ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです

予防会からのお知らせや、性感染症(STD)に関するコラムをお届けします。


ここから本文です

2019.10.15

特集

自分の健康は自分で管理する!自分の身体のことを良く知っておこう!

「自分はまだ若いし何も症状が無いから、健康診断なんて受ける必要ない」なんて、思っていませんか?
日本の場合、健康保険に入っていると、会社や保健所から健康診断や予防接種を勧めてくるので、なんとなく言われるがまま受診して、結果が返ってきて、「大丈夫だったー!」・・・なんて、自分の健康のためなのにどこか他人事になっていませんか?
そうなんです、そこが日本の健診制度の良いところでもあり悪いところでもあるのです!
会社勤めの方や学校に行っている方は、1年に1回健康診断をしなければならないと法律で決められています。良い点は、「健康診断を受けてください」と自動的にお知らせが来るところ。悪い点は、このように過保護な制度なので、自分の健康を自分で管理する意識が育たないところです。海外では、健康診断を受けなさいと言ってくれる人は誰もいないので、健康管理は自分で積極的に行うのが常識です。

 
・健康診断の歴史
かつて、死因の第一位が結核だった頃、健康診断は実施されるようになりました。結核などの感染症で死亡する人を減らす目的でした。いまや、死因の主な原因は癌や心臓病、脳卒中などの生活習慣病になり、いわゆる「メタボ健診」と言われる特定健康診査が40歳以上の方を対象に実施されるようになりました。時代の変遷とともに健康診断の検査内容も変わってきました。

 
・健康診断の目的
その時の健康状態を調べることで、病気を予防する健康生活への改善を図り、できるだけ健康で長生きしてもらうことが目的です。
健康診断が労働安全衛生法により義務化された1972年の日本人の平均寿命は男性70.50歳、女性75.94歳でしたが、2018年では男性81.25歳、女性87.32歳と、10歳以上も長生きするようになりました。

 
・健康診断の結果で異常が出たら?
健康診断の結果が最終審判ではありません。「異常がありそうなので精密検査を受けてください」と大まかに伝えているだけです。しかし、実際には、せっかく健康診断を受けたのに精密検査を受けないで中途半端に終わってしまう方が結構多いのです。意に反して再検査や精密検査の結果が出たとしても、不安感だけで終わらせるのではなく、自分の身体を良く知るチャンスと思って、必ず二次的な検査を早く受けるようにしましょう。
結果の意味が良くわからなかったり、詳しい検査をどこで受けたらよいかわからなければ、健診を受けた病院に聞いてみましょう。
また、一昨年→去年→今年というように、検査結果の経時的な変化があれば、異常を見つけやすくなります。健康診断は毎年定期的に受けることも大切です。

 
・会社勤めをしていない方の健康診断は?
先ほど、会社勤めの方と学生の方の健康診断は1年に1回受ける機会に恵まれると述べました。しかし、そうでない状態でも国民健康保険に加入していれば、区や市の自治体から受診票や健診の受けられる医療機関の案内が住所地に送られてきますので、案内にしたがえば受けることができます。

 
・予防会で行う健康診断
しかし、健康診断のためにわざわざその病院に行くのも面倒くさい、いつも通っている病院でしてくれないかな?と思っている方もいらっしゃると考え、予防会でもいつもの検査と一緒に健康診断の検査も受けられるようにしました。健康保険証は不要です。

健診紹介 2019,1015
自分の気になる検査項目だけでも良いですし、複数の検査項目を受けることも可能です。
★身体はすべての資本です。将来の健康のために、自分の身体のことは、自分で一番良く知っておきましょう!

 

