ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです

予防会からのお知らせや、性感染症(STD)に関するコラムをお届けします。


ここから本文です

2019.12.16

STDを防ぐ

「ありふれたウィルス:ヒトパピローマウィルス(HPV)について知っておこう」

“ありふれたウィルス”って、いったいどういう意味?と、思われた方も多いと思います。
私も、このHPVのコラムを書くにあたっていろいろな書類をかき集めて勉強するのですが、あらゆる教科書に、“HPVは、ありふれたウィルス”と書かれていて、なんとなくわかりづらいと思いました。
この「ありふれた」という言葉を調べてみると、「どこにでもあること、普通であること」という意味だったので、「HPVは、年がら年中どこにでもあるウィルス」だということです。
どこにでもあるので、HPVに接する機会も非常に高く、私たちの生活にとても馴染み深いウィルスだということです。

 

ところで、ヒトに癌を発生させる可能性のあるウィルスをご存知でしょうか?
・肝細胞がん:B型肝炎ウィルス(HBV)、C型肝炎ウィルス(HCV)
・リンパ性白血病:EBウィルス(EBV)、ヒトリンパ好性ウィルス1型(HTLV-1)
・子宮頸がん:ヒトパピローマウィルス(HPV)です。

 

今回は、子宮頸がんの発生にも関係のあるヒトパピローマウィルス(HPV)についてお話しします。

HPV0 目次

1. ヒトパピローマウイルス(HPV)とは?

HPVはHuman Papilloma Virusの略称で、日本語ではヒト乳頭腫ウィルスと言います。感染すると乳頭のように盛り上がった腫瘍(いぼ)を形成することから、この名前がついています。
HPVには100種類以上の型(タイプ)があると言われています。その型によっては、悪性(がん)化するものと、良性の腫瘍になるものがあることがわかってきました。
たとえば、悪性腫瘍の発生と関係があるHPVは、ハイリスクHPVと呼び、主にHPV16、18、その他にも、HPV31、33、35、39、45、51、52、56、58、59、68が関係していると考えられています。
一方、尖圭コンジローマなどの良性腫瘍を発生させるHPVは、ローリスクHPVと呼び、HPV2、3、4、6、10、11が関係していると考えられています。
また、女性であれば80%以上、男性は90%以上が生涯で一度は何らかのHPVに感染すると言われています。また、ハイリスクHPVには50%の女性が感染すると言われています。
しかし、ハイリスクHPVに感染したとしても、90%の女性は、自己の免疫力で数年以内にHPVウィルスを撃退(自然排除)すると言われています。
しかし、排除されずに長期間感染したままのごく一部の方が、子宮頸がんや尖圭コンジローマなどを生じることがわかってきました。

HPV①

HPVの型と疾患の関連(病気が見えるVol.9 P90の図より引用)

 

2. HPV感染による主な病気と症状は?

HPVは主に性行為でヒトからヒトに感染します。
HPVにはいろいろな型があると述べましたが、性感染症領域ではハイリスクHPVは子宮頸がんや陰茎がんに、ローリスクHPVは尖圭コンジローマの発生と関係があります。
HPVに感染しただけでは全く症状は無く、感染しても90%の人は免疫の力で自然排出されますが、10%の人ではHPV感染が長期間持続します。ハイリスクHPVが長期間持続感染すると、子宮頸部の細胞に異形成(顕微鏡で細胞を観察したときに、「正常な細胞とは異なる形の細胞」がみられること)とよばれる前がん病変を経て、数年~数十年かけて子宮頸がんに進展すると考えられています。しかし、子宮頸がんまで進展する割合もごくわずかで、その間に自然にウィルスが排出されることも多いと言われています。

HPV② 進行図解

HPVの感染から子宮頸がんへ進行する過程。

(日本産科婦人科学会ホームページより引用:http://www.jsog.or.jp/modules/jsogpolicy/index.php?content_id=4
・子宮頸がん
子宮頸がんの前がん病変(異形成)や早期の子宮頸がんでは、通常、症状がありません。そのため、症状が無くても子宮頸がん検診を定期的に受け、早期発見につなげることが大切です。子宮頸がんが進行すると、不正出血(月経以外の出血や性交時の出血)、おりものの増加、月経時の出血増加、月経期間が長引く、などの症状がみられます。そのような症状があるときは進行している場合がありますので、気になる症状があるときは早めに受診をしましょう。

