ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです

予防会からのお知らせや、性感染症(STD)に関するコラムをお届けします。


ここから本文です

2021.08.15

STDを知る

治りにくく、放置するとさらに治りにくくなることもある性感染症の咽頭感染

性感染症の中で薬の有効率が低く、加えて、放置期間が長くなると、より有効率が低下してしまう疾患として、咽頭感染があります。それらの理由を中心に説明していきます。

性感染症の咽頭感染について

性感染症は性器にしか感染しないと思われている方が多いかもしれません。実は性器以外にも感染します。一般的に感染症において、病原体の感染する部位は決まっています。病原体は接着因子というものを持っていて、それにより感染するため、感染する部位によって接着しやすさが異なり、病原体が感染する場所が決まります。性感染症の病原体はどれも粘膜に接着しやすいという特徴を持っており、多くが粘膜同士の直接接触により移行します。

また、「粘膜」という言葉自体はよく耳にされると思いますが、なかなかその言葉が示す解剖的部位は一般的には明確に認識されていません。体の中で、外界と面している部分は全て粘膜です。粘膜は、粘液を分泌しつつ、臓器が損傷することを防ぐ役割をしています。具体的な部位としては、目、口腔、消化管、肺、尿道、膣、子宮などの表面です。

したがって、性感染症の病原体は、理論的には、目、口腔、消化管、肺、尿道、膣、子宮全てに感染できます。しかし、粘膜と粘膜が直接接触するような部位で感染が成立しやすいので、尿道、膣、子宮、口腔、直腸が主な部位となります。そして、以上からわかるように、性感染症病原体が口腔に感染するのは、オーラルセックスをした場合や、ディープキスをした場合となります。感染が成立するには、粘膜同士が強く接触する必要があるので、性感染症の咽頭感染は、尿道に性感染症病原体を保持している男性の陰茎に対してオーラルセックスをした場合がほとんどであり、膣に性感染症病原体を保持している女性に対してオーラルセックスをした場合ではあまり感染せず、ディープキスによる感染はほとんどないと言われています(1)。

上記のように、性感染症の咽頭感染は、基本的にはオーラルセックスのみであるため、感染機会は多くはありません。しかし、もともと有病率の高い淋菌やクラミジアにおいては、比較的高い有病率を示し、問題となっています。例えば、淋菌の咽頭感染率に対するある報告では、2-5%であったと述べられています(2)。

 

性感染症の咽頭感染における症状

 性感染症の咽頭感染によって、症状を引き起こすことはほとんどありませんが、病原性の強い淋菌は稀に咽頭炎を引き起こし、喉の痛み、痰、頸部リンパ腫脹といった症状が現れることもあります。しかし、あくまで“稀”であり、一般内科に、喉の痛みを訴えて来院した192人のなかで、1%のみが淋菌の咽頭培養陽性で、原因と考えられたという報告があります(3)。私も、オーラルセックス経験後、咽頭痛がしてきたために、性感染症の咽頭感染を疑って来院される方に度々遭遇しますが、実際に咽頭から性感染症病原体が陽性であったことはほとんどなく、ほとんどの場合において風邪でした。

したがって、問題となるのは、咽頭炎を引き起こすことよりも、咽頭に保菌される性感染症病原体がオーラルセックスで性器感染を引き起こしてしまうことです。性器感染を引き起こせば、骨盤内炎症疾患という重篤な病気や、不妊の原因となってしまいます。また、この場合、性感染症の咽頭感染がほとんど無症状であることが、マイナスに働きます。ほとんど無症状ということは検査しないと判明しないため、検査しない限り、その人が永続的に性感染症病原体を広めるスプレッダーになってしまいます。

 このような現状から、性感染症の拡散を防ぐためには、定期的な性感染症の咽頭検査が必要です。

 

性感染症の咽頭感染に対する治療

性感染症の咽頭感染の場合も、治療方法は、ガイドライン上は通常の性器感染の場合と同様です。しかし、様々な理由から有効率が低下するという落とし穴があります。

・咽頭感染は見つけられにくく、長期間保菌されることが多くなるため、特に薬剤耐性遺伝子を獲得しやすい特徴を持つ淋菌において、咽頭の共生細菌から薬剤耐性遺伝子を獲得し、薬の効果を低下させることがあります(4)。したがって、定期的な性感染症の咽頭検査により、早く見つけて治療することが重要となります。

・解剖学的に、咽頭はワルダイエル咽頭輪という複雑な構成を取るため、性感染症病原体が深部まで進行し、薬が効きにくくなることがあります。

・ほとんど無症状ということは、炎症を引き起こしていないということになります。一般的に炎症があるところほど抗菌薬が浸透しやすくなり、効きやすくなるため、炎症がない咽頭に対する薬の効果は低くなります(5)。

