ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです

予防会からのお知らせや、性感染症(STD)に関するコラムをお届けします。


ここから本文です

2022.01.17

STDを知る

比較的新しく、様々な見解が存在し、正しい知識を把握する必要があるマイコプラズマ性感染症

マイコプラズマ性感染症は比較的最近判明した性感染症です。まだ評価が定まっていないところもあり、文献、医師によって見解が異なることもあります。そこで、このコラムでは、Wolters Kluwerにより提供されるUpToDateと呼ばれる臨床情報電子媒体のなかのマイコプラズマに関する項目「Mycoplasma genitalium infection in men and women」「Mycoplasma hominis and Ureaplasma infections」を基にして記載しております。マイコプラズマに関する記載をする場合、様々な文献や医師と相違が生じる可能性があります。このコラムは私個人的な意見ではなく、UpToDateに準拠したものであります。UpToDateは世界で最もその項目に精通した著者により、メタアナリシス(様々な文献・疫学研究を統合して判断すること)され、日々電子媒体として更新されていることから、最新の、最も確実なエビデンスとなります。したがって、このコラムで基にしたUpToDateの内容は参照した2022年1月11日のものであり、今後、エビデンスの集積を受けて刻一刻とUpToDateの記載内容も変化していく可能性もあります。これらのことを認識して、ご覧いただければ幸いです。

 

マイコプラズマについて

マイコプラズマは、普通の細菌は持っている細胞壁というものを持たない特殊な細菌です。様々な種類が含まれますが、性感染症を引き起こすものは、マイコプラズマ・ジェニタリウム、マイコプラズマ・ホミニス、ウレアプラズマ・パルバム、ウレアプラズマ・ウレアリティカムの4種であるといわれています。このうち、マイコプラズマ・ジェニタリウムとそれ以外で性質が異なります。

 

マイコプラズマ・ジェニタリウム以外のマイコプラズマは、性器における常在菌でもあります。健康な女性の最大80%がウレアプラズマを保菌し、50%がマイコプラズマ・ホミニスを保菌しているという報告があります(1)。男性においても、健康成人の25%でマイコプラズマ・ホミニスの保菌が見られたと報告されています(2)。
マイコプラズマ・ジェニタリウム以外のマイコプラズマと、性感染症との関連ははっきりとはわかっていません。性感染症において、マイコプラズマ・ジェニタリウム以外のマイコプラズマが単独で同定されることが稀であり、他の性感染症の病原菌と共存しているだけなのか、病原体なのか判断しづらいこと等が、解釈を困難にしています。
同様に、不妊との関連についても、影響について示唆されるデータもありますが、現時点では因果関係は証明されていません。
一方、マイコプラズマ・ジェニタリウムに関しては、性感染症の原因となることが証明されており、おりものの異常や陰部不快感が生じる子宮頚管炎や、排尿時違和感や膿が生じる尿道炎を引き起こします。しかし、無症状のことの方が多く、感染しても大部分は6カ月以内に自然消失すると報告されています(3)。
また、現時点においては、不妊との関連についても、関連性を示す報告もあれば、関連がないという報告もあり、不明とされています(4)。

 

したがって、無症状であれば、マイコプラズマが発見されたとしても、正常保菌もしくは自然に消失することも多く、不妊につながる証拠も現時点ではないことから、必ず治療しなければいけないというわけではありません。基本的には、陰部不快感、排尿時違和感、おりもの異常など性感染症の症状をきたし、主要な病原菌である淋菌、クラミジア、トリコモナス、カンジダ、ガードネレラ・バギナリスが否定された場合に、マイコプラズマによる性感染症を検討し、検査することが推奨されています。しかし、特に明確な病原性を認めているマイコプラズマ・ジェニタリウムに関しては、不妊への関連性を示すようなエビデンスが発出される可能性もあり、動向を注視する必要があります。また、性感染症であることに変わりはないので、定期的に検査し、治療も行うというのも一つの立場ではあります。
検査については、培養が困難であることから、核酸検査を行えるような、性感染症専門の病院での検査が必要となります。

 

マイコプラズマの治療

マイコプラズマは治療において、難しい面があります。一般的にはマクロライド系という薬が使用されます。しかし、マイコプラズマ・ホミニスに対しては、マクロライド系薬が無効です。また、マイコプラズマ・ジェニタリウムにおいても耐性の報告が増えつつあり、報告によっては20%程度ともいわれており(5)、通常より多い投与量での治療が推奨されています。
マクロライド系薬の代用としては、テトラサイクリン系の薬が使用されますが、15-40%が耐性と報告されています(6、7)。同様に代用されるフルオロキノロン系薬(特にモキシフロキサシンやシタフロキサシン)も5-15%で耐性が報告されています(8、9)。
これらの薬剤が無効であった場合、基本的には打つ手がありません(プリスチナマイシンという薬も欧州では使用されていますが、日本では使用されておらず、また、その効果も確実ではありません)。実際に診療していても、このような場面に時折遭遇することがあります。医療の限界を感じ、申し訳ないですが、マイコプラズマの生来の病原性の低さ(自然に消失することもある)に期待して、経過観察することとなります。予防会では、このような状況を打破するために、ファージセラピーという新たな治療法の開発も行っています。いつの日か、マイコプラズマによる性感染症の症状で苦しむ方々を救えるようになることを目指しています。

 

まとめ

マイコプラズマ・ジェニタリウムを中心としてエビデンスが刻一刻と変化する可能性がある→マイコプラズマに対する正しい知識を持つ性感染症専門の病院への受診をオススメ

 
マイコプラズマは、核酸検査での検査が必要であり、治療にも様々な理解と選択肢が必要→性感染症専門の病院への受診をオススメ

 

 

基本的には
Mycoplasma genitalium infection in men and women:https://www.uptodate.com/contents/mycoplasma-genitalium-infection-in-males-and-females?search=mycoplasma&source=search_result&selectedTitle=5~150&usage_type=default&display_rank=5 (Accessed on 11 January 2022)
Mycoplasma hominis and Ureaplasma infections:https://www.uptodate.com/contents/mycoplasma-hominis-and-ureaplasma-infections?search=mycoplasma&source=search_result&selectedTitle=3~150&usage_type=default&display_rank=3 (Accessed on 11 January 2022)を基にしています
1) Waites KB, Schelonka RL, Xiao L, Grigsby PL, Novy MJ. Congenital and opportunistic infections: Ureaplasma species and Mycoplasma hominis. Semin Fetal Neonatal Med. 2009 Aug;14(4):190-9.
2) Lee YH, Rosner B, Alpert S, Fiumara NJ, McCormack WM. Clinical and microbiological investigation of men with urethritis. J Infect Dis. 1978 Dec;138(6):798-803.
3) Vandepitte J, Weiss HA, Kyakuwa N, Nakubulwa S, Muller E, Buvé A, Van der Stuyft P, Hayes R, Grosskurth H. Natural history of Mycoplasma genitalium infection in a cohort of female sex workers in Kampala, Uganda. Sex Transm Dis. 2013 May;40(5):422-7.
4) Taylor-Robinson D, Jensen JS. Mycoplasma genitalium: from Chrysalis to multicolored butterfly. Clin Microbiol Rev. 2011 Jul;24(3):498-514.
5) Pond MJ, Nori AV, Witney AA, Lopeman RC, Butcher PD, Sadiq ST. High prevalence of antibiotic-resistant Mycoplasma genitalium in nongonococcal urethritis: the need for routine testing and the inadequacy of current treatment options. Clin Infect Dis. 2014 Mar;58(5):631-7.
6) Meygret A, Le Roy C, Renaudin H, Bébéar C, Pereyre S. Tetracycline and fluoroquinolone resistance in clinical Ureaplasma spp. and Mycoplasma hominis isolates in France between 2010 and 2015. J Antimicrob Chemother. 2018 Oct 1;73(10):2696-2703.
7) Manhart LE, Broad JM, Golden MR. Mycoplasma genitalium: should we treat and how? Clin Infect Dis. 2011 Dec;53 Suppl 3(Suppl 3):S129-42.
8) Xiao L, Crabb DM, Duffy LB, Paralanov V, Glass JI, Waites KB. Chromosomal mutations responsible for fluoroquinolone resistance in Ureaplasma species in the United States. Antimicrob Agents Chemother. 2012 May;56(5):2780-3.
9) Couldwell DL, Tagg KA, Jeoffreys NJ, Gilbert GL. Failure of moxifloxacin treatment in Mycoplasma genitalium infections due to macrolide and fluoroquinolone resistance. Int J STD AIDS. 2013 Oct;24(10):822-8.

 

【関連病気】

マイコプラズマ・ウレアプラズマ 詳細説明を確認する

【関連検査キット】

********************************************************************************************

 

特におすすめセット

女性セットC+マイコプラズマ ≫

男性セットC+マイコプラズマ ≫

********************************************************************************************

マイコプラズマ(4種)女性 ≫

マイコプラズマ(4種)男性 ≫

********************************************************************************************

 

予防会コラム:監修医師紹介 医療法人社団予防会 新宿サテライトクリニック 院長 北岡一樹 「予防会新宿サテライトクリニックで性感染症の診療に取り組みつつ、早稲田大学で性感染症中心に新たな治療法の研究も行っています。 診療、研究両面から、性感染症でお困りの皆様のお役に立てるよう 精進しています。お気軽にご来院ください。」

 

性感染症が不安な方へ

性感染症は、早期発見と正しい治療が大切です。
予防会なら、保険証不要・匿名で誰にも知られずに性感染症の検査を受けることができます。全国のクリニックでも検査が可能ですし、お時間がない方や病院に行くのは抵抗があるという方は、郵送検査キットをご活用いただくのもオススメです。

予防会では、はじめて検査を受ける方に向けて、わかりやすくマンガで解説しています。是非ご覧ください。

マンガでわかるはじめての性病検査

 

 