HPV③ グラフ

子宮頸がんは患者数・死亡者数ともに増加傾向にある。

特に20歳~40歳の若い世代での増加が著しい。

(日本産科婦人科学会ホームページより引用:http://www.jsog.or.jp/modules/jsogpolicy/index.php?content_id=4

 

・尖圭コンジローマ
尖圭コンジローマは良性の腫瘍です。外陰部、会陰、肛門周囲などに先のとがった乳頭上、鶏冠状(にわとりのとさか)の疣贅(いぼ)を生じます。気になる性行為から、3週間~8か月(平均3か月)で発現し、ほぼ無症状で見た目で気づくことが多いです。男性は自分で見えるところにできますが、女性の場合は、腟内や子宮頸部などの見えにくい場所にもできることがあります。
(尖圭コンジローマの詳細については、次回のコラムで予定します。)

 

 

3.診断方法は?

子宮頸がんや前がん病変は、子宮頸がん検診で診断します。
異常な細胞は子宮頸部の移行帯と呼ばれる部分に出現しやすいため、その部分を中心に医療用のブラシで細胞を採取し、顕微鏡で確認します。結果の報告までに通常2週間くらいかかります。
最近は、子宮頸がん検査の自己採取キットがネット通販やドラッグストアで購入できるようになりました。医療機関を受診しなくても手っ取り早く検査できるメリットがありますが、医師が目視で子宮頸部の移行帯の細胞をしっかり採取するのとは違い、精度は低くなります。

HPV④⑤

厚生労働省は、20歳以上の女性は2年に1回の頻度で子宮頸がん検診を受診するように勧めています。お住いの自治体から子宮頸がん検診の受診券が送られてきますので、症状が無くても是非受診するようにしてください。

 

4.治療方法は?

・子宮頸がん
がんの進行度分類により手術方法が異なります。
早期であれば、子宮頸部を円錐状に切除(円錐切除術)し子宮を温存できますが、進行すると子宮を全部摘出(子宮全的術)することになります。さらに進行していると手術が不可能となり、抗がん剤や放射線での治療になります。

 

5.HPV感染の予防方法は?

コンドームの使用も一時的には有効ですが、一生涯HPVに感染しないようにすることは、ほぼ不可能と思われます。しかしながら、先の項でも述べたとおり、HPVは感染しても数年以内に自己免疫力によって自然排除されることがほとんどなので、一番効果的な予防方法は免疫力を上げることです。
免疫力を上げる方法のひとつが、HPVワクチンを接種することです。
ワクチンは2種類あります。HPV16と18型をターゲットにしているサーバリックス®と、HPV16、18型に尖圭コンジローマなどの原因となるHPV6、11型もターゲットにしているガーダシル®というワクチンがあります。
最も有効な接種年齢は初交前の10~14歳ですが、年齢に関わらずHPVに感染する前や、感染しているHPVが一度消失した後の再感染を防ぐことは可能です。ただし、感染しているHPVをワクチンで除去することはできません。
予防効果の持続期間は約7年間と言われていますが、ワクチン接種が子宮頸がん検診の代わりにはなりませんので、予防接種後も子宮頸がん検診は受けるようにしましょう。

日本ではHPVワクチンの接種は主に中学生の女子を対象に公費負担の制度が開始されていますが、成人女性や男性は自費診療になります。
また、2017年のNational Health and Nutrition Examination Surveyの調査によると、アメリカ人の男性の11.5%、女性3.2%に口腔HPV感染が認められたと報告されました。驚くべきことに、男性の方が4倍も多くHPVに感染していることが明らかになったのです。男性もHPV感染が原因で、肛門がん、陰茎がん、中咽頭がんなどの悪性腫瘍のほか、尖圭コンジローマも発症します。このようなHPV関連病変の予防を目的として、オーストラリアやメキシコなどでは、男性のHPVワクチンの接種が承認されています。日本でも、ホリエモンこと堀江貴文さんや、男優のしみけんさんなど、積極的に接種している男性の方もいらっしゃいます。
私も遅ればせながら、自分と大切な人のためにHPVワクチンを接種します!
しかし残念なことに、日本では、HPVワクチンで恐ろしい副作用が出るなどという全く科学的根拠のない情報に踊らされてワクチン接種が進んでいません。先進国の中でも大変恥ずべき現状なのです。
表:HPVワクチンの種類

HPV⑥
6.子宮頸がん検診とHPV検査はどのように受けたら良いの?