・咽頭は食物など様々な物質が通過する部位なので、免疫の力が弱められており(免疫寛容と言います)、他の粘膜部位より免疫による菌の排除システムが弱くなっています。

 実際に有効率の低下を示す例として、淋菌において、多数の臨床データを集めて比較した報告があり(メタアナリシス解析と言います)、標準的な治療法において、尿路感染症の治癒率は98%であったのに対し、咽頭感染症の治癒率は79%でした(6)。

 したがって、実際に性感染症の咽頭感染を治療する際には、様々な文献を基にして、治療にアレンジを加える場合があります。そのため、性感染症に関する詳細な知識と豊富な疾患数から治療法に関して検討できる医療機関での治療をオススメします。

 

まとめ

 性感染症の咽頭感染は、

 

ほとんど無症状

→拡散してしまう、耐性化が進んで薬が効きにくくなる→定期的な性感染症の咽頭検査が必要

 

治療にはアレンジが必要なことも

→性感染症に関する詳細な知識と豊富な疾患数から治療法に関して検討できる医療機関での治療をオススメ

 

1) Wiesner PJ, Tronca E, Bonin P, Pedersen AH, Holmes KK. Clinical spectrum of pharyngeal gonococcal infection. N Engl J Med. 1973 Jan 25;288(4):181-5.
2) Chan PA, Robinette A, Montgomery M, Almonte A, Cu-Uvin S, Lonks JR, Chapin KC, Kojic EM, Hardy EJ. Extragenital Infections Caused by Chlamydia trachomatis and Neisseria gonorrhoeae: A Review of the Literature. Infect Dis Obstet Gynecol. 2016;2016:5758387.
3) Komaroff AL, Aronson MD, Pass TM, Ervin CT. Prevalence of pharyngeal gonorrhea in general medical patients with sore throats. Sex Transm Dis. 1980 Jul-Sep;7(3):116-9.
4) Unemo M. Current and future antimicrobial treatment of gonorrhoea – the rapidly evolving Neisseria gonorrhoeae continues to challenge. BMC Infect Dis. 2015 Aug 21;15:364.
5) Najjar TA, Alkharfy KM, Saad SY. Mechanism and implication of cephalosporin penetration into oropharyngeal mucosa. J Infect Chemother. 2009 Apr;15(2):70-4.
6) Moran JS. Treating uncomplicated Neisseria gonorrhoeae infections: is the anatomic site of infection important? Sex Transm Dis. 1995 Jan-Feb;22(1):39-47.

 

 

 

https://twitter.com/yoboukai

 

人気のコラム 人気のコラム

COLUMNS

新着情報 新着情報

NEWS

2021.07.20
「東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会」の開催に伴う、商品お届けの影響について
2021.07.15
コラム 治療薬が効きにくくなり、将来治癒不可能になるかもしれない淋菌感染症
2021.03.18
HIV検査数が半減、コロナ拡大でためらいも「感染者を把握できていない可能性」
2021.02.18
コラム ある美容施術のお陰で減っている?性感染症:ケジラミ症
2021.02.01
【新型コロナウイルス検査物搬送のための3重包装】
2021.01.15
コラム くり返す外陰腟カンジダ症の原因は、ある習慣が関係しているかもしれません
2021.01.04
年始のご挨拶
2020.12.15
コラム 性器と咽頭のマイコプラズマ・ウレアプラズマ保菌率調査結果について
2020.11.16
コラム HIV感染症とAIDSについて
2020.10.15
コラム 淋しい病気と書く淋病(淋菌感染症)について
2020.09.14
コラム AYA世代に多いがん:子宮頸がんとHPV検査
2020.09.11
新型コロナウイルスの影響による、郵送物などの遅延の可能性について
2020.06.15
コラム 低用量ピルの効能と副作用について知っておこう。
2020.05.16
新型コロナウイルス抗体検査開始のご案内
2020.05.15
コラム メンズヘルスについて (LOH症候群をご存知ですか?)
2020.05.01
オンライン診療開始のお知らせ
2020.04.06
春は健康診断の季節!
2020.03.15
コラム「性器ヘルペスについて~性器ヘルペスの治療は、最初が肝心・再発はコントロールできる~」
2020.01.15
コラム「近年治療が進歩した尖圭コンジローマ」
2020.01.06
年始のご挨拶
2019.12.23
年末年始休業のお知らせ
2019.12.16
コラム「ありふれたウィルス:ヒトパピローマウィルス(HPV)について知っておこう」
2019.12.02
血液の検査セットが新しくなりました
2019.11.15
コラム クラミジアってなんだ?? ~ウィルスのような細菌・クラミジアのワクチン開発~
2019.10.15
自分の健康は自分で管理する!自分の身体のことを良く知っておこう!
2019.09.27
消費税引き上げに伴う、サイト内の検査料金の改定ついて
2019.09.13
消費税率引き上げに伴う価格改定のお知らせ
2019.08.13
コラム 梅雨~夏にかけて、あそこがかゆい!!
2019.07.23
2020東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた交通対策実験によるお届けの影響について
2019.07.09
5年で急増、日本人を襲う「梅毒」の意外な実態
2019.06.16
コラム 梅毒は治る病気!そのためには早期診断・早期治療がポイント!
2019.06.14
2019,6,27(木) ~ 2019,7,2(火) の 大阪府、兵庫県 へのお届けについて
2019.06.07
性病に毎日100万人が感染 「感染率下がっていない」 WHO
2019.05.24
コラム掲載
2019.04.01
渋谷クリニック開院のお知らせ
2019.03.04
池袋サテライトクリニック開院のお知らせ
2019.02.20
池袋サテライトクリニックOPENのお知らせ
2018.12.27
年末年始のお知らせ
2018.11.14
18年の梅毒患者が5811人に この20年で最多
2018.10.11
梅毒2年連続5千人台…感染3週間で「しこり」
2018.07.30
若者の新規HIV感染者年間25万人、3分の2は女子:ユニセフが「HIV/エイズ報告書」
2018.06.29
梅毒感染、知らぬ間に 地方都市や若い女子にも広がる
2018.06.15
Web版 定期検査実施証明書デザイン変更のお知らせ
2018.05.31
沖縄の梅毒患者が過去最多 HIV感染者・エイズ患者数は過去3番目の多さ
2018.05.21
エイズ かつて死の病、今は早期発見で治療可能に
2018.05.15
【熊本県感染症情報】梅毒患者増加 県内3人確認
2018.05.07
梅毒患者、県内(埼玉県)は47人に…最多の昨年を超すペース 女性 は20代、男性は40代が多く 早めの受診を
2018.04.17
若い女性の梅毒患者が急増している理由…コンドーム着用でも安心禁物、誰でも感染 のリスク
2018.03.22
HIV感染者と患者「増加傾向変わらず」 福岡県で過去2番目の多さ [福岡県]
2018.03.22
HIV感染、昨年は1407人…すでにエイズ発症していた患者が415人〔読売新聞〕
2018.03.02
HIV感染者と患者が過去2番目の54人に 昨年の福岡市 [福岡県]
2018.01.23
検査結果確認画面リニューアル (スマートフォン・タブレット用)
2018.01.22
梅毒が全国的に流行、特に女性患者が急増
2018.01.18
平成29年の長野県の梅毒感染30人 33年ぶりの多さ 女性患者増
2018.01.05
梅毒5千人、初めて突破 患者最多は東京 若い女性らに感染拡大
2018.01.04
年始のご挨拶
2017.12.25
「梅毒」急増中の日本、世界は「淋病」制御不能時代を危惧
2017.12.25
今年も記録更新!梅毒の流行が止まらない!
2017.12.21
梅毒患者、全国で急増…主婦・OLにも感染拡大
2017.11.14
梅毒患者過去最多。「身に覚えがない」が最も危険
2017.11.01
梅毒患者 現行統計で年間過去最多の4568人
2017.11.01
梅毒感染、地方でも増加 岡山・熊本は昨年の3倍超
2017.09.22
九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多
2017.09.14
梅毒の患者数 約20年で最も多いペース
2017.09.11
性行為感染症(STD) 性行為以外でうつることも
2017.09.06
梅毒の勢い止まらず、年間5000人突破の恐れも
2017.08.31
「いきなりエイズ」なお3割=HIV感染・発症1448人-昨年厚労省
2017.08.28
過去の性病と侮るな 梅毒、20代女性患者が急増中 国内患者数6年間で7倍超
2017.08.14
広がる梅毒、母子感染も 昨年の報告数 42年ぶりに4000人突破
2017.07.24
ダイヤモンドオンラインの記事について②
2017.07.15
ダイヤモンドオンラインの記事について
2017.06.28
NHKにて梅毒の報道がありましたので抜粋して御案内します
2017.06.15
今年の梅毒患者が2000人超、過去最悪ペースで感染拡大 
2017.06.06
梅毒の届け出数、「多くの地域で増加」 感染研、昨年同時期と比較
2017.04.26
梅毒早くも1000例に
2017.04.21
急増する梅毒感染者、過去最速ペース 把握しておきたいHIV感染との関係
2017.04.13
HIVの郵送検査、10年で3倍超 顔合わせず可能
2017.04.07
梅毒感染者が急増!最速1000人超え 20代女性患者が目立つも「原因は不明」
2017.04.04
梅毒患者1000人超、過去最速で感染拡大
2017.03.31
HIV感染に気付いてない人 推計5800人
2017.01.17
新宿セントラルクリニックの報道について
2017.01.13
梅毒感染、42年ぶり4千人超 20代女性で急増
2017.01.13
梅毒患者4千人超、5年で5倍に…増加要因不明

ここまでが本文です