主婦・OLにも感染拡大
2017.11.14
梅毒患者過去最多。「身に覚えがない」が最も危険
2017.11.01
梅毒患者 現行統計で年間過去最多の4568人
2017.11.01
梅毒感染、地方でも増加 岡山・熊本は昨年の3倍超
2017.09.22
九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多
2017.09.14
梅毒の患者数 約20年で最も多いペース
2017.09.11
性行為感染症(STD) 性行為以外でうつることも
2017.09.06
梅毒の勢い止まらず、年間5000人突破の恐れも
2017.08.31
「いきなりエイズ」なお3割=HIV感染・発症1448人-昨年厚労省
2017.08.28
過去の性病と侮るな 梅毒、20代女性患者が急増中 国内患者数6年間で7倍超
2017.08.14
広がる梅毒、母子感染も 昨年の報告数 42年ぶりに4000人突破
2017.07.24
ダイヤモンドオンラインの記事について②
2017.07.15
ダイヤモンドオンラインの記事について
2017.06.28
NHKにて梅毒の報道がありましたので抜粋して御案内します
2017.06.15
今年の梅毒患者が2000人超、過去最悪ペースで感染拡大 
2017.06.06
梅毒の届け出数、「多くの地域で増加」 感染研、昨年同時期と比較
2017.04.26
梅毒早くも1000例に
2017.04.21
急増する梅毒感染者、過去最速ペース 把握しておきたいHIV感染との関係
2017.04.13
HIVの郵送検査、10年で3倍超 顔合わせず可能
2017.04.07
梅毒感染者が急増!最速1000人超え 20代女性患者が目立つも「原因は不明」
2017.04.04
梅毒患者1000人超、過去最速で感染拡大
2017.03.31
HIV感染に気付いてない人 推計5800人
2017.01.17
新宿セントラルクリニックの報道について
2017.01.13
梅毒感染、42年ぶり4千人超 20代女性で急増
2017.01.13
梅毒患者4千人超、5年で5倍に…増加要因不明

ここまでが本文です