HPV検査とは、子宮頸がん検診と同じ方法で子宮頸部の細胞を採取してHPV感染の有無を調べる検査です。ハイリスクHPVとローリスクHPVを調べる検査があります。
これまでHPV感染が子宮頸がんや尖圭コンジローマの発生と関連があると述べてきました。では、子宮頸がん検診とHPV検査はどのように受けたら良いのでしょうか?
アメリカでは、30歳以上の女性は細胞診(子宮頸がん検診)とHPV検査を併用して受けるように勧められています。
細胞診はヒトの目で検査を行うため見逃される可能性がありますが、HPV検査は取りこぼしが少なく、もしHPV検査で陽性になった場合でも、今後病変が生じてくる可能性があるので、1年後に再検査を受けるように推奨されています。
また、ヨーロッパの主要国では、先にHPV検査を実施して、HPV陽性者に対して二次検査として細胞診(子宮頸がん検診)の実施を推奨する動きがみられています。
現状の日本では、細胞診で軽度病変疑い(ASC-US)となった場合に、HPV検査を受けることになっています。これは、細胞診の検査(子宮頸がん検診)が2年に1回助成されるため、その方が経済的であるためと考えられます。
しかしながら、子宮頸がんの早期発見のためには、HPV検査を先に受けても、細胞診と同時に受けても間違いではありません。
性交経験のある女性なら50%程度の人がハイリスクHPVに感染すると言われていますので、陰性の結果であれば、子宮頸がんワクチンの予防接種を受ける選択肢ができます。陽性であったとしても、子宮がん検診(細胞診)を受ける間隔を短くすることで、早期にがんを発見することにつながります。

HPV⑦

 