★ 前出Dr profile スマフォ

人気のコラム 人気のコラム

COLLUMNS

新着情報 新着情報

NEWS

2019.11.15
コラム クラミジアってなんだ?? ~ウィルスのような細菌・クラミジアのワクチン開発~
2019.10.15
自分の健康は自分で管理する!自分の身体のことを良く知っておこう!
2019.09.27
消費税引き上げに伴う、サイト内の検査料金の改定ついて
2019.09.13
消費税率引き上げに伴う価格改定のお知らせ
2019.08.13
コラム 梅雨~夏にかけて、あそこがかゆい!!
2019.07.23
2020東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた交通対策実験によるお届けの影響について
2019.07.09
5年で急増、日本人を襲う「梅毒」の意外な実態
2019.06.16
コラム 梅毒は治る病気!そのためには早期診断・早期治療がポイント!
2019.06.14
2019,6,27(木) ~ 2019,7,2(火) の 大阪府、兵庫県 へのお届けについて
2019.06.07
性病に毎日100万人が感染 「感染率下がっていない」 WHO
2019.05.24
コラム掲載
2019.04.01
渋谷クリニック開院のお知らせ
2019.03.04
池袋サテライトクリニック開院のお知らせ
2019.02.20
池袋サテライトクリニックOPENのお知らせ
2018.12.27
年末年始のお知らせ
2018.11.14
18年の梅毒患者が5811人に この20年で最多
2018.10.11
梅毒2年連続5千人台…感染3週間で「しこり」
2018.07.30
若者の新規HIV感染者年間25万人、3分の2は女子:ユニセフが「HIV/エイズ報告書」
2018.06.29
梅毒感染、知らぬ間に 地方都市や若い女子にも広がる
2018.06.15
Web版 定期検査実施証明書デザイン変更のお知らせ
2018.05.31
沖縄の梅毒患者が過去最多 HIV感染者・エイズ患者数は過去3番目の多さ
2018.05.21
エイズ かつて死の病、今は早期発見で治療可能に
2018.05.15
【熊本県感染症情報】梅毒患者増加 県内3人確認
2018.05.07
梅毒患者、県内(埼玉県)は47人に…最多の昨年を超すペース 女性 は20代、男性は40代が多く 早めの受診を
2018.04.17
若い女性の梅毒患者が急増している理由…コンドーム着用でも安心禁物、誰でも感染 のリスク
2018.03.22
HIV感染者と患者「増加傾向変わらず」 福岡県で過去2番目の多さ [福岡県]
2018.03.22
HIV感染、昨年は1407人…すでにエイズ発症していた患者が415人〔読売新聞〕
2018.03.02
HIV感染者と患者が過去2番目の54人に 昨年の福岡市 [福岡県]
2018.01.23
検査結果確認画面リニューアル (スマートフォン・タブレット用)
2018.01.22
梅毒が全国的に流行、特に女性患者が急増
2018.01.18
平成29年の長野県の梅毒感染30人 33年ぶりの多さ 女性患者増
2018.01.05
梅毒5千人、初めて突破 患者最多は東京 若い女性らに感染拡大
2018.01.04
年始のご挨拶
2017.12.25
「梅毒」急増中の日本、世界は「淋病」制御不能時代を危惧
2017.12.25
今年も記録更新!梅毒の流行が止まらない!
2017.12.21
梅毒患者、全国で急増…主婦・OLにも感染拡大
2017.11.14
梅毒患者過去最多。「身に覚えがない」が最も危険
2017.11.01
梅毒患者 現行統計で年間過去最多の4568人
2017.11.01
梅毒感染、地方でも増加 岡山・熊本は昨年の3倍超
2017.09.22
九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多
2017.09.14
梅毒の患者数 約20年で最も多いペース
2017.09.11
性行為感染症(STD) 性行為以外でうつることも
2017.09.06
梅毒の勢い止まらず、年間5000人突破の恐れも
2017.08.31
「いきなりエイズ」なお3割=HIV感染・発症1448人-昨年厚労省
2017.08.28
過去の性病と侮るな 梅毒、20代女性患者が急増中 国内患者数6年間で7倍超
2017.08.14
広がる梅毒、母子感染も 昨年の報告数 42年ぶりに4000人突破
2017.07.24
ダイヤモンドオンラインの記事について②
2017.07.15
ダイヤモンドオンラインの記事について
2017.06.28
NHKにて梅毒の報道がありましたので抜粋して御案内します
2017.06.15
今年の梅毒患者が2000人超、過去最悪ペースで感染拡大 
2017.06.06
梅毒の届け出数、「多くの地域で増加」 感染研、昨年同時期と比較
2017.04.26
梅毒早くも1000例に
2017.04.21
急増する梅毒感染者、過去最速ペース 把握しておきたいHIV感染との関係
2017.04.13
HIVの郵送検査、10年で3倍超 顔合わせず可能
2017.04.07
梅毒感染者が急増!最速1000人超え 20代女性患者が目立つも「原因は不明」
2017.04.04
梅毒患者1000人超、過去最速で感染拡大
2017.03.31
HIV感染に気付いてない人 推計5800人
2017.01.17
新宿セントラルクリニックの報道について
2017.01.13
梅毒感染、42年ぶり4千人超 20代女性で急増
2017.01.13
梅毒患者4千人超、5年で5倍に…増加要因不明

ここまでが本文です