人気のコラム 人気のコラム

COLUMNS

新着情報 新着情報

NEWS

2022.05.17
コラム 世間的認知は低いが、淋菌と同等の有病率で不妊・がん・早産の原因となる、危険なトリコモナス性感染症
2022.02.15
コラム 日本でも世界的コンセンサスに準じることとなったHPVワクチンについて
2022.01.31
新機能リリースのお知らせ
2021.07.20
「東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会」の開催に伴う、商品お届けの影響について
2021.07.15
コラム 治療薬が効きにくくなり、将来治癒不可能になるかもしれない淋菌感染症
2021.03.18
HIV検査数が半減、コロナ拡大でためらいも「感染者を把握できていない可能性」
2021.02.18
コラム ある美容施術のお陰で減っている?性感染症:ケジラミ症
2021.02.01
【新型コロナウイルス検査物搬送のための3重包装】
2021.01.15
コラム くり返す外陰腟カンジダ症の原因は、ある習慣が関係しているかもしれません
2021.01.04
年始のご挨拶
2020.12.15
コラム 性器と咽頭のマイコプラズマ・ウレアプラズマ保菌率調査結果について
2020.11.16
コラム HIV感染症とAIDSについて
2020.10.15
コラム 淋しい病気と書く淋病(淋菌感染症)について
2020.09.14
コラム AYA世代に多いがん:子宮頸がんとHPV検査
2020.09.11
新型コロナウイルスの影響による、郵送物などの遅延の可能性について
2020.06.15
コラム 低用量ピルの効能と副作用について知っておこう。
2020.05.16
新型コロナウイルス抗体検査開始のご案内
2020.05.15
コラム メンズヘルスについて (LOH症候群をご存知ですか?)
2020.05.01
オンライン診療開始のお知らせ
2020.04.06
春は健康診断の季節!
2020.03.15
コラム「性器ヘルペスについて~性器ヘルペスの治療は、最初が肝心・再発はコントロールできる~」
2020.01.15
コラム「近年治療が進歩した尖圭コンジローマ」
2020.01.06
年始のご挨拶
2019.12.23
年末年始休業のお知らせ
2019.12.16
コラム「ありふれたウィルス:ヒトパピローマウィルス(HPV)について知っておこう」
2019.12.02
血液の検査セットが新しくなりました
2019.11.15
コラム クラミジアってなんだ?? ~ウィルスのような細菌・クラミジアのワクチン開発~
2019.10.15
自分の健康は自分で管理する!自分の身体のことを良く知っておこう!
2019.09.27
消費税引き上げに伴う、サイト内の検査料金の改定ついて
2019.09.13
消費税率引き上げに伴う価格改定のお知らせ
2019.08.13
コラム 梅雨~夏にかけて、あそこがかゆい!!
2019.07.23
2020東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた交通対策実験によるお届けの影響について
2019.07.09
5年で急増、日本人を襲う「梅毒」の意外な実態
2019.06.16
コラム 梅毒は治る病気!そのためには早期診断・早期治療がポイント!
2019.06.14
2019,6,27(木) ~ 2019,7,2(火) の 大阪府、兵庫県 へのお届けについて
2019.06.07
性病に毎日100万人が感染 「感染率下がっていない」 WHO
2019.05.24
コラム掲載
2019.04.01
渋谷クリニック開院のお知らせ
2019.03.04
池袋サテライトクリニック開院のお知らせ
2019.02.20
池袋サテライトクリニックOPENのお知らせ
2018.12.27
年末年始のお知らせ
2018.11.14
18年の梅毒患者が5811人に この20年で最多
2018.10.11
梅毒2年連続5千人台…感染3週間で「しこり」
2018.07.30
若者の新規HIV感染者年間25万人、3分の2は女子:ユニセフが「HIV/エイズ報告書」
2018.06.29
梅毒感染、知らぬ間に 地方都市や若い女子にも広がる
2018.06.15
Web版 定期検査実施証明書デザイン変更のお知らせ
2018.05.31
沖縄の梅毒患者が過去最多 HIV感染者・エイズ患者数は過去3番目の多さ
2018.05.21
エイズ かつて死の病、今は早期発見で治療可能に
2018.05.15
【熊本県感染症情報】梅毒患者増加 県内3人確認
2018.05.07
梅毒患者、県内(埼玉県)は47人に…最多の昨年を超すペース 女性 は20代、男性は40代が多く 早めの受診を
2018.04.17
若い女性の梅毒患者が急増している理由…コンドーム着用でも安心禁物、誰でも感染 のリスク
2018.03.22
HIV感染者と患者「増加傾向変わらず」 福岡県で過去2番目の多さ [福岡県]
2018.03.22
HIV感染、昨年は1407人…すでにエイズ発症していた患者が415人〔読売新聞〕
2018.03.02
HIV感染者と患者が過去2番目の54人に 昨年の福岡市 [福岡県]
2018.01.23
検査結果確認画面リニューアル (スマートフォン・タブレット用)
2018.01.22
梅毒が全国的に流行、特に女性患者が急増
2018.01.18
平成29年の長野県の梅毒感染30人 33年ぶりの多さ 女性患者増
2018.01.05
梅毒5千人、初めて突破 患者最多は東京 若い女性らに感染拡大
2018.01.04
年始のご挨拶
2017.12.25
「梅毒」急増中の日本、世界は「淋病」制御不能時代を危惧
2017.12.25
今年も記録更新!梅毒の流行が止まらない!
2017.12.21
梅毒患者、全国で急増…主婦・OLにも感染拡大
2017.11.14
梅毒患者過去最多。「身に覚えがない」が最も危険
2017.11.01
梅毒患者 現行統計で年間過去最多の4568人
2017.11.01
梅毒感染、地方でも増加 岡山・熊本は昨年の3倍超
2017.09.22
九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多
2017.09.14
梅毒の患者数 約20年で最も多いペース
2017.09.11
性行為感染症(STD) 性行為以外でうつることも
2017.09.06
梅毒の勢い止まらず、年間5000人突破の恐れも
2017.08.31
「いきなりエイズ」なお3割=HIV感染・発症1448人-昨年厚労省
2017.08.28
過去の性病と侮るな 梅毒、20代女性患者が急増中 国内患者数6年間で7倍超
2017.08.14
広がる梅毒、母子感染も 昨年の報告数 42年ぶりに4000人突破
2017.07.24
ダイヤモンドオンラインの記事について②
2017.07.15
ダイヤモンドオンラインの記事について
2017.06.28
NHKにて梅毒の報道がありましたので抜粋して御案内します
2017.06.15
今年の梅毒患者が2000人超、過去最悪ペースで感染拡大 
2017.06.06
梅毒の届け出数、「多くの地域で増加」 感染研、昨年同時期と比較
2017.04.26
梅毒早くも1000例に
2017.04.21
急増する梅毒感染者、過去最速ペース 把握しておきたいHIV感染との関係
2017.04.13
HIVの郵送検査、10年で3倍超 顔合わせず可能
2017.04.07
梅毒感染者が急増!最速1000人超え 20代女性患者が目立つも「原因は不明」
2017.04.04
梅毒患者1000人超、過去最速で感染拡大
2017.03.31
HIV感染に気付いてない人 推計5800人
2017.01.17
新宿セントラルクリニックの報道について
2017.01.13
梅毒感染、42年ぶり4千人超 20代女性で急増
2017.01.13
梅毒患者4千人超、5年で5倍に…増加要因不明
  • ホーム
  • コラム・ニュース
  • 比較的新しく、様々な見解が存在し、正しい知識を把握する必要があるマイコプラズマ性感染症

ここまでが本文です