★ 前出Dr profile スマフォ

人気のコラム 人気のコラム

COLUMNS

新着情報 新着情報

NEWS

2020.06.15
コラム 低用量ピルの効能と副作用について知っておこう。
2020.05.16
新型コロナウイルス抗体検査開始のご案内
2020.05.15
コラム メンズヘルスについて (LOH症候群をご存知ですか?)
2020.05.01
オンライン診療開始のお知らせ
2020.04.06
春は健康診断の季節!
2020.03.15
コラム「性器ヘルペスについて~性器ヘルペスの治療は、最初が肝心・再発はコントロールできる~」
2020.01.15
コラム「近年治療が進歩した尖圭コンジローマ」
2020.01.06
年始のご挨拶
2019.12.23
年末年始休業のお知らせ
2019.12.16
コラム「ありふれたウィルス:ヒトパピローマウィルス(HPV)について知っておこう」
2019.12.02
血液の検査セットが新しくなりました
2019.11.15
コラム クラミジアってなんだ?? ~ウィルスのような細菌・クラミジアのワクチン開発~
2019.10.15
自分の健康は自分で管理する!自分の身体のことを良く知っておこう!
2019.09.27
消費税引き上げに伴う、サイト内の検査料金の改定ついて
2019.09.13
消費税率引き上げに伴う価格改定のお知らせ
2019.08.13
コラム 梅雨~夏にかけて、あそこがかゆい!!
2019.07.23
2020東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた交通対策実験によるお届けの影響について
2019.07.09
5年で急増、日本人を襲う「梅毒」の意外な実態
2019.06.16
コラム 梅毒は治る病気!そのためには早期診断・早期治療がポイント!
2019.06.14
2019,6,27(木) ~ 2019,7,2(火) の 大阪府、兵庫県 へのお届けについて
2019.06.07
性病に毎日100万人が感染 「感染率下がっていない」 WHO
2019.05.24
コラム掲載
2019.04.01
渋谷クリニック開院のお知らせ
2019.03.04
池袋サテライトクリニック開院のお知らせ
2019.02.20
池袋サテライトクリニックOPENのお知らせ
2018.12.27
年末年始のお知らせ
2018.11.14
18年の梅毒患者が5811人に この20年で最多
2018.10.11
梅毒2年連続5千人台…感染3週間で「しこり」
2018.07.30
若者の新規HIV感染者年間25万人、3分の2は女子:ユニセフが「HIV/エイズ報告書」
2018.06.29
梅毒感染、知らぬ間に 地方都市や若い女子にも広がる
2018.06.15
Web版 定期検査実施証明書デザイン変更のお知らせ
2018.05.31
沖縄の梅毒患者が過去最多 HIV感染者・エイズ患者数は過去3番目の多さ
2018.05.21
エイズ かつて死の病、今は早期発見で治療可能に
2018.05.15
【熊本県感染症情報】梅毒患者増加 県内3人確認
2018.05.07
梅毒患者、県内(埼玉県)は47人に…最多の昨年を超すペース 女性 は20代、男性は40代が多く 早めの受診を
2018.04.17
若い女性の梅毒患者が急増している理由…コンドーム着用でも安心禁物、誰でも感染 のリスク
2018.03.22
HIV感染者と患者「増加傾向変わらず」 福岡県で過去2番目の多さ [福岡県]
2018.03.22
HIV感染、昨年は1407人…すでにエイズ発症していた患者が415人〔読売新聞〕
2018.03.02
HIV感染者と患者が過去2番目の54人に 昨年の福岡市 [福岡県]
2018.01.23
検査結果確認画面リニューアル (スマートフォン・タブレット用)
2018.01.22
梅毒が全国的に流行、特に女性患者が急増
2018.01.18
平成29年の長野県の梅毒感染30人 33年ぶりの多さ 女性患者増
2018.01.05
梅毒5千人、初めて突破 患者最多は東京 若い女性らに感染拡大
2018.01.04
年始のご挨拶
2017.12.25
「梅毒」急増中の日本、世界は「淋病」制御不能時代を危惧
2017.12.25
今年も記録更新!梅毒の流行が止まらない!
2017.12.21
梅毒患者、全国で急増…主婦・OLにも感染拡大
2017.11.14
梅毒患者過去最多。「身に覚えがない」が最も危険
2017.11.01
梅毒患者 現行統計で年間過去最多の4568人
2017.11.01
梅毒感染、地方でも増加 岡山・熊本は昨年の3倍超
2017.09.22
九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多
2017.09.14
梅毒の患者数 約20年で最も多いペース
2017.09.11
性行為感染症(STD) 性行為以外でうつることも
2017.09.06
梅毒の勢い止まらず、年間5000人突破の恐れも
2017.08.31
「いきなりエイズ」なお3割=HIV感染・発症1448人-昨年厚労省
2017.08.28
過去の性病と侮るな 梅毒、20代女性患者が急増中 国内患者数6年間で7倍超
2017.08.14
広がる梅毒、母子感染も 昨年の報告数 42年ぶりに4000人突破
2017.07.24
ダイヤモンドオンラインの記事について②
2017.07.15
ダイヤモンドオンラインの記事について
2017.06.28
NHKにて梅毒の報道がありましたので抜粋して御案内します
2017.06.15
今年の梅毒患者が2000人超、過去最悪ペースで感染拡大 
2017.06.06
梅毒の届け出数、「多くの地域で増加」 感染研、昨年同時期と比較
2017.04.26
梅毒早くも1000例に
2017.04.21
急増する梅毒感染者、過去最速ペース 把握しておきたいHIV感染との関係
2017.04.13
HIVの郵送検査、10年で3倍超 顔合わせず可能
2017.04.07
梅毒感染者が急増!最速1000人超え 20代女性患者が目立つも「原因は不明」
2017.04.04
梅毒患者1000人超、過去最速で感染拡大
2017.03.31
HIV感染に気付いてない人 推計5800人
2017.01.17
新宿セントラルクリニックの報道について
2017.01.13
梅毒感染、42年ぶり4千人超 20代女性で急増
2017.01.13
梅毒患者4千人超、5年で5倍に…増加要因不明

ここまでが本文です