ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです

予防会からのお知らせや、性感染症(STD)に関するコラムをお届けします。


ここから本文です

2018.07.30

ニュース

若者の新規HIV感染者年間25万人、3分の2は女子:ユニセフが「HIV/エイズ報告書」

YAHOOニュース 7/28(土)0:30

 

1時間ごとに約30人(年間25万人)の若者が新たにHIVに感染

 

ユニセフ(国連児童基金)は2018年7月、「子どものHIV/エイズ対策の中心にいる女性たち(Women: at the heart of the HIV response for children)」という報告書をアムステルダムで開催された国際エイズ会議で発表。2017年には1時間ごとに約30人(年間25万人)の15歳~19歳の若者が新たにHIVに感染、その3分の2を女子が占めていることを明らかにした。

報告書によると、昨年だけで13万人の19歳以下の子どもと若者がエイズ関連で死亡し、同時に1時間に約50人という割合に相当する43万人が新たに感染した。

エイズの流行の負担を負わされ続けているのは若者で、彼らに支援を届けることができないことで、過去20年に世界がエイズの流行に取り組み達成した前進を減速させることになると指摘している。

 

若者のHIVの5人に3人が女子

・300万人いる0歳~19歳のHIV感染者のうち、青少年(10歳~19歳)が約3分の2を占める。

・2010年以降、おとなも含めたあらゆる年齢別グループでエイズ関連の死亡者数が減少しているのにも関わらず、15歳~19歳の若者グループだけは死亡者数が減っていない。

・2017年にHIVと共に生きる15歳~19歳の若者の数は約120万人で、その5人に3人は女子。

女子の間で感染が拡大している理由として、年上の男性を相手に含めた若年齢での性交渉、強制された性交渉、性交渉に関して交渉する力不足、貧困、秘密を厳守するカウンセリングおよび検査が受けられないことが挙げられている。

ユニセフ親善大使のアンジェリーク・キジョー氏は、報告書内のエッセイの中で以下のように語っている。「私たちは、女の子と女性が性交渉で稼がなくてもいいように、経済的に十分安定させる必要があります。彼女たちが確実に、HIVがどのように伝染し、どのように感染を防げるかに関する正しい情報を得られるようにしなければなりません。もちろん、彼女たちが健康に生きるために必要なサービスや医薬品を得られるようにしなければなりません。そして何よりも、女の子たちと女性たちをエンパワーすることに注力しなければなりません。多くの場合、教育がその最適な方法です」

 

ユニセフによるイニシアティブ

ユニセフではエイズの流行を防ぐために、UNAIDSなどのパートナー団体と協力し、いくつかのイニシアティブを開始してる。

例えば「若者のエイズを撲滅するための『All In』(All In to End Adolescent AIDS “ALL IN”)」は、世界でHIVと共に生きる若者の数が最も多い25カ国の若者を支援することを目標にしている。また「母子感染ゼロ、新規感染ゼロ、エイズ・ゼロ(Start Free, Stay Free, AIDS Free)」は、2020年までに若者と若い女性のエイズ新規感染者の数を10万人未満に削減することを目標としている。さらに「HIV感染予防2020年ロードマップ(The HIV Prevention 2020 Road Map)」では、刑罰法規や適切なサービスの不足などの構造的な障壁に重点を置き、またコミュニティの果たす役割を明確にすることで、HIV感染予防を迅速に実施するための行動計画を策定している。

報告書によると、これらのイニシアティブが、それ以前のものも含めて、母子感染の予防に顕著な成果を導いた。2010年~2017年の間に、0歳~4歳の新規感染者数は3分の1減少。現在HIVと共に生きる妊婦の5人に4人は、彼女たちの健康状態を保ち、また赤ちゃんが感染する危険を軽減するための治療を受けている。特に長い間エイズ危機の中心であったアフリカ南部地域で、ボツワナと南アフリカにおける母子感染率は5%まで下がり、HIVに感染している女性の90%以上が有効なHIV治療を受けている。ジンバブエ、マラウイ、およびザンビアの妊婦の100%近くが、自身のHIV感染の有無を知っている。

 

「この闘いは、まだまだ続く」

ユニセフ事務局長ヘンリエッタ・フォア氏は「このような状況は保健の危機であると同時にユニセフの危機でもあります。ほとんどの国では、女性と女の子は、情報やサービスを得ることができず、また安全でない性交渉を断る力を持っていません。HIVは最も弱い立場にあり、疎外された人々の間で広がり、その危機の中心に置かれているのは10代の女の子。エイズの流行により最も影響を受けるのは、感染者の数としても患者の世話を主に担うものとしても女性であり、エイズ撲滅の闘いの中心にこれからも位置づけられるべきなのです。この闘いは、まだまだ続く」とコメントしている。

人気のコラム 人気のコラム

COLLUMNS

新着情報 新着情報

NEWS

2019.04.01
渋谷クリニック開院のお知らせ
2019.03.04
池袋サテライトクリニック開院のお知らせ
2019.02.20
池袋サテライトクリニックOPENのお知らせ
2018.12.27
年末年始のお知らせ
2018.11.14
18年の梅毒患者が5811人に この20年で最多
2018.10.11
梅毒2年連続5千人台…感染3週間で「しこり」
2018.07.30
若者の新規HIV感染者年間25万人、3分の2は女子:ユニセフが「HIV/エイズ報告書」
2018.06.29
梅毒感染、知らぬ間に 地方都市や若い女子にも広がる
2018.06.15
Web版 定期検査実施証明書デザイン変更のお知らせ
2018.05.31
沖縄の梅毒患者が過去最多 HIV感染者・エイズ患者数は過去3番目の多さ
2018.05.21
エイズ かつて死の病、今は早期発見で治療可能に
2018.05.15
【熊本県感染症情報】梅毒患者増加 県内3人確認
2018.05.07
梅毒患者、県内(埼玉県)は47人に…最多の昨年を超すペース 女性 は20代、男性は40代が多く 早めの受診を
2018.04.17
若い女性の梅毒患者が急増している理由…コンドーム着用でも安心禁物、誰でも感染 のリスク
2018.03.22
HIV感染者と患者「増加傾向変わらず」 福岡県で過去2番目の多さ [福岡県]
2018.03.22
HIV感染、昨年は1407人…すでにエイズ発症していた患者が415人〔読売新聞〕
2018.03.02
HIV感染者と患者が過去2番目の54人に 昨年の福岡市 [福岡県]
2018.01.23
検査結果確認画面リニューアル (スマートフォン・タブレット用)
2018.01.22
梅毒が全国的に流行、特に女性患者が急増
2018.01.18
平成29年の長野県の梅毒感染30人 33年ぶりの多さ 女性患者増
2018.01.05
梅毒5千人、初めて突破 患者最多は東京 若い女性らに感染拡大
2018.01.04
年始のご挨拶
2017.12.25
「梅毒」急増中の日本、世界は「淋病」制御不能時代を危惧
2017.12.25
今年も記録更新!梅毒の流行が止まらない!
2017.12.21
梅毒患者、全国で急増…主婦・OLにも感染拡大
2017.11.14
梅毒患者過去最多。「身に覚えがない」が最も危険
2017.11.01
梅毒患者 現行統計で年間過去最多の4568人
2017.11.01
梅毒感染、地方でも増加 岡山・熊本は昨年の3倍超
2017.09.22
九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多
2017.09.14
梅毒の患者数 約20年で最も多いペース
2017.09.11
性行為感染症(STD) 性行為以外でうつることも
2017.09.06
梅毒の勢い止まらず、年間5000人突破の恐れも
2017.08.31
「いきなりエイズ」なお3割=HIV感染・発症1448人-昨年厚労省
2017.08.28
過去の性病と侮るな 梅毒、20代女性患者が急増中 国内患者数6年間で7倍超
2017.08.14
広がる梅毒、母子感染も 昨年の報告数 42年ぶりに4000人突破
2017.07.24
ダイヤモンドオンラインの記事について②
2017.07.15
ダイヤモンドオンラインの記事について
2017.06.28
NHKにて梅毒の報道がありましたので抜粋して御案内します
2017.06.15
今年の梅毒患者が2000人超、過去最悪ペースで感染拡大 
2017.06.06
梅毒の届け出数、「多くの地域で増加」 感染研、昨年同時期と比較
2017.04.26
梅毒早くも1000例に
2017.04.21
急増する梅毒感染者、過去最速ペース 把握しておきたいHIV感染との関係
2017.04.13
HIVの郵送検査、10年で3倍超 顔合わせず可能
2017.04.07
梅毒感染者が急増!最速1000人超え 20代女性患者が目立つも「原因は不明」
2017.04.04
梅毒患者1000人超、過去最速で感染拡大
2017.03.31
HIV感染に気付いてない人 推計5800人
2017.01.17
新宿セントラルクリニックの報道について
2017.01.13
梅毒感染、42年ぶり4千人超 20代女性で急増
2017.01.13
梅毒患者4千人超、5年で5倍に…増加要因不明

ここまでが